プロダクトマネージャー
 

概要

編集不可能なPDFをWordへ簡単に変換できる方法はないでしょうか?PDF変換ソフトRenee PDF Aideを使えば、悩みを解決出来ます。しかも、フリーで変換出来ます。


PDFはPC環境に依存しないファイルフォーマットで、最も利用されています。アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。PCでも、スマホでも、タブレットでも、Windowsでも、Macでも、特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っている。

このような特性を保つため、最終成果物として公開するのには適している。しかし文字列の抽出や他形式にコンバートを試みると困難に直面する。

例えば、取引先からもらったPDF資料を編集して再利用したいが、PDFは編集不可能、何かいい方法はないでしょうか?元のレイアウトを一部保ったまま文字を抽出してWord文書として利用したいが、なかなかできません。

PDF Word 変換
こんな時、PDFをWordへ簡単に変換できるソフトRenee PDF Aideを使えば、悩みを解決出来ます。しかも、フリーで変換出来ます。

Renee PDF AideはWord、Excel、PowerPoint、EPUB、Text、HTML、JPEG、 JPG、PNG、BMP、BIF、TIFFなどたくさんの形式に変換可能。強力なOCR機能が搭載し、スキャンしたPDFまたは画像から文字情報を認識出来ます。

ソフトはWindows XP / 7 / Vista / 8 / 8.1 / 10 などの環境で利用可能。

>>> ここをクリックしてPDF Word 変換を開始します。pointer

 

次にPDFをWordに変換する方法を詳しく紹介します。ただ3ステップで簡単にPDFをWordに変換出来るので、ぜひご参考ください。

おすすめのPDF変換フリーソフト

PDF変換フリーソフトオンラインPDF変換サービスはたくさんあるが、OCR機能が無料で利用できるPDF変換ソフトは多くありません。ここでRenee PDF Aideを推奨したい。このソフトはOCR機能付き、フリーで変換可能、たくさんのユーザーに愛用され、好評されたPDF変換ソフトです。Vectorでも推奨されました。(Vector掲載記事はこちら

他の特徴もあります。詳しくは次をご覧ください。

OCR機能付きPDF変換フリーソフトRenee PDF Aide

PDF変換フリーソフト

  • 強力変換 – PDFをWord、Excel、テキスト、PowerPoint、HTML、EPUB、Image (JPEG / JPG / GIF / PNG / BMP / TIFF) 形式に変換可能。
  • OCR機能搭載 – スキャンしたPDFまたは画像からも文字認識しテキストを抽出するようなOCR機能は無料で利用できます。
  • 一括変換 – 複数のPDFファイルまたは指定した複数ページのファイルを一括で変換可能。変換速度は80ページ/分、仕事効率アップの秘訣ここにあります。
  • 多言語対応 – 日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、イタリア語、英語、ロシア語など多国語の文字を認識し変換可能です。
  • 100%安全 – オンライン変換と異なり、インターネットがなくても高速変換可能。変換速度はネットワークに左右されません。アップロード、ダウンロードの必要がなく、情報漏洩、ウイルス感染の心配もいりません。
  • 無料 – 全機能無料です!(非商用のみ)

無料体験

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

PDFをWordに変換する方法

下準備

PDF変換フリーソフトPDFをPCにダウンロード、インストールします。

Windows版ダウンロード
ライセンスキーで登録すると製品版へ移行できます。今はライセンスキーは無料配布中!

>>> 無料でライセンスキーを取得! pointer

ステップ1:PDFファイルを追加します。

選択したページ」をクリックすると、変換したいページを指定できます。

複数のPDFファイルを追加し、一括変換することはできます。

PDFファイルを追加し、変換したいページを指定します。

ステップ2:変換形式を選択します。

画面上側に出力形式にWordを選択します。

出力形式にWordを選択します

ヒント:

  • 画像またはスキャンナで読み取ったPDFを変換する場合、「OCR機能を使用」にチェックを入れてください。
OCR機能を利用するか選択します
  • OCR識別したいファイルの言語を選択できます。
OCR言語を指定します。
  • スキャナーで読み取ったPDFを変換するには、スキャンPDF変換方法をご覧ください。

ステップ3:保存場所指定し、「変換」ボタンをクリックします。

変換後ファイルの保存場所を指定します。

ソースフォルダにターゲットファイルを保存します」:初期設定は元PDFファイルのところに変換後ファイルを保存します。

カスタマイズ設定」:変換後ファイルの保存場所を他の場所に保存することもできます。後ろのボタンをクリックすると、保存場所を指定できます。

変換後ファイルの保存場所を指定します

ヒント:

  • 一回設定すると、設定は保存されます。次回は設定せずに済みます。
変換」ボタンをクリックし、変換を行います。
変換ボタンをクリックします
変換完了後、状態の下のファイル名をクリックすると、ファイルを開きます。

もしくは、指定した保存場所で変換後ファイルを開きます。

変換後のファイルを開きます
PDFをWordに変換する時に、この方法を利用すれば、PDFの編集も思いのまま。Excelやテキスト形式への変換も対応しています。
3ステップだけで、初心者も簡単にPDFをWordに変換できます。知っておくと便利な無料PDF変換方法はぜひ試してみてください。
ライセンスキーで登録すると製品版へ移行できます。今はライセンスキーは無料配布中!

>>> 無料でライセンスキーを取得! pointer

PDF Excel 変換
PDF テキスト 抽出

PDF変換について、ご不明の点がございましたら、

気軽に お問い合わせください。>>