author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

多くのユーザーから、iTunesを使用してiPhoneに接続すると不明なエラーが表示され、iTunesを正常に使用できないと報告されています。 iTunesのエラーコードには多くの種類がありますが、この記事は、iTunesエラーコード一覧をまとめ、その原因と解決策を紹介します。



目次 CONTENTS
iTunesは、アップルが開発した多用途のマルチメディアコンテンツ管理ソフトウェアです。 もともとは、シンプルな音楽/ビデオプレーヤーでしたが、これを使用して、コンピューターのiOSデバイスで音楽、ビデオ、写真などを管理したり、iTnes Storeから音楽、映画、テレビ番組を購入したりできます。iPhoneファイルのコンテンツを管理する場合、最も一般的な操作は、データのバックアップ、データの復元、デバイスの同期、ソフトウェアのインストール、iOSシステムの更新です。iTunesをiPhoneに接続すると、いくつかのエラーメッセージまたはエラーコードが表示される場合があります。 iTunesのエラーコードにはさまざまな理由があります。以下では、主にiPhoneをiTunesに接続してデータファイルを管理、復元、更新、同期するときに発生する可能性があるiTunesのエラーの種類と、iTunesのエラーコードを修復するための解決策を紹介します。

iTunesエラー

iTunesにエラーメッセージが表示された場合は、まず次の簡単な修復方法を試して、問題が解決するかどうかを確認できます。

  1. iTunesがアップデートを検出し、最新バージョンをダウンロードします。
    • MacコンピューターでApp Storeを開き、「更新」オプションに移動します。新しいバージョンの更新があるかどうかを確認できます。
    • Windowsコンピューターで、iTunesがAppleのWebサイトからダウンロードされた場合は、iTunesを開き、「ヘルプ」> 「更新プログラムを確認」をクリックして最新バージョンをインストールします。もし、iTunesはMicrosoft Storeからダウンロードされた場合、Microsoft Storeからアップデートを確認できます。
  2. コンピューターのUSBインターフェイスに接続されている他のデバイスを取り外し、マウス、キーボード、iPhoneのみを接続します。
  3. iPhoneを再起動します。
  4. Parallels、VMwareなど、コンピュータで実行されている仮想ソフトウェアを終了します。
  5. iPhoneを取り外して再接続し、他のUSBポートを試します。

iTunesエラーにはさまざまな種類がありますが、この記事は主に、iOSデバイスを識別、同期、バックアップ、または更新する際のエラーについて説明します。以下は、最も一般的なiTunesのエラーコードとその解決策の詳細です。

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!

iTunesエラー4000の原因と対処法

iTunesを使用してiPhoneを更新しようとすると、「iPhone○を復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(4000)」というエラーが表示され、iPhoneの更新を続行できない場合があります。

iTunesエラー4000

iTunesエラー4000の原因は次のとおりです。

  • iTunesが古すぎる。
  • システムまたはiTunesレジストリが破損している。
  • ウイルスやマルウェアに感染している。
対処方法:
  1.  iTunesをアップデートする
    iTunesにエラーコード4000が表示されるiTunesのバージョンが古すぎることが多いため、iTunesを更新することが最も効果的な解決策になる場合があります。
  2. USB接続を確認する
    2番目の解決策は、USB接続を確認することです。これは、場合によってはUSBポートが原因である可能性があります。 別のUSBポートに接続してから、iTunesでiPhoneをもう一度アップデートしてみてください。
  3. ウイルス対策ソフトウェアとファイアウォールを無効にします。
    一部の特定のウイルス対策ソフトウェアはiTunesと競合するため、操作がエラーコード4000で失敗する可能性があります。最初にウイルス対策ソフトウェアが実行されているかどうかを確認することをお勧めします。ソフトウェアを一時的に無効にするか、操作を防ぐために変更できます。デバイスを正常に更新した後、ソフトウェアを起動できます。
  4. iPhoneでシステムを直接更新する
    iTunesでデバイスを更新できない場合は、iPhoneで直接更新することをお勧めします。
操作手順:
①iPhoneの「設定」-「一般」をタップします。

一般

②「ソフトウェアアップデート」をタップすると、iPhoneに最新のシステム更新バージョンが表示されます。「今すぐインストール」をクリックして直接更新できます。

iOSアップデート

5.Renee iPassFixでiPhoneを修復する

Renee iPassFixは、iPhone / iPad / iPod Touchデバイスをアップデートするために使用できる、プロフェッショナルで万能のApple修復ソフトウェアです。 このソフトウェアは、最新のiOSデバイスとiOSバージョンをサポートしており、互換性が高く、アップデート時にiOSバージョンを選択することもできます。 ソフトウェアのインターフェースはシンプルで操作も非常に簡単で、以下の手順で操作できます。

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにUSBケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修復」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

注意:「完全修復」をオンにしない場合、iOSデバイスのデータは、修復が完了した後もデバイスに保持されます。「完全修復」がチェックされている場合、iOSデバイスのデータは消去されます。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。

修復完了

iTunesエラー0xe8000084の原因と対処法

iPhoneがiTunesに接続されている場合、エラーコード「不明なエラー0xe8000084」が発生する場合があります。

iTunesエラー0xe8000084

iTunesエラー0xE8000084にはいくつかの理由があります。

  • USBケーブルまたはUSBポートが損傷しているため、iTunesがiPhoneを認識できません。
  • iTunesが古すぎ、iPhoneと互換性がない。
  • Windowsのバックグラウンドで実行されているプロセス間の競合。
対処方法:
1.タスクマネージャーを使用してコマンドを実行し、エラーを修正する
①USBケーブルでiPhoneをコンピュータに接続し、iTunesを終了します。

②「Alt + Ctrl + Delete」キーを同時に押してタスクマネージャーを開きます。 タスクマネージャーで、プロセス名で並べ替え、「Apple Mobile Device Helper」と「Apple」で始まるすべてのプロセスを終了します。

注意:選択したプロセスを右クリックして、「プロセスの終了」をクリックします。

「Apple Mobile Device Helper」と「Apple」で始まるすべてのプロセスを終了

③上の操作が完了したら、「Windows + R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」コマンドを開き、次のコマンドをコピーして入力ボックスに貼り付け、「OK」をクリックします。

  • 32ビットオペレーティングシステム:%ProgramFiles%\Common Files\Apple\Mobile Device Support\AppleMobileDeviceHelper.exe
  • 64ビットオペレーティングシステム:%ProgramFiles(x86)%\Common Files\Apple\Mobile Device Support\AppleMobileDeviceHelper.exe

Winキー+Rキー

2.iTunesを完全にアンインストールして、再インストールします。

iTunesをアンインストールして再インストールすると、問題が解決する場合があります。この方法を試すことができます。

3.iPhoneデバイスを再起動します。

iPhoneを再起動すると、問題をすばやく解決できる場合があります。

iTunesエラー50の原因と対処法

iTunesエラーコード50は通常、iOSデバイスを同期するとき、またはiTunesでメディアファイルをダウンロードするときに表示されます。エラーメッセージは「iPhoneを同期できません。不明なエラーが発生しました(-50)」です。

itunesエラーー50

iTunesエラーコード‐50の考えられる理由は次のとおりです。

  • WindowsコンピューターのiTunesレジストリが破損している。
  • ネットワークの問題、遅いネットワーク速度はデータ接続に影響します。
  • AppleサーバーとiTunesソフトウェア間の接続に失敗しました。
対処方法:
  1. USBポートとiPhone間の接続を確認します。
    iPhoneのプラグを抜いてから再度差し込み、機能するかどうかを確認します。または、コンピュータの別のUSBケーブルと別のUSBポートを使用してみてください。
  2. MacまたはWindowsコンピューターのネットワーク接続を確認する
    コンピュータのネットワーク接続信号がいっぱいになっていないかどうかを確認します。接続が不安定な場合は、別のネットワークまたはWi-Fiルーターに接続して、より安定したネットワークを試すことができます。
  3. ファイアウォール/アンチウイルス設定を確認する
    場合によっては、ファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアがiTunesを疑わしいプログラムとして識別し、iTunesで進行中の操作を阻止します。したがって、ブロックされたソフトウェアのリストをチェックして、iTunesがブロックされたリストに含まれていないことを確認し、ファイアウォールプログラムに移動して、次のドメインとプログラムが通過を許可されていることを確認する必要があります。
  • itunes.apple.com
  • ax.itunes.apple.com
  • albert.apple.com
  • gs.apple.com
  • iTunesレジストリをクリアする
    WindowsコンピュータのiTunesレジストリが破損しているか、正しく設定されていないと、iTunesを使用してiPhoneを同期するたびにiTunesエラー50が発生します。この問題を解決するには、レジストリクリーナーツールをダウンロードしてコンピューターに実行し、コンピューター上のすべての冗長なファイルや破損したファイルを削除します。次のリンクを開いて、レジストリチェックをダウンロードし、Windowsで間違ったレジストリをクリアできます。http://www.personalcomputerfixes.com/go/registry_cleaner_download

iTunesエラー13014の原因と対処法

iTunesエラー13014は通常、iTunesからiPhoneまたは他のiOSデバイスに音楽を同期するときに発生し、エラーメッセージは「iPhoneを同期できません。不明なエラーが発生しました(13014)」です。

itunes エラー 13014

iTunesエラーコード13014の考えられる理由は次のとおりです。

  • iTunesダウンロードエラーまたは不完全なインストール。
  • iTunes関連のファイルが削除されました。
  • ウイルスまたはマルウェアの感染。
  • WindowsシステムファイルまたはiTunesファイルが破損している。
  • サードパーティのセキュリティソフトウェアの干渉。
対処方法:
  1. iTunesソフトウェアを更新する
    iTunesをコンピュータの最新バージョンに更新して、iTunesの操作を再試行してください。
  2. iTunesライブラリにファイルを統合する
    iTuensライブラリのメディアファイルは、複数の場所に保存されている場合があります。 ファイルを統合してコンテンツが1か所に保存されていることを確認し、同期を再試行してください。 操作手順:[ファイル]> [ライブラリ]> [ライブラリを整理]> [ファイルを統合]を選択し、[OK]をクリックします。 注:ファイルを統合すると、権限の問題を解決し、同期プロセスを簡略化できます。

    ファイルを統合

  3. サードパーティのセキュリティソフトウェアを終了して再起動する
    セキュリティソフトウェアを含む一部のサードパーティソフトウェアは、コンピューターとiPhoneデバイス間の同期プロセスを妨害する場合があります。 したがって、セキュリティソフトウェアを再起動するか、その設定を変更してから、もう一度同期することをお勧めします。

iTunesエラー39の原因と対処法

iTunesでiPhoneを同期または更新するときに、iTunesエラーコード‐39が表示されることがあります。これは、より一般的なiTunesエラーです。 ただし、ユーザーレポートにもフィードバックがあり、これはiTunesで画像を削除するときにも表示されます。 エラーを修正するには、次の解決策を試してください。

iTunesエラーコード‐39

対処方法:
  1. iTunesを最新バージョンに更新する
    iTunesエラー39は通常、古いiTunesが原因です。 この問題を解決するには、WindowsまたはMacコンピューターでiTunesを最新バージョンに更新します。
  2. Windowsコンピューターで写真キャッシュを削除する
    iTunesを使用してiOS写真を同期する場合、iTunesはiPod Photo CacheおよびApple TV Phone Cacheフォルダを作成します。 それらを見つけてコンピューターから削除するとすぐに、iTunesエラー39も消えます。
    Windowsコンピューターをお持ちの場合は、Windowsキーを押した後の検索ボックスまたはCortana検索ボックスに「iPod Photo Cache」または「Apple TV Photo Cache」と入力してEnterキーを押します。 次に、フォルダを削除し、最後にiTunesを再起動します。
  3. Macコンピューターで写真のキャッシュを削除する
操作手順:

①Macコンピュータの場合、Finderで[移動]> [個人]をクリックします。

②左側の「写真」フォルダをクリックし、「iPhotoライブラリ」、「Apertureライブラリ」のファイルを探します。

③フォルダを右クリックし、「パッケージの内容を表示」を選択します。

パッケージの内容を表示

④iPod Photo CacheまたはApple TV Photo Cacheフォルダを削除するには、ゴミ箱にドラッグして削除します。他のファイルを変更または削除しないでください。データが失われたり、写真が破損する可能性があります。

iTunesエラー1671の原因と対処法

iTunesエラーコード1671は、より一般的なエラーメッセージであり、比較的簡単に修正できます。 このエラーメッセージは通常、iPhoneデバイスや他のiOSデバイスを同期、バックアップ、更新、または復元するときに表示されます。 Apple Inc.は、エラーがサードパーティのセキュリティソフトウェアに関連している可能性があると述べ、iTunesとAppleサーバーまたはiOSデバイス間の接続を妨げる可能性があります。

iTunesエラー1671

対処方法:

1.工場出荷時の設定に戻してエラーを修正します。

iPhoneを工場出荷時の設定に戻すには、iPhoneの電源を入れ、「設定」>「一般」>「リセット」をクリックし、「すべてのコンテンツと設定を消去」をクリックして、指示に従って操作するだけです。

すべてのコンテンツと設定を消去

Tipsこの方法を使用すると、iPhoneのすべてのデータが失われます。詳細な手順については、iPhone初期化方法をご覧ください。
2.コンピュータシステムを更新します。

コンピューターのオペレーティングシステムを最新バージョンに更新することをお勧めします。

3.iOSシステムを更新します。

iTunesのバージョンがiOSデバイスと互換性があることを確認するには、iPhoneを最新のiOSバージョンに更新する必要があります。Renee iPassFixを使用して、iPhoneのiOSシステムを更新することをお勧めします。

4.ウイルス対策ソフトウェアを更新します。

コンピュータのウイルス対策ソフトウェアを最新のものに更新して、ウイルスやマルウェアが侵入していないことを確認します。

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!

iTunesエラー54の原因と対処法

iPhoneをiTunesと同期しようとすると、「iPhoneを同期できません。不明なエラーが発生しました(-54)」というエラーメッセージが表示される場合があります。

iTunesエラー54

iTunesエラー54の理由は次のとおりです。

  • コンピューター/ iPhone上のファイルはロックされています。
  • iPhoneの保管スペースが不足しています。
  • iTunesが正しくインストールまたは更新されていない。
  • iTunesが古すぎる。
対処方法:
  1. コンピューターとiPhoneデバイスを再起動
    最初にコンピュータとiOSデバイスを再起動してみてください。 コンピュータとiOSデバイスの電源を切った後、5〜10分待ってから再び電源を入れます。
  2. iTunesおよびiOSシステムを更新する
    古いバージョンのiTunesは、iTunesのさまざまな機能の使用にも影響します。これも同期が失敗する原因の1つです。 最初にiTunesを最新バージョンに更新することをお勧めします。 または、Renee iPassFixでiPhoneのiOSシステムを更新します。
  3.  [読み取り専用]をオフにする
    ファイルを同期するには、「読み取り専用」に設定すると、ファイルを変更してデバイスに同期することができなくなります。
操作手順:

① キーボードの「Windows」 +「 E」キーを同時に押して、コンピューターのファイルエクスプローラーを開きます。

Win+E キー

②「このコンピューター」の下の「ミュージック」フォルダーを開くと、このフォルダーにiTunesフォルダーが表示されます。

ミュージックフォルダ

③ iTunesフォルダーを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。 「読み取り専用」オプションのチェックを外し、「OK」をクリックしてこの設定を保存します。

読み取り専用

④「変更をこのフォルダー、サブフォルダー、およびファイルに適用する」を選択し、「OK」をクリックします。

属性変更の確認

4.iTunesライブラリにメディアファイルを統合する

コンピュータ画面の上部またはiTunesウィンドウの上部にあるメニューバーから、「ファイル」>「ライブラリ」>「ライブラリを整理」を選択します。 次に「ファイルを統合」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

5.毎回同期されるファイルの数を減らす

一度に多くのファイルを同期すると、同期が失敗することがあります。同時に同期するファイルの数を減らしてみてください。

iTunesエラー4005の原因と対処法

iTunesを使用したアップデートまたは復元プロセス中にiPhoneが突然切断された場合、またはこのプロセス中にデバイスの復元を実行できない場合、「iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(4005)」というエラーメッセージが表示される場合があります。 このエラーメッセージは主に、iPhoneまたはその他のiOSデバイスがiOS 12.3に更新されているか、復元されているときに発生します。

itunesエラー4005

iTunesエラー4005の理由は次のとおりです。

  • iTunesが正しくインストールされていない。
  • iTunesが古すぎる。
  • ウイルス感染またはマルウェアの侵入。
  • iPhoneでのiOS 12.3システムの問題
対処方法:
  1. 最新バージョンのiTunesをインストールします。
    Windows / Macコンピュータに最新バージョンのiTunesがインストールされていることを確認してください。
  2. iPhoneを強制的に再起動します。
    場合によっては、iPhoneデバイスを再起動すると、問題を最も直接解決できる可能性があり、試してみる価値があります。
  3. 接続を確認します。
    USBケーブルを変更するか、コンピュータの別のUSBポートに接続して、問題が解決するかどうかを確認してください。
  4. コンピューターのオペレーティングシステムの更新を確認します。
    Windows / Macコンピュータでアップデートを確認します。 アップデートがある場合は、アップデートの完了後にコンピュータを再起動し、エラーが修正されているかどうかを確認します。

iTunesエラー2005の原因と対処法

iPhoneのiOSファームウェアを復元すると、「iPhone [デバイス名]を復元できません。不明なエラーが発生しました(2005)」というエラーメッセージが表示される場合があります。

iTunesエラー2005

iTunesエラー2005の理由は次のとおりです。

  • ダウンロードしたIPSWファームウェアが破損しています。
  • USB接続が不良または誤動作している。
対処方法:
  1. USB接続を確認します。
    USBケーブル、USBドッキングステーション、およびコンピューターのUSBポートをチェックして、正しく機能するかどうかを確認します。機能しない場合は、交換してください。
  2. iTunesのバージョンを更新します。
    iTunesを最新バージョンにアップデートしてください。最新の場合は、iTunesを終了してiPhoneデバイスを取り外し、後で再接続してください。
  3. コンピュータとiPhoneを再起動します。
    コンピュータとiPhoneを再起動すると、問題がすぐに解決する場合があります。

iTunesエラー23の原因と対処法

iTunesを介してiOSデバイスを更新または復元すると、iTunesエラーコード23などのiTunesエラーが発生する場合があります。 このエラーコードは、ネットワーク接続の問題または古いバージョンのiTunesが原因である可能性があります。

iTunesエラー23

対処方法:
  1. iTunesの最新バージョンを更新します。
    Windows / Macコンピュータに最新バージョンのiTunesがインストールされていることを確認してください。
  2. iPhoneを再起動します。
    iPhoneを再起動すると、問題がすぐに解決する場合があります。
  3. ウイルス対策ソフトウェアを更新します。
    上のいずれの方法でも問題が解決しない場合は、ウイルス対策ソフトウェアを更新してみてください。
  4. オリジナルまたはMFI認定のUSBケーブルを使用
    コンピューターの接続には、信頼できるAppleデータケーブルを使用することをお勧めします。そうしないと、デバイスをコンピューターに接続できません。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...