author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

iPhone自動ロックは、一定時間操作がないと、画面が一時的にスリープ状態になり、画面が自動的にロックされる機能です。 この状態は、電力節約できるだけでなく、誤って画面に触れたことによる誤操作を回避することもできます。iPhoneが自動ロックしない場合はどうすればよいでしょうか? 次の記事はその対策を3つ紹介します。



iPhoneが自動ロック/スリープしない時の対
iPhone自動ロックしない

1.自動ロックまでの時間を確認する

iPhoneが自動画面ロックの時間を「しない」に設定している場合、画面が一時的に黒画面待機状態になっても画面ロックしません。自動的にロックさせたい場合は、以下の手順に従ってください。

「設定」-「画面表示と明るさ」-「自動ロック」をタップし、時間を「しない」であるかどうかを確認します。「しない」の場合は、「自動ロック」機能がオフになっていることを意味します。自動ロックまでの時間を選択してください。

自動ロック

特別なケースもあります。「低電力モード」では、自動ロックの時間はデフォルトで「30秒」に留まるため、「自動ロック」の時間を変更する場合は、「低電力モード」をオフにする必要があります。「設定」-「バッテリー」-「低電力モード」をオフにして、「画面表示と明るさ」に戻って「自動ロック」時間を再調整します。

低電力モード
また、「自動ロック」の時間が「しない」に設定されている場合は、電源ボタンを押したときにのみ画面がスリープ状態になることを知っておく必要があります。 この状況は、画面をオンのままにしたいユーザーにとって非常に便利ですが、たとえば、地図アプリケーションを使い続けたい場合は、この状態の方が適していますが、消費電力が増加するため、特別な目的がないときに、「しない」を選択することはお勧めしません。

2.iPhoneを強制的に再起動

iPhoneを強制的に再起動して、iPhone自動ロックしない問題を解決可能性があります。iPhoneモデルによって、強制的に再起動する手順が異なるため、以下のように、モデルごとに異なる操作手順を説明します。

iPhone 8以降の強制再起動手順:

  1. 音量を上げるボタンをすばやく押します。
  2. 音量を下げるボタンをすばやく押します。
  3. 電源ボタンを押し続けます。しばらく押していると「スライドで電源オフ」が表示されますが、そのまま画面が消えるまで電源ボタンを押し続けます。画面に白いリンゴのロゴが表示されるまで押し続けると、デバイスが再起動し、問題が解決されたかどうかを確認します。

iPhone 7、iPhone 7 Plusデバイスの強制再起動手順:

  1. 右側にある電源ボタンを押し続けます。
  2. 左側にある音量を下げるボタンを同時に押し続けると、画面がオフになります。
  3. Appleロゴが表示されるまで、電源ボタンと音量を下げるボタンを押し続けます。画面が再びオンになり、デバイスの再起動は完了です。

iPhone 6s以前の強制再起動手順:

  • アップルのロゴが画面に表示されるまで、電源ボタンとホームボタンを同時に10秒以上押し続けます。

iPhone再起動

強制再起動機能は基本的な多くの問題を解決できますが、黒い画面やリンゴループなどのシステム障害が発生した場合は、専門のiOSシステム修復ソフトウェアRenee iPassFixを使用する必要があります。

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
iPhoneを修復するには?

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにUSBケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修復」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

注意:「完全修復」をオンにしない場合、iOSデバイスのデータは、修復が完了した後もデバイスに保持されます。「完全修復」がチェックされている場合、iOSデバイスのデータは消去されます。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。

修復完了

3.地図アプリのスリープ禁止モードをオフする

運転時にナビゲーションをより便利に利用するために、地図ナビゲーションがずっと表示するように設定されている場合があります。この場合、iPhone自動ロックがしません。具体的な検査手順は次のとおりです。これはYahoo地図の例です。

  1. 左上のメニューボタンをタップし「アプリの設定」を選択します。
  2. 下の方にある「その他」の「スリープ禁止モード」をオフにします。

スリープ禁止モード

設定完了後、iPhone自動ロックしない問題解決したかを確認します。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...