author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhone Xを使用する多くのユーザーは、iPhone X応答の遅延、アプリの切り替え時にシステムがフリーズする、画面に反応がないなどの問題に遭遇することがよくあります。 この記事は、iPhone X不具合がある時の対処法とiPhone Xを強制再起動する方法を紹介します。



一、iPhone Xフリーズの原因と対処法
iPhone X強制再起動
iPhone Xを使用する多くのユーザーは、iPhone X応答の遅い、アプリの切り替え時にシステムがフリーズする、画面に応答がないなどの問題に遭遇することがよくあります。上の問題への対応として、次に解決策をいくつ紹介します。

  1. iPhone Xがフリーズする、黒い画面、応答がない時、強制再起動することにより、画面が応答しない、またはフリーズするという問題を解決できます。 iOSシステムをアップデータすることで問題を解決することもできます。
  2. アプリケーション切り替え時フリーズする時、サードパーティソフトウェアのクラッシュは、iPhoneを再起動するか強制的に再起動することで解決できます。App Storeにアクセスして、ソフトウェアが更新されているかどうかを確認してください。
  3. 通話やLine、WeChatの音声が聞こえない時、デバイスを強制的に再起動して、ホーム画面の応答しない問題を解決するか、iOSシステムをアップデートしてこの問題を解決できます。
  4. iPhoneの応答が遅い時、ストレージスペースの不足などの問題が原因で発生します。さまざまなアプリのキャッシュデータを消去し、無関係なデータを削除することで、ストレージスペースを増やすことができます。
二、iPhone Xの強制再起動で不具合修正
同様の状況が発生し、iPhone Xがフリーズまたは応答しない場合は、強制的に再起動して問題を解決する必要があります。

1.強制再起動とは何ですか?


強制再起動はハードウェアレベルの再起動ですが、通常の再起動(電源をオフにしてからオンにする)はソフトウェアレベルの再起動です。強制再起動は、通常の再起動(ソフトリセット)と同様に機能し、小さなソフトウェア障害を修正できます。ソフトウェアに関連するさまざまなタイプの問題の効果的な解決策として使用されています。iPhoneがフリーズまたは応答しなくなった場合、強制再起動は最後の手段であり、唯一の選択肢です。

2. iPhone Xを強制的に再起動する方法


物理的なホームボタンのないiPhone Xの場合、多くのユーザーは電話を強制的に再起動する方法を知りません。 iPhone 7の音量を下げりボタンと電源ボタンを使用して電話を強制的に再起動しようとすると、緊急警報が聞こえます(このキーの組み合わせにより、iPhoneの緊急SOS機能がアクティブになります)。 iPhone 8以降では、Appleは新しい強制再起動方式を採用しました。iPhone Xで強制的に再起動する方法は次のとおりです。

  1. 音量を上げるボタンを押してすぐに離します。
  2. 音量を下げるボタンを押してすぐに離します。
  3. サイドボタンを押して、Appleロゴが表示されるまで押し続けます。

iPhone X強制再起動

その後、iPhone Xが再起動します。それでもiPhone X不具合が解決しない場合は、次の解決策を試してください。

三、その他の方法でiPhone Xの不具合修正

方法1:Renee iPassFixでiPhone Xを修復

Renee iPassFixは、多機能のオールインワンiOSシステムリカバリーソフトウェアで、さまざまなタイプのiOSシステムの不具合を簡単に修復し、iPhoneロック解除することもできます。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
iPhoneを修復するには?

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにUSBケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修復」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

注意:「完全修復」をオンにしない場合、iOSデバイスのデータは、修復が完了した後もデバイスに保持されます。「完全修復」がチェックされている場合、iOSデバイスのデータは消去されます。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。

修復完了

方法2:DFUモードでiPhone Xを復元

DFUモードでの復元または更新は、通常、iOSデバイスのトラブルシューティングの最後のオプションと見なされます。上のいずれの方法でもiPhone Xの不具合を解決できない場合は、DFUモードで復元してみてください。

DFUモードとは何ですか?

DFUモードの正式名称はデバイスファームウェアアップグレードです。これは、実際にはiPhoneファームウェアの強制アップグレードモードを意味します。 DFUモードはApple公式的なトラブル解除法のリカバリーモードと似ています。iOSシステムに入る必要がなく、直接iOSシステムを再インストールできます。主にiPhoneのリンゴループ、黒い画面、脱獄の失敗、アップデートの失敗、その他の失敗を解決するために使用されます。
注意:デバイスに物理的な損傷がある場合は、DFUモードの復元を行わないでください。また、iPhoneが完全に充電されていることを確認してください。DFUの操作に慣れていない場合は、失敗する可能性があります。自己責任でお願いします。

DFUモードに入る手順

  1. iPhone XをコンピューターにUSBケーブルで接続します。
  2. 音量を上げる ボタンを押し、次に音量を下げるボタンを押します。
  3. 電源ボタンを押したまま、デバイスが黒くなったら音量を下げるボタンを同時に押し、2つのボタンを5秒間押し続けます。
  4. 5秒後、電源ボタンを放し、音量を下げるボタンを押し続けます。
  5. 不明なデバイスが検出されたことをiTunesが表示され、デバイス画面が完全に黒くなり、何も表示されなくなるまで、デバイスは正常にDFUモードに入りました。 黒い画面とiTunesのメッセージが同時に表示されない場合は、失敗しています。正常に入力するまで再ど試してみてください。

それからiPhoneを復元または更新してください。DFUモードに入れない場合、再度試してください。

iPhoneを復元

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...