author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iTunesを使用しiOSアップデートする時、iPhone/iPadをアクティベートできない、iPhone/iPadをアクティベーションエラーが表示された場合はどうすればよいですか? この記事は、iPhone/iPadアクティベーションエラー0xE8000013でアクティベートできない時の対策9つを紹介します。



一、iPhoneアクティベーションエラー0xE8000013とは?
iPhoneアクティベーションエラー0xE8000013が発生した場合は、まず0xE8000013エラーの内容を理解しましょう。 iTunesを使用してiPhoneまたはiPadでシステムアップデートを実行すると、0xE8000013エラーがよく発生します。これは、不明なエラーが原因でデバイスをアクティブ化できないエラーコードで、iTunesでよく見られるエラーの1つです。 一般に、この問題の最も一般的な解決策は、システムを修復することです。

エラー0×e8000013

二、iPhone/iPadアクティベーションエラー0xE8000013の対策

方法1:Renee iPassFixでiPhone/iPadを修復する

1.Renee iPassFixとは何ですか?

Renee iPassFixは、iOSシステム修復ソフトウェアです。iPhoneアクティベーションエラー、繰り返し起動、デバイスの異常、フリーズ、黒い画面など、さまざまなタイプのiOSシステムの問題を簡単に解決できます。iPhone / iPad / iPod TouchなどのさまざまなAppleデバイスに対応します。iOSデバイスのロック解除も役立ちます。

Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
2.iPhoneを修復するには?

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにUSBケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修復」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

注意:「完全修復」をオンにしない場合、iOSデバイスのデータは、修復が完了した後もデバイスに保持されます。「完全修復」がチェックされている場合、iOSデバイスのデータは消去されます。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。

修復完了

方法2:ネットワーク環境を変更

iPhoneデバイスは、iTunesに接続したときのネットワーク環境の要求が高いため、デバイスシステムの更新に関して、ネットワーク環境が十分に安定していない場合、iPhoneアクティベーションエラーが発生し、iPhone/iPadが正常にアクティベートできない可能性があります。 したがって、デバイスを安定したネットワーク環境に移行して、再度アクティブ化を試みることができます。

方法3:iTunesを最新版に更新

iPhoneをiTunesに接続して操作すると、iTunesが最新バージョンでない場合、デバイスシステムの同期更新に影響します。 したがって、iTunesを最新バージョンに更新して、デバイスのアクティベーションの失敗を防ぎ、iTunesが更新されていないためにiPhoneアクティベーションエラーコードが表示されるのを防ぎます。

itunesを最新版に更新

方法4:Appleサーバーのビジー状態を避け、後で再試行する

世界最大の携帯電話メーカーであるAppleは、新しいデバイスのアクティベーションでも古いデバイスのアップグレードでも、デバイスをアクティベートするためにAppleサーバーに接続する必要があります。 場合によっては、同じ期間にアクティブ化されるデバイスが多すぎると、アクティブ化サーバーが一時的に利用できなくなることがあります。 したがって、iPhone/iPadがアクティベートできなく、エラーコードが表示された場合は、後で再試行することをお勧めします。

方法5:SIMカードを確認する

iPhoneにSIMロックがあるかどうかを確認します。 お使いのiPhoneがSIMロックバージョンの場合、ロックを解除しないとアクティベートできません。SIMロックバージョンじゃない場合は、SIMカードが破損していないか確認し、SIMカードを取り外して再インストールしてから、もう一度アクティブベートしてみてください。

方法6:間違ったログイン情報を変更する

間違った情報でサインインしたため、iTunesがデバイスを認証できなかった可能性があります。この場合、ログアウトして再度アクティベーションする必要があります。

方法7:iCloudからデバイスを削除する

上のいずれでも問題が解決しない場合は、iCloudでデバイスをアクティブ化してみることもできます。具体的な操作方法は以下のとおりです。

  1. PCまたはその他のデバイスを使用してiCloudにアクセスし、Apple IDを使用してアカウントにログインします。
  2. 「iPhoneを探す」に移動し、画面上部の「すべてのデバイス」を選択します。
  3. デバイスリストからパスワードを削除するiPhoneをクリックします。
  4. 「iPhoneを消去」を選択します。
  5. iPhone iPhoneを再度開き、アクティベーションを試みます。

iPhoneを消去

方法8:Appleデバイスドライバーを更新する

iOSのアップデートでは、iPhone/iPadをエラーコードでアクティベートできない問題は、ドライバーを起動できなかったことが原因である可能性もあります。解決策は、デバイスドライバーを更新することです。

「スタート」ボタンを右クリックして、「デバイスマネージャー」-「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」-「Apple Mobile Device USB Driver」-「ドライバーの更新」を選択し、ドライバーソフトウェアの自動検索します。

Apple Mobile Device USB Driverドライバーを更新

方法9:専門のテクニカルサポートに連絡する

上のいずれの方法でも問題が解決しない場合は、近くの修理店に修理に出すか、アップルのテクニカルサポートに直接連絡して、販売後に修理を依頼することもできます。 一般に、アクティベーションの問題は解決できます。 ただし、iPhoneを個人で修理した場合は、アクティベーションできない場合があります。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...