author avatar
  テストマネージャー  

概要

Androidユーザーと比較して、iPhoneユーザーはiTunesバックアップ暗号化を使用してデータをより安全にバックアップできますが、パスワードを忘れると、iPhoneデバイスの暗号化されたバックアップを復元できなくなります。iTunesバックアップのパスワードを忘れてしまった場合はどうしますか? この記事は、その対処法を説明します。



一、iTunesでのバックアップ暗号化とは?
ほとんどの人にとって、個人データのプライバシーとセキュリティを保護することは非常に重要です。 しかし、ますますスマートデバイスを使用するにつれて、デバイスの交換時に個人データが脅かされることは避けられません。
itunesバックアップパスワード
iTunesの暗号化されたバックアップとは、iPhoneデバイスがiTunesに依存してデバイス内のデータをPCに同期する場合に、同期されたデータを暗号化して保存する機能のことです。 次回データのバックアップを続行するか、バックアップコンテンツを他のデバイスと同期する時、操作するためにパスワードを入力する必要があり、セキュリティ保証が追加されます。
二、iTunesバックアプのパスワードを忘れた時の対処法

1、パスワードを思い出す

パスワードの設定するとき、覚えやすいために複数のプラットフォームで同じパスワードを使用することがよくあります。 そのため、iTunesで暗号化されたバックアップのパスワードを忘れた場合。よく使用するパスワードを使用してみてください。 また、iTunesで間違ったパスワードを試してもデータが失われたり、デバイスがロックアップしたりする心配はありません。おそらく、バックアップパスワードは次のいずれか可能性があります。

  1. iTunes、Apple ID、またはiPhoneのロックパスワード
  2. メールパスワード
  3. コンピューターのログインパスワード
  4. 123456、0000などの単純な通常のパスワード。
バックアップ中に設定したパスワードを忘れた場合は、iCloudからデータをバックアップまたは復元するのが最も便利で直接的な方法であり、パスワードを忘れたためにバックアップデータが遅延するのを防ぐこともできます。
(注意:この操作はロックパスワードを忘れてない、バックアップデバイスのデータを更新するか、新しいデバイスにバックアップデータを転送する時利用できます。)もし、iPhoneデバイスのロックパスワードを忘れており、iCloudを介してバックアップを復元できない場合、Renee iPassFixを使用してデバイスのパスワードをリセットした後、バックアップを復元してください。
おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
TipsRenee iPassFixでiOSデバイスロックパスワードを削除するには?

1.iPhoneをコンピューターに接続します。 インターフェイスで「ロック解除」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

2.「解除」ボタンをクリックしfirmwareを自動ダウンロード。もしくは手動ダウンロード。

ファームウェアダウンロード

3.ロック画面解除完了したら、デバイスをPCから切断します。再度iPhoneにサインします。

画面ロック解除

注意:「iPhone を探す」機能が有効になっている場合、デバイスを再アクティブ化する必要があります。

iPhoneデバイスを開き、「設定」-「ID」-「iCloud」-「iCloudバックアップ」-「今すぐバックアップ」をタップして、デバイスデータを正常にバックアップできます。 (また、操作中はWiFi環境を安定させ、デバイスの電力を十分に維持してください。)

iCloudでのバックアップ方法

iCloudにバックアップされたデータを新しいデバイスに同期する場合は、iCloudの公式Webサイトにログインして、バックアップデータを復元します。 しかし、iCloudバックアップを使用してiTunesパスワードをバイパスすることの欠点は、iCloudバックアップの最大容量が最大5GBしか使用できないことです。 十分でない場合は、有料の容量を購入する必要があり、最大2TBに達する可能性があります。

3、デバイスを復元して、iTunesで新しい暗号化されたバックアップを作成

iTunesバックアップパスワードを忘れた場合、iPhoneデバイスの暗号化されたバックアップを復元できません。 ただし、iOS11以降では、パスワードをリセットすることで、デバイスの新しい暗号化されたバックアップを作成できます。 方法は次のとおりです。

①iPhoneデバイスで、「設定」-「一般」-「リセット」を選択し、「すべての設定をリセット」を選択して、デバイスのパスワードを入力します。 これはユーザーデータやパスワードには影響しませんが、ディスプレイの輝度、ホーム画面のレイアウト、壁紙などの設定をリセットし、暗号化されたバックアップパスワードを削除します。

全ての設定をリセット

②デバイスを再度iTunesに接続し、新しい暗号化されたバックアップを再作成します。

また、デバイスにiOS 10以前が利用されている場合は、パスワードをリセットできません。 この場合、上記のiCloudバックアップ方法を代わりに使用することをお勧めします。

4、Macのキーチェーンに保存されている情報を表示する

お使いのコンピューターがMacで、MacでiTunesのバックアップパスワードが設定されている場合、コンピューターのキーチェーンにパスワードが記録されている可能性があります。Macの「キーチェーン」にアクセスし、 バックパスワードをさがしてください。 具体的な操作は次のとおりです。

Macで「Finder」-「アプリケーション」-「ユーティリティ」-「キーチェーンアクセス」を開きます。右上の検索ボックスに「iPhone Backup」と入力し、、検索します。「iPhone Backup」をダブルクリックし、管理者パスワードの入力が求められます。このパスワードはMacの登録パスワードです。「パスワードを表示」にチェックをつけると、iPhoneバックアップのパスワードが表示されます。

もっと詳しくはMacOSキーチェーンに保存されたパスワードを確認する方法を参照してください。

5、パスワード総当りソフトでiTunesバックアプのパスワードを解析

iPhoneデバイスのバックアップが最新のデータに同期されているが、パスワードが忘れられているためコンテンツを同期できない場合、Tenorshare iBackupUnlocker、iSunShare iTunes Password Geniusなど、パスワードを削除できるソフトウェアを使用できます。

ヒント:パスワード総当りソフトを借りて、実際にテクノロジーを使用してユーザーのパスワードを解析できます。サービスを提供する企業は、操作は絶対に安全で個人情報が漏洩しないと主張していますが、やはりそのようなツールを使用する場合は、慎重に選択してください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...