author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

クラウドストレージのバックアップでもPCのバックアップでも、バックアップファイルを暗号化すると、プライバシーがより安全になります。では、iPhoneのバックアップファイルを暗号化して、バックアップファイルの安全性を確保する方法は?この記事はiPhoneのバックアップを暗号化する方法を紹介します。



一、iPhoneのバックアップを暗号化する理由
iPhoneバックアップ暗号化
iPhoneバックアップファイルの暗号化は、iPhoneユーザーがiTunesを使用してPC上のバックアップファイルを暗号化するのに役立つように設計されたストレージ方法です。 以前のPC上のデータの直接同期との違いは次のとおりです。

  1. バックアップファイルを暗号化すると、アプリケーションのアカウントパスワードも保存されます。
  2.  WiFiパスワード、アカウントパスワード、ヘルスデータなど、デバイスの設定情報が保存されます。
  3. 暗号化されたバックアップデータをデバイスに復元するときにもパスワードが必要です。

どのバックアップもiTunesを使用して実行するが、iPhoneの暗号化されたバックアップは、直接バックアップよりも安全であり、バックアップコンテンツの範囲もより広いことがわかります。このバックアップ方法を使用するときに情報が簡単に漏洩することを心配する必要はありません。

二、iPhoneのバックアップを暗号化する方法
iPhoneバックアップの暗号化は、通常のiTunesバックアップ手順とほぼ同じです。

1.暗号化されたバックアップが必要なiPhoneをコンピューターに接続し、このデバイスを「信頼」をタップし、iTunesソフトウェアを開き、iPhoneアイコンをクリックします。 (注意:iPhoneデバイスとiTunesソフトウェアが最新バージョンに更新されていることを確認してください。)

itunesでデバイスアイコンをクリックする

2.「一般」タブまたは「概要」タブで、「バックアップ」の「ローカルのバックアップを暗号化」を選択します。

ローカルのバックアップを暗号化

3.バックアップデータのパスワードが設定されます。設定するパスワードを入力するだけです。 (注意:パスワードを設定した後、忘れないようにちゃんと保管してください。)

4.パスワード処理が完了したら、暗号化したバックアップが正常に作成されているか確認してください。バックアップが作成された日時が表示されていれば問題ありません。

三、iPhoneの暗号化したバックアプファイルを確認する方法
PCでiPhoneの暗号化されたバックアップファイルを表示する場合は、次を試すことができます。

iTunesを開き、メニューバーで「編集」-「設定」-「デバイス」をクリックします。暗号化および非暗号化を含むすべてのバックアップファイルは、「デバイスのバックアップ」ボックスに表示されます。

バックアップの横に鍵のアイコンが表示されているか確認します。鍵のアイコンが表示されているバックアップは暗号化されています。ここでバックアップを削除することも可能です。暗号化されたバックアップを削除するには、パスワードが必要です。

iOSのバックアップ

四、iPhoneのバックアップを暗号化する時の注意事項
1.iPhoneを暗号化バックアップしたい場合、まずiPhoneデバイスのシステムとiTunesソフトウェアが最新バージョンに更新されていることを確認する必要があります。そうしないと、暗号化されたバックアップの操作が正常に実行できません。

また、iPhoneがフリーズしたり、iPhone繰り返して起動したりするなど、iOSシステムの障害がiPhoneデバイスで発生していないことを確認してください。発生した場合は、Renee iPassFixを使用して修復することをお勧めします。

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
TipsRenee iPassFixとは?
Renee iPassFixは、多機能のオールインワンiOSシステム修復ソフトウェアであり、繰り返し起動、デバイスの異常、リンゴループなど、さまざまな種類のiOSシステムの問題を簡単に解決できます。iPhone / iPad / iPod TouchなどのさまざまなAppleデバイスに適用できます。また、iOSデバイスのロックを解除し、画面パスワードを削除することもできます。
2. iPhoneファイル暗号化バックアップは、暗号化なしの直接バックアップのプロセスよりも複雑であるため、設定したパスワードを覚えておく必要があります。パスワードを忘れると、デバイスはバックアップされたすべての情報を復元できません。

3. iPhoneの暗号化されたバックアップファイルをデバイスに復元する必要がある場合、パスワードを入力する必要があります。

4. iPhoneの暗号化されたバックアップファイルをタイムリーかつ継続的に更新してください。バックアップが復元されると、さまざまなアプリケーションのアカウントとパスワードが保存されるため、iPhoneの使用中に変更した場合は、 バックアップを復元した後、手動で1つずつログインする必要があり、操作は非常に面倒で複雑になります。

五、iPhoneバックアップのパスワードを忘れた時の対処法
上記のように、パスワードを忘れた場合、iPhoneデバイスの暗号化されたバックアップを復元できません。 iOS11以降では、パスワードをリセットして、デバイスの新しい暗号化されたバックアップを作成できます。 方法は次のとおりです。
1.iPhoneデバイスで、「設定」-「一般」-「リセット」を探し、「すべての設定をリセット」を選択して、デバイスのパスワードを入力します。 この手順に従って設定をリセットしても、ユーザーデータやパスワードには影響しませんが、ディスプレイの明るさ、ホーム画面のレイアウト、壁紙などの設定をリセットし、暗号化されたバックアップパスワードを削除します。

全ての設定をリセット

2.iPhoneを再びiTunesに接続し、新しい暗号化されたバックアップを再作成します。

デバイスにiOS 10以前が使用されている場合、パスワードをリセットできません。 この場合、次の方法を試してください。

  • 他の誰かがデバイスをセットアップしている場合は、パスワードを尋ねます。
  • 代わりにiCloudバックアップを使用します。 iCloudバックアップがない場合は、作成できます。
  • 古いiTunesバックアップを使用してバックアップしてみてください。
Loading comments...