author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Safariはアップルにより開発されたブラウザ。Appleユーザーとして、iPhoneでWebページを開くことができない、またはSafariの反応速度が遅い場合は、次の解決方法を試してください。



一、Safariとは?
safariブラウザ
Safariは、Appleがユーザー向けに作成したターミナルブラウザであり、Mac、iPhone、およびiPadデバイスで動作します。 通常のブラウザーとは異なり、Safariブラウザーインターフェイスの設計は非常にシンプルで、すばやく読み込まれます。 さらに、iPhoneやiPadなどのiOSシステムデバイスを使用してページを開こうとすると、デフォルトのブラウザーとしてSafariが優先されます。
二、iPhone/iPadでSafari動作が重い・遅い時の対処法

1、iPhone/iPadシステムとSafariブラウザーを最新バージョンに更新する

使用しているiPhoneまたはiPadデバイスがiOSシステムおよびSafariブラウザーの最新バージョンに更新されていない場合、ページがリダイレクトされページを開けない問題が発生する場合があります。この場合は、まずiOSシステムとすべての内部プログラムが最新バージョンに更新されていることを確認する必要があります。

さらに、iOSシステムに障害が発生してデバイスを正常に使用できない場合、システムの問題がアプリケーションに影響を与えないように、Renee iPassFixを使用してシステムの問題の修正することをお勧めします。

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
TipsRenee iPassFixとは?

Renee iPassFixは、非常に強力なiOSシステム修復ソフトウェアです。リンゴループ、iPhone黒い画面等iOSシステムの各種問題を簡単に解決できます。また、iPhone / iPad / iPod TouchなどのさまざまなAppleデバイスのロックを解除し、画面パスワードを削除することもできます。

Renee iPassFixでiOSを修復するには?

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

2、WiFiネットワークに再接続

Safariブラウザーを正常に開くことができるかどうかは、ネットワーク環境が安定しているかどうかによって異なります。 そのため、iPhoneまたはiPadがSafariブラウザーでWebページを開いて読み込みが遅くなったり、Webページを開けない場合、WiFiネットワークをオフにしてから再びオンにする方法を試すことができます。

デバイスの画面で上にスワイプし、「コントロールセンター」で接続されたWiFiネットワークを見つけ、オフにして再度オンにします。Safariブラウザーを再度開いてページを更新し、問題が解決したかどうかを確認します。

iPhoneのWifi

3、iPhone/iPadデバイスを再起動

iPhoneまたはiPadデバイス自体がスムーズに動作しない、またはデバイスがフリーズすると、Safariの読み込みが遅くなるか、Webページをまったく開けなくなる可能性があります。 デバイスの障害に起因する問題のトラブルシューティングを行うために、iPhone / iPadを直接再起動することをお勧めします。 また、iPhone / iPadシステムが問題で不安定な動作を引き起こした場合、Renee iPassFixを使用して、iOSシステムを3ステップで簡単に修復することもできます。

4、Safariの履歴とウェブサイトのデータを消去し、Cookieを無効にする

SafariはiPhone / iPadデバイスのデフォルトのブラウザーであるため、開いているWebページのほとんどすべてがSafariを通過するため、多くの履歴またはWebサイトのデータが生成されます。 生成されるキャッシュが多いほど、Safariが使用するストレージスペースが大きくなり、読み込みが遅くなります。

さらに、Cookieデータには、デバイスユーザーによる一連の操作と書き込まれたコンテンツが記録されます。これにより、Safariの負荷がある程度増加します。 したがって、履歴データを消去してCookieを無効にすると、Safariが軽くなり、ページの読み込みが遅くなったり、まったく開かなかったりする問題を軽減できます。 具体的な操作方法は次のとおりです。

iPhoneデバイスの操作を例にします。「設定」-「Safari」を開き、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。 同時に、「すべてのCookieをブロック」もオンにします。

履歴とWebサイトデータを消去

5、開いたページを閉じるか、シークレットモードを利用

Safariブラウザーでは、Safariを使用して開いたすべてのWebページがデフォルトで記録されます。つまり、次回アプリケーションが開かれた後、Webページはデフォルトのスタンバイ状態になります。 したがって、Safariブラウザの読み込みが遅くなるのを避けるために、すべてのWebページを閉じるか、「プライベート」を選択することをお勧めします。

操作方法は、Safariブラウザを開き、右下のボタンをタップして、すべてのWebページが表示され、左上の「×」をタップして閉じるか、左下隅の「プライベート」を直接タップします。

プライベート

6、バックグラウンドで実行しているアプリを停止

iPhoneまたはiPadデバイスで複数のアプリケーションを開いた後、プロセスを手動で閉じないと、これらのアプリケーションはデフォルトでバックグラウンドで実行するため、一定量のメモリを消費します。 SafariでWebページを開くのに遅い、開けない場合は、未使用のバックグラウンドアプリケーションを閉じることをお勧めします。

iPhone6sを例に操作方法を説明します。ホームボタンを二回タップすると、バックグラウンドで起動中のアプリケーションがページに表示され、閉じたいページを上にスワイプします。

iPhoneで起動中のアプリの終了方法

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...