author avatar
  テストマネージャー  

概要

HDDのトラブルによるデータ紛失は頻繁に聞きますので、やはりHDD故障の前兆があったら、すぐにHDDを交換したほうが安心です。じゃ、どうすれば、簡単にWindows8のHDDを交換できますか?HDDを丸ごとクローンするのは一番便利。Windows 8のHDDを交換する前に、次のものを準備しておく必要があります。



愛用しているWindows 8のパソコンですが、HDDの寿命と性能を考慮して、交換しようと考えています。容量の多いものと性能がもっと優れるHDD又はSSDに交換したい。性能いいHDDを換装後、処理速度も向上させるし、磨耗などの劣化が原因で故障することも心配しなくていい。HDDのトラブルによるデータ紛失は頻繁に聞きますので、やはりHDD故障の前兆があったら、すぐにHDDを交換したほうが安心です。

機種に合うHDDを選択後、HDDを丸ごと移行するのは一番の難題です。HDDのOSを含み丸ごと引越しすることができれば、OS、アプリケーション、データ、パソコン環境等も元のまま。再インストールする面倒等はなく、日々のパソコン使用にも支障がありません。

じゃ、どうすれば、簡単にHDDを丸ごと移行できますか?HDDを丸ごとクローンすると、HDDの引越しは簡単になります。

パソコンHDD交換

Windows 8 HDD交換の事前準備

Windows 8のHDDを交換する前に、次のものを準備しておく必要があります。

新しいHDD/SSD - パソコンに利用できるタイプ、元のHDDより性能に優れるもの、コストパフォーマンスが高いものを選んでください。

HDD引越しツール - 「Renee Becca」という多機能な無償バックアップソフトを推奨します。クローンやHDD引越しに対応できます。それ以外、バックアップ・復元、システム移行、起動メディア作成、データ完全抹消等の機能もあります。

>>> 無償バックアップソフトをダウンロード!

Windows 8 HDDを交換する手順

まずソフトをパソコンにダウンロード・インストールする必要があります。

動作環境Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード

ステップ1:新しいHDD / SSDをパソコンに接続し、ソフトを開きます。

「クローン」-「ディスクのクローン」をクリックします。

ディスクのクローンを選択します。

ステップ2:クローン元とクローン先を選択します。

クローン先とクローン元の指定。ディスクをブート可能にする
ヒント:

ディスククローン後、OSシステムをそのまま利用したい場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」にチェックを入れてください。

SSDから起動する必要がなく、ただのデータをクローンする場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」を入れないでください。

ステップ3:新しHDD / SSDを古いHDDと入れ替えます。

HDDをSSDに変換
ヒント:

新しいハードディスクは古いハードディスクより多い容量も利用たい場合、HDD交換後、Renee Beccaで余った未割り当て部分を利用できるように設定できます。詳しくは大容量HDDを無駄なく利用する方法をご覧ください。

注意事項:

1、コンピュータがスリープ状態になると、動作が停止してしまうので、次の設定でスリープ状態になることを防ぎます。「開始ボタン」-「コントロールパーネル」-「システムとセキュリティ」-「電源オプション」-「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」(ウィンドウの左側)- 「コンピューターをスリープ状態にする」の(なし)を選択します。

2、OSのみ移行したい、データは別途移行したい場合、OS移行方法をご覧ください。

上のような手順で、Windows 8 を簡単に交換できます。難しい部分はバックアップソフト「Renee Becca」に任せて、後の手順は初心者でも手軽に操作できるでしょう。簡単にWindows 8 HDDを交換したいなら、「Renee Becca」をダウンロードしてください。
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...