author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

不正アクセスを防ぐため、Windows7以上のユーザー(Windows10を含む)は、BitLocker機能を利用することができます。実は、機密ファイルを保護するために、別の選択肢があります。高度な暗号化技術を使った暗号化ソフトウェアを利用したほうが便利で安全です。



ファイルにパスワードをかけて保護するコンピューターのハードディスクの容量はどのぐらいありますか?500GB?2TB?中に個人情報、大切なデータがたくさん入っているでしょう。不正アクセスを防ぐため、Windows7以上のユーザー(Windows10を含む)は、BitLocker機能を利用することができます。BitLockerはドライブまたはハードディスクをパスワードで暗号化することが可能です。

しかし、Windows10の場合、ハードディスクを復号化するため、毎回15桁のパスワードを入力する必要があります。万が一、パスワードを忘れた場合、コンピューターも利用できなくなってしまいます。

実は、機密ファイルを保護するために、別の選択肢があります。高度な暗号化技術を使った暗号化ソフトウェアを利用したほうが便利で安全です。

>> 無料の暗号化ソフトウェアをダウンロードして、パスワードでファイルを保護します。

Windows版ダウンロード

無料暗号化ソフトウェア

Renee File Protector はあらゆる不正アクセスを回避するために、ファイル、フォルダ、ドライブを保護する暗号化ソフト。世界標準の暗号アルゴリズム(AES-256)を採用され、信頼性が高い。ロカールコンピューター以外、外付けメディアや共有フォルダも保護できます。
Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

ファイルにパスワードをかけて保護する手順は

このような特徴もあるため、Renee File Protectorをコンピューターにダウンロードしてインストールすることをおすすめします。Windows10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP でもソフトを利用できます。
Windows版ダウンロード
ファイルをパスワードで保護する手段が3つあります。

1、ファイルのロック(書き込み/読み取りを禁止)する方法

ステップ1:右クリックメニューからロックします。

ロックしたいファイルを右クリックして、「Renee File Protector」-「ロック(読込+書込+実行を拒否)」をクリックします。

右クリックメニュー

ステップ2:パスワードを入力し、ロックします。

ソフト起動パスワードが要求されます。ソフトインストールした時設定したパスワードを入力すると、ファイルがロックされます。

ロックする時パスワードが要求される
ヒント:

ソフトウェアを立ち上げてロックすることも可能です。

ロックを解除するには、ロックしたファイルを右クリックして、「Renee File Protector」-「解除(読込+書込+実行を有効)」をクリックし、パスワードを入力してください。
目次に戻る

2、ファイルにパスワードをかける方法

ステップ1:右クリックメニューから暗号化します。

パスワードをかけたいファイルを右クリックして、「Renee File Protector」-「gflに暗号化」/「exeに暗号化」をクリックします。

フォルダ暗号化

ステップ2:パスワードを入力し、暗号化します。

パスワードが要求されます。パスワードを入力すると、ファイルが暗号化されます。

パスワード設定
ヒント:

ここのパスワードはソフト起動パスワードではありません。任意のパスワードを設定可能。

復号化するには、暗号化したファイルをダブルクリックして、パスワードをクリックしてください。
目次に戻る

3、ファイルを非表示する方法

ステップ1:右クリックメニューから非表示します。

非表示したいファイルを右クリックして、「Renee File Protector」-「隠す」をクリックします。

右クリックメニュー

ステップ2:パスワードを入力し、非表示します。

ソフト起動パスワードが要求されます。ソフトインストールした時設定したパスワードを入力すると、ファイルが隠されます。

データを隠す時パスワードが要求される
ヒント:

ソフトウェアを立ち上げて非表示することも可能です。

隠したファイルを表示するには、ソフトを立ち上げて、隠しファイルを選択し、「隠しデータを表示」ボタンをクリックしてください。
目次に戻る

パスワードをなくしたらどうする?

万が一ソフトを起動するためのパスワードをなくしたら、どうしたらいいですか?まだソフトを利用できますか?

心配無し!インストールする時、メールアドレスを設定すると、このメールアドレスでパスワードを再取得することは可能です。これは他の無料暗号化ソフトと比べて良いところです。

初期設定
注意:

再取得可能のパスワードはソフトを起動するためのパスワード、暗号化するパスワードではありません。

わずかなクリックでファイルにパスワードをかけて保護することができます。また、保護手段もたくさんありながら、どれでも手軽に操作できます。Windows 10にも対応できるので、Windowsユーザーは安心してください。
最も重要なのは、Renee File Protectorは無料で利用できます。
早速ソフト無料版をダウンロードしましょう!
Renee File Protector 無料ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...