author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Renee iPassFixは、iPhoneパスワード忘れた、デバイスの起動時のクラッシュなどの解決に役立ちます。この記事は、Windowsでソフトを利用する時、「USB接続が不安定です。別のUSBポートまたはUSBケーブルを試してください。 エラーコード:13」エラーが出る時の対策を紹介します。



一、Renee iPassFixについて

iPhoneのパスワードを忘れた場合は、iPhoneパスワードを解除できます。 ただし、デバイスをリセットする際の最大の問題は、データの損失が発生することで、すべてのデータ(写真/ビデオ/連絡先)が削除されます。データのバックアップなしで直接リセットすることはお勧めしません。パスワード解除ソフトウェアRenee iPassFixを使用すると、iOSデバイスのすべてのシステムエラーと問題を完全に解決でき、操作が簡単で、専門的なスキルがなくてもワンクリックで解決できます。

Renee iPassFixの主な機能は次のとおりです。

  • iOSデバイスのパスワード解除
  • 50+iOSシステム問題を修復
  • iOSデバイスの工場出荷時の状態に戻す

多くの回復ツールがありますが、慎重に選択してダウンロードする必要があります。 セキュリティ上の理由から、Renee iPassFixをダウンロードすることをお勧めします。ソフトウェアは、任意のiOSデバイスおよび最新のiOSシステムと互換性があります。

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!

二、Renee iPassFixを利用する時出るエラーコード13

iOSデバイスがWindowsコンピューターに接続し、Renee iPassFixを実行すると、「USB接続が不安定です。別のUSBポートまたはUSBケーブルを試してください。 エラーコード:13」というエラーメッセージが表示された場合、USBポート接続が不安定であることを示しています。次の手順に従ってデバイスを確認できます。

  • すべての外付け設備を取り外し、iOSデバイスを別のUSBポートに再度接続します。 動作するポートがあるかどうかを確認します。ない場合は、別のUSBケーブルを試してください。
  • コンピューターとiPhone、iPadまたはiPodを再起動します。

自己検診後もまだ正常に動作しない場合は、次の解決方法に従って解決してください。

三、エラーコード13の対策

対策一:iPhone/iPad/iPod touchのドライバをアンインストールする

これを修正する1つの方法は、ドライバーをアンインストールして最新版のドライバーをインストールすることです。 iPhoneを例にとると、具体的な手順は次のとおりです。

1、iPhoneをコンピューターに接続します。キーボードの「Windows」 +「 R」ボタンを同時に押し、実行ウィンドウで「devmgmt.msc」と入力し、Enterキーを押してデバイスマネージャーを開きます。

devmgmt.mscを入力

2、[デバイスマネージャー]ウィンドウで、[ユニバーサルシリアルバスコントローラー]をダブルクリックして展開し、ドロップダウンリストで「Apple Recovery(iBoot)USB Composite Device」を見つけ、右クリックして「アンインストール」を選択します。 次に、確認ポップアップウィンドウで「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除する」を選択し、OKボタンをクリックします。

Apple Recovery(iBoot)USB Composite Deviceを右クリックしドライバをアンインストール

ドライバをアンインストール

3、上の操作を実行すると、ユニバーサルシリアルバスコントローラーの下にある3つのApple Mobileデバイスがすべて消えます。 次に、iOSデバイスをコンピューターから取り出して再接続します。 Windowsがデバイスドライバーを再インストールします。

注意
ドライバーをアンインストールした後、コンピューターを再起動するプロンプトが表示されない場合は、対策2に直接進み、Apple Mobile Device USB Driverが正常に動作しているかどうかを確認できます。

コンピュータを再起動する必要がある場合は、Apple Mobile Device USB Driverをインストールする必要があります。
インストール方法:iTunesが既にコンピューターにインストールされている場合は、次のフォルダーで「usbaapl64.inf」ファイルを見つけ、右クリックして「インストール」を選択します。 インストールが完了したら、コンピューターを再起動する必要がある場合があります。再起動が完了したら、対策2に進みます。

  • 【32ビット】C:\Program Files (x86)\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers
  • 【64ビット】C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers

対策二:Apple Mobile Device USB Driverをインストールする

対策2は、デバイスマネージャーを開いて、Apple Mobile Device USB Driverがインストールされているかどうかを確認することです。 以下の手順に従って、デバイスマネージャーを開きます。

1、iPhoneをコンピューターに接続します。キーボードの「Windows」 +「 R」ボタンを同時に押し、実行ウィンドウで「devmgmt.msc」と入力し、Enterキーを押してデバイスマネージャーを開きます。

devmgmt.mscを入力

2、[デバイスマネージャー]ウィンドウで、[ユニバーサルシリアルバスコントローラー]をダブルクリックして展開し、ドロップダウンリストで「Apple Recovery(iBoot)USB Composite Device」を見つけない場合、ほかのUSBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

Apple Recovery(iBoot)USB Composite Deviceを右クリックしドライバをアンインストール

「Apple Mobile Device USB Driver」の横にエラー記号が付いた「Apple Mobile Device USB Driver」のそばにドライバーエラードライバーエラー また ドライバーエラーが表示される場合、解決策はApple Mobile Device Serviceを再起動することです。

具体的な手順は次のとおりです。

1、Renee iPassFixを終了し、iPhone、iPad、iPodなど設備を取り出します。

2、キーボードの「Windows」 +「 R」ボタンを同時に押し、実行ウィンドウで「services.msc」と入力し、Enterキーを押しきます。

サービスマネージャを呼び出す

 

3、「Apple Mobile Device Service」を右クリックして、ショートカットメニューの「プロパティ」をクリックします。

Apple Mobile Device Serviceを右クリック

4、「スタートアップの種類」ポップアップメニューを「自動」に設定します。「停止」をクリックしてサービスを停止します。サービスが停止したら、「開始」をクリックしてサービスを開始します。

自動に設定

5、コンピュータを再起動します。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...