【Windows編】iPadファイル転送する簡単便利な方法
author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

Windowsに慣れて、iTunesというツールには苦手なユーザーはいるとでしょう。しかし、iPadの容量制限やファイル保存のため、iPadからWindowsにファイル転送する必要があります。この記事はiTunesを使わずもっと簡単便利なWindows iPadファイル転送方法を紹介します。


Windows派のユーザーまたはMacをあまり使用しないユーザーにとって、iTunesは苦手かもしれない。ドイツの大学のデザイン科が行った「今のiTunesはインターフェイスや機能が複雑すぎる」ため学生に書かせた「未来のiTunes」というイベントが話題になったという話もあったようです。つまり、日本のユーザーだけでなく、世界どこからも「iTunesは初心者向けの製品ではありません」、「複雑すぎる」のような声があります。 しかし、使用率の高いiPhone 、iPadのファイル転送の場合、アップル社から提供されあたツールはこの利用しずらいiTunes。
ipad-windows-file-tensou3
実は、iTunesを使わなくても、iPadからWindowsパソコンにファイル転送する方法があります。しかも、iTunesより、はるかに簡単便利な方法です。

1.Renee iPhone RecoveryでiPadファイルをWindows PCに転送

Renee iPhone RecoveryはiPhone/iPadなどのiOSデバイスから写真、動画、ボイスメモ、連絡先など全てのファイルをWindowsパソコンに転送出来るデータ転送ソフト。 ソフトはiPhone・iPadにある全てまたは指定の写真などのファイルをパソコンに取り込む・転送できます。使い方が簡単で、高速にiPhone・iPadのファイルをPCに転送できます。数回のクリックだけで作業が完了できます。iTunesと異なり、直感的で操作出来るインターフェースを持ち、iPhone・iPad初心者にもとても使いやすい。

Renee iPhone Recovery - プロのiPhone/iPadデータ転送・復元ソフト

iPadファイル転送

  • 複数種類データ転送可能。例:写真、動画、ボイスメモ、連絡先、メッセージ、SMS等。
  • 各iOSデバイス対応。全てのiPad・iPhoneを対応可能。例:iPad Pro / iPad / iPad mini / iPhone X / 8 Plus / 8 / 7 / 7 Plus / 6s / 6s Plus / 6 Plus / 6 / 5s / 5c / 5s / 5 / 4s / SE等。
  • シンプルで初心者向きな操作性。初心者も数回のクリックだけでiPad・iPhoneデータをパソコンに取り込む可能。Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP で実行可能。
  • 復元機能もある。iOデバイスから紛失したデータをiOSデバイス、iTunesバックアップ、iCloudバックアップから復元可能。
  • 無料体験可能。無料体験版でデータを見つけられるか確認可能。

無料体験

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
次の操作手順に従って、Renee iPhone Recoveryを利用して、iPadのファイルをWindowsパソコンに保存してください。

ステップ1:Renee iPhone Recoveryをダウンロード、インストールしてください。

対応OS:Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP

Windows版ダウンロード

ステップ2:USBケーブルでiPadをPCに接続し、ソフトを実行します。

iPadをパソコンに接続する
iTunesの設定によって、iPadをパソコンに接続すると自動的にiTunesが起動します。

「自動同期」の設定が有効であると、iPadの同期(更新)が自動的に開始し、データが消えたり、重複したりする可能性があります。

従って、iPadとパソコンを接続する前に、「自動同期」の設定を無効にしたほうが良いです。 自動同期を無効にする手順:iTunesを起動し、「編集」>「設定」>表示された画面の「デバイス」>「iPodiPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。 iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない

「紛失したデータを復元」ボタンをクリックしてください。
Renee iPhone Recoveryを起動

ステップ3:「 iOSデバイスから復元」画面で「スキャンを始める」ボタンをクリックします。

復元モードを選択しスキャンを始めます

ステップ4:スキャン完了後、転送したい動画を選択して、「復元」ボタンをクリックします。

Renee iPhone Recoveryでデータ保存します

ステップ5:ファイルの保存場所を指定します。

このソフトを利用して、消えたもしくは削除したiPadファイルを復元することもできます。詳しくは「iPad写真復元」を参照してください。

目次に戻る

2.iPadファイルを指定してWindows PCに転送

iPadとパソコン(Windows)を接続し、パソコンでiPadのカメラロールにある写真・動画を表示できます。そこから任意の写真・動画を指定し、パソコンに転送します。
  1. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。
  2. スタート」> 「コンピューター」をクリックし、パソコン(Windows)のエクスプローラ画面を表示します。(※Windows7)※Windows8以上の場合、「スタート」ボタンを右クリックし「エクスプローラー」をクリックして開きます。
  3. エクスプローラー」画面の「iPhone」をクリックします。
  4. Internal Storage」をクリックします。
  5. DCIM」フォルダをダブルクリックすると、写真が表示されます。選択して、パソコンにコピーします。
iPhone写真を指定してPCに取り込む

この方法はiPadの動画と写真ファイルのみPCへ転送できます。連絡先、ボイスメモ、アプリ、メモなど他のファイルを転送することはできません。

目次に戻る

3.iPadファイルを一括でWindows PCに転送

iPadの写真・動画を一括でパソコンに転送することができます。次の方法をご覧ください。
  1. パソコンとiPadをUSBケーブルで接続します。
  2. スタート」> 「コンピューター」をクリックし、パソコン(Windows)のエクスプローラ画面を表示します。(※Windows7)※Windows8以上の場合、「スタート」ボタンを右クリックし「エクスプローラー」をクリックして開きます。
  3. エクスプローラー」画面ないの「iPad」を右クリックし、「画像とビデオのインポート」をクリックします。すると、動画が一括でパソコンの「マイピクチャ」フォルダに保存されます。
iPad画像とビデオのインポート

この方法はiPadの動画と写真ファイルのみPCへ転送できます。連絡先、ボイスメモ、アプリ、メモなど他のファイルを転送することはできません。

目次に戻る
以上はiPadファイルをWindowsパソコンに転送するための便利・簡単な方法です。iPadファイル転送の操作はiPhone写真をPCに取り込むと同じような操作です。必要に応じてご利用ください。

Renee iPhone Recovery を利用する方法は一番のおすすめです。ウィザード型インターフェースで、誰でも手軽に全てまたは指定の動画をパソコンに高速に転送することができます。

iTunesのような使いにくいツールと全く異なり、初心者も分かりやすいような画面デザインしているのが一番の特徴です。また、ファイル種類とファイル量も限定せずに、どんなファイルをどのぐらいの量をパソコンに転送するかは自分で自由に決めることはできます。

無料体験版もあるので、早速試してみませんか?

Windows版ダウンロード
目次に戻る

何かご不明な点がございましたら、

サポートセンターまでお問い合わせください。>>