author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhone初心者にとっては、iTunesは使いにくい。この記事は初心者でも簡単にiPhone写真をパソコンに取り込む方法6つを紹介します。


iPhoneを利用しているユーザーは大勢います。日本では、68.7%の方がiPhoneユーザーです!iPhoneが愛用される理由の一つはiPhoneが撮った写真は綺麗すぎるからです。軽くて持ちやすく、常にバッグに入っているので、何時でも綺麗な景色とか、楽しい瞬間を記録できます。遊んだり、飲み会に行ったり、旅行に行ったりする時も自由に写真を撮れます。 また、iPhoneの容量が不足した時、数多くの写真を削除したくない。PCに転送するのはいい方法です。

じゃ、パソコンに取り込む・転送し、綺麗な写真を永遠に保存したいので、どうやってiPhoneの写真をパソコンに取り込みますか? iTunesはアップル社提供のiPhoneデータをバックアップ用のソフトですが、とても使いにくいという評価があります。これを使わなくてもiPhone写真をPCに取り込む・転送する方法があります。

iphoneの写真をパソコンに取り込む
次にiPhone写真をWindowsパソコンに取り込む・転送するための3つの簡単な方法を紹介します。※初心者も分かるように解説参考にしていただければ。

1.Renee iPhone RecoveryでiPhone写真をPCに取り込む

Renee iPhone RecoveryはiPhone写真をパソコンに転送出来るデータ転送ソフト。 ソフトはiPhoneにある全ての写真をパソコンに取り込む・転送できます。使い方が簡単で、高速にiPhoneの写真をPCに転送できます。数回のクリックだけで作業が完了できます。iTunesと異なり、直感的で操作出来るインターフェースを持ち、iPhone初心者にもとても使いやすい。

Renee iPhone Recovery – iPhone写真転送・復元ソフト

iphone写真をパソコンに転送・取り込む

  • あらゆるタイプの写真を転送可能。例:jpg, png, gif等
  • 全てのiPhoneを対応可能。例:iPhone 7/7 Plus / 6s / 6s Plus / 6 Plus / 6 / 5s / 5c / 5s / 4s / SEなど
  • Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP で実行可能。
  • iOS設備から削除したまたは消えたデータの復元機能もあります。iTunesバックアップ、iCloudバックアップからの復元も可能。

無料体験

3862名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
次の操作手順に従って、Renee iPhone Recoveryを利用して、iPhoneの写真をWindowsパソコンに取り込んでください。

ステップ1:Renee iPhone Recoveryをダウンロード、インストールしてください。

対応OS:Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP

Windows版ダウンロード

ステップ2:USBケーブルでiPhoneをPCに接続し、ソフトを実行します。

iPhoneをパソコンに接続

iTunesの設定によって、iPhoneをパソコンに接続すると自動的にiTunesが起動します。

「自動同期」の設定が有効であると、iPhoneの同期(更新)が自動的に開始し、データが消えたり、重複したりする可能性があります。 従って、iPhoneとパソコンを接続する前に、「自動同期」の設定を無効にしたほうが良いです。

自動同期を無効にする手順:iTunesを起動し、「編集」>「設定」>表示された画面の「デバイス」>「iPodiPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。 iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない

「紛失したデータを復元」ボタンをクリックしてください。
紛失したデータを復元

ステップ3:「 iOSデバイスから復元」画面で「スキャンを始める」ボタンをクリックします。

スキャンを始める

ステップ4:スキャン完了後、取り込みたい写真を選択して、「復元」ボタンをクリックします。

データを復元する

ステップ5:写真の保存場所を指定します。

消えたもしくは削除した写真を復元したい場合も、このソフトを利用できます。詳しくは「iPhone削除写真復元」を参照してください。

目次に戻る

2.iPhone写真を指定してPCに取り込む

iPhoneとパソコン(Windows)を接続し、パソコンでiPhoneのカメラロールにある写真・ビデオを表示できます。そこから任意の写真を指定し、パソコンに取り込みます。
  1. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。
  2. スタート」> 「コンピューター」をクリックし、パソコン(Windows)のエクスプローラ画面を表示します。(※Windows7)※Windows8以上の場合、「スタート」ボタンを右クリックし「エクスプローラー」をクリックして開きます。
  3. エクスプローラー」画面の「iPhone」をクリックします。
  4. Internal Storage」をクリックします。
  5. DCIM」フォルダをダブルクリックすると、写真が表示されます。選択して、パソコンにコピーします。
iPhone写真を指定してPCに取り込む
目次に戻る

3.iPhone写真を一括でPCに取り込む

iPhoneの写真を一括でパソコンに取り込むこともできます。次の方法をご覧ください。
  1. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。
  2. スタート」> 「コンピューター」をクリックし、パソコン(Windows)のエクスプローラ画面を表示します。(※Windows7)※Windows8以上の場合、「スタート」ボタンを右クリックし「エクスプローラー」をクリックして開きます。
  3. エクスプローラー」画面ないの「iPhone」を右クリックし、「画像とビデオのインポート」をクリックします。すると、写真が一括でパソコンの「マイピクチャ」フォルダに保存されます。
iPhone画像とビデオのインポート

4.AirDropでiPhoneからMacへ写真転送(Macのみ)

iPhoneからPCに写真を転送するには、次の手順が必要です。
  1. iPhone、Mac両方のWi-FiとBluetoothをオンにします。
  2. AirDropの共有範囲を設定します。Mac Finderサイドバーの「AirDrop」を開きます。「このMacを検出可能な相手」をクリックし、「連絡先のみ」または「全員」を設定します。

    AirDropの共有範囲を設定する

  3. 転送したい写真タップし、「共有」-「Airdrop」をタップしてMacへ写真ファイルを転送します。

    iphone写真をAirDropで転送

この方法はMacだけ利用できます。iPhoneからWindowsへのファイル転送時は利用できません。

目次に戻る

5.iCloud DriveなどのオンラインストレージでiPhone写真をPCに取り込む(容量制限ある )

Windows7以降、Mac OS X以降の環境はiCloud Driveを利用してiPhoneとPC間でファイル転送できます。ただし、PCにインストールする必要があります。無料で転送できる容量は5GBまで。
  1. iCloud Driveをダウンロードしインストールします。
  2. iCloud Driveにサインインします。
  3. iPhoneで転送したいファルをiCloud Driveに保存します。
  4. PCでiCloud Driveを開き、ファイルを見つけます。

    iCloud Drive

この方法はMacもWindowsも利用できるが、利用できる容量は5GBまでのファイルです、それ以上法の容量を利用するには、有料プランを購入する必要があります。なお、iCloud以外、Google Drive、Dropboxなど他のオンラインストレージで写真を取り込むことも可能です。

目次に戻る

6.EmailでiPhone写真をPCに転送(容量制限ある)

メールの添付ファイルサイズが制限あるので、転送できるファイル容量は制限あります。サイズの大き動画などの転送なら、この方法はおすすめしません。次に写真を転送する方法を説明します。

転送したい写真をタップし、「共有」-「メッセージ」/「メールで送信」をタップして送信できます。

iphone写真をEmailで転送

目次に戻る
以上はiPhone写真をパソコンに取り込む・転送するために3つの簡単な方法です。必要に応じてご利用ください。Renee iPhone Recoveryを利用する方法は一番のおすすめです。ウィザード型インターフェースで、誰でも手軽に全ての写真をパソコンに高速転送できます。

早速試してみませんか?

Windows版ダウンロード

何かご不明な点がございましたら、

サポートセンターまでお問い合わせください。>>

Loading comments...