author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhoneを利用すると、手軽に素敵な写真を撮れます。しかも、iPhoneに溜まったたくさんの写真をパソコンにバックアップし、永久保存したい場合、どうしたらいいでしょうか?この記事は簡単にiPhone写真をパソコンにバックアップする方法6つを紹介します。


iPhoneなどスマホの普及により、手軽に綺麗な写真を撮影することはできました。その結果、iPhoneの容量はすぐ膨大に増え、写真を撮れなくなっちゃいます。なお、故障の時全部失ってします可能性もあります。従って、iPhoneの写真をパソコンに取り込み、全部ちゃんと保存しバックアップしたい。

今回は簡単にiPhonの写真をパソコンにバックアップ刷る方法6つを紹介します。これらの方法でiPhoneに溜まった素敵な写真をパソコンに保存できます。

簡単にiPhone写真をパソコンにバックアップする方法6つ

1.Renee iPhone RecoveryでiPhone写真をPCに保存(便利・簡単)

Renee iPhone RecoveryはiPhone/iPadなどのiOSデバイスから写真、動画、ボイスメモ、連絡先など全てのファイルをパソコンに転送出来るデータ転送ソフト。 ソフトはiPhoneにある全てまたは指定の写真などのファイルをパソコンに取り込む・転送できます。使い方が簡単で、高速にiPhoneのファイルをPCに転送できます。数回のクリックだけで作業が完了できます。iTunesと異なり、直感的で操作出来るインターフェースを持ち、iPhone初心者にもとても使いやすい。

Renee iPhone Recovery - プロのiPhoneデータ転送・復元ソフト

iphone写真をパソコンに転送・取り込む

  • 複数種類データ転送可能。例:写真、動画、ボイスメモ、連絡先、メッセージ、SMS等。
  • 各iOSデバイス対応。全てのiPhone・iPadを対応可能。例:iPad Pro / iPad / iPad mini / iPhone X / 8 Plus / 8 / 7 / 7 Plus / 6s / 6s Plus / 6 Plus / 6 / 5s / 5c / 5s / 5 / 4s / SE等。
  • シンプルで初心者向きな操作性。初心者も数回のクリックだけでiPad・iPhoneデータをパソコンに取り込む可能。Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP で実行可能。
  • 復元機能もある。iOデバイスから紛失したデータをiOSデバイス、iTunesバックアップ、iCloudバックアップから復元可能。
  • 無料体験可能。無料体験版でデータを見つけられるか確認可能。

無料体験

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
次の操作手順に従って、Renee iPhone Recoveryを利用して、iPhoneの写真をWindowsパソコンに保存しバックアップしてください。

ステップ1:Renee iPhone Recoveryをダウンロード、インストールしてください。

対応OS:Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP

Windows版ダウンロード

ステップ2:USBケーブルでiPhoneをPCに接続し、ソフトを実行します。

iPhoneをパソコンに接続
iTunesの設定によって、iPhoneをパソコンに接続すると自動的にiTunesが起動します。

「自動同期」の設定が有効であると、iPhoneの同期(更新)が自動的に開始し、データが消えたり、重複したりする可能性があります。

従って、iPhoneとパソコンを接続する前に、「自動同期」の設定を無効にしたほうが良いです。

自動同期を無効にする手順:iTunesを起動し、「編集」>「設定」>表示された画面の「デバイス」>「iPodiPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。 iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない

「紛失したデータを復元」ボタンをクリックしてください。
Renee iPhone Recoveryを起動します

ステップ3:「 iOSデバイスから復元」画面で「スキャンを始める」ボタンをクリックします。

復元モードを選択しスキャンを始めます

ステップ4:スキャン完了後、転送したい動画を選択して、「復元」ボタンをクリックします。

Renee iPhone Recoveryでデータ保存します

ステップ5:ファイルの保存場所を指定します。

このソフトを利用して、消えたもしくは削除したiPhone写真を復元することもできます。詳しくは「iPhone写真復元」を参照してください。

目次に戻る

2.iPhone写真を指定してPCに保存

iPhoneとパソコン(Windows)を接続し、パソコンでiPhoneのカメラロールにある写真・動画を表示できます。そこから任意の写真・動画を指定し、パソコンに転送します。

※Macも同じことができますが、ここでWindowsを例にして説明しています。

  1. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。
  2. スタート」> 「コンピューター」をクリックし、パソコン(Windows)のエクスプローラ画面を表示します。(※Windows7)※Windows8以上の場合、「スタート」ボタンを右クリックし「エクスプローラー」をクリックして開きます。
  3. エクスプローラー」画面の「iPhone」をクリックします。
  4. Internal Storage」をクリックします。
  5. DCIM」フォルダをダブルクリックすると、写真が表示されます。選択して、パソコンにコピーします。
iPhone写真を指定してPCに取り込む
目次に戻る

3.iPhone写真を一括でPCに保存

iPhoneの写真・動画を一括でパソコンに転送することができます。次の方法をご覧ください。
  1. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。
  2. スタート」> 「コンピューター」をクリックし、パソコン(Windows)のエクスプローラ画面を表示します。(※Windows7)※Windows8以上の場合、「スタート」ボタンを右クリックし「エクスプローラー」をクリックして開きます。
  3. エクスプローラー」画面ないの「iPhone」を右クリックし、「画像とビデオのインポート」をクリックします。すると、動画が一括でパソコンの「マイピクチャ」フォルダに保存されます。
iPhone画像とビデオのインポート
目次に戻る

4.AirDropでiPhoneからMacへ写真転送(Macのみ)

iPhoneからPCに写真ファイルを転送するには、次の手順で操作します。
  1. iPhone、Mac両方のWi-FiとBluetoothをオンにします。
  2. AirDropの共有範囲を設定します。Mac Finderサイドバーの「AirDrop」を開きます。「このMacを検出可能な相手」をクリックし、「連絡先のみ」または「全員」を設定します。

    AirDropの共有範囲を設定する

  3. 転送したいファイルをタップし、「共有」-「Airdrop」をタップしてMacへ写真ファイルを転送します。

    iphone写真をAirDropで転送

この方法はMacだけ利用できます。iPhoneからWindowsへのファイル転送時は利用できません。

目次に戻る

5.iCloud DriveなどのオンラインストレージでiPhone写真をPCに転送(容量制限ある )

Windows7以降、Mac OS X以降の環境はiCloud Driveを利用してiPhoneとPC間でファイル転送できます。ただし、PCにインストールする必要があります。無料で転送できる容量は5GBまで。
  1. iCloud Driveをダウンロードしインストールします。
  2. iCloud Driveにサインインします。
  3. iPhoneで転送したいファルをiCloud Driveに保存します。
  4. PCでiCloud Driveを開き、ファイルを見つけます。

    iCloud Drive

この方法はMacもWindowsも利用できるが、利用できる容量は5GBまでのファイルです、それ以上法の容量を利用するには、有料プランを購入する必要があります。なお、iCloud以外、Google Driveなど他のオンラインストレージを利用することも可能です。

目次に戻る

6.EmailでiPhone写真をPCに転送(容量制限ある)

メールの添付ファイルサイズが制限あるので、転送できるファイル容量は制限あります。サイズの大き動画などの転送なら、この方法はおすすめしません。次に写真を転送する方法を説明します。

転送したい写真をタップし、「共有」-「メッセージ」/「メールで送信」をタップして送信できます。

iphone写真をEmailで転送

目次に戻る
iPhoneで撮影した素敵な写真をパソコンなどの場所にバックアップし、永久保存したり、印刷して家族みんなで楽しんだり、友達への年賀状に写真をプリントしたり、離れて暮らすご家族に写真集のプレゼントをしたりする方がいると思います。

是非上の方法でiPhoneの写真をパソコンにバックアップしてみてください。

無料体験版もあるので、早速試してみませんか?

Windows版ダウンロード
目次に戻る

何かご不明な点がございましたら、

サポートセンターまでお問い合わせください。>>

Loading comments...