author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iCloudなどのクラウドストレージもあるが、iCloudの無料で利用できる容量は5GBまで。動画の容量が大きいため、すぐいっぱいになります。iPhoneの動画をパソコンに保存するほうが安全で、やすいです。次にiPhoneの動画をパソコンに保存する方法を詳しく紹介します。


iPhoneの容量不足を解消するためには、大量の動画や写真をパソコンに別途保存したほうが良い。予期せぬ事項によるデータ紛失を防ぐためも良い方法です。万が一機器が故障した場合、バックアップはあれば、高速に回復できます。

iCloudも便利だが、容量と月額料金が高いと思われる方もいるでしょう。それで、iPhoneの動画をパソコンに保存する方法もあります。元々パソコンを利用しているなら、特別な料金は発生しないし、オンラインストレージの情報漏洩などの心配もいりません。

次にiPhoneの動画をパソコンへ取り込む超簡単な方法3つを紹介します。

【超簡単】iPhoneの動画をパソコンに保存する3つの方法

1.Renee iPhone RecoveryでiPhone動画をPCに保存(超簡単)

Renee iPhone RecoveryはiPhone動画などファイルをパソコンに転送出来るデータ転送ソフト。

ソフトはiPhoneにある全てまたは指定の動画をパソコンに取り込む・転送できます。使い方が簡単で、高速にiPhoneの動画をPCに転送できます。数回のクリックだけで作業が完了できます。iTunesと異なり、直感的で操作出来るインターフェースを持ち、iPhone初心者にもとても使いやすい。

Renee iPhone Recovery - プロのiPhoneデータ転送・復元ソフト

iphone写真をパソコンに転送・取り込む

  • 複数種類データ転送可能。例:写真、動画、ボイスメモ、連絡先、メッセージ、SMS等。
  • 各iOSデバイス対応。全てのiPhoneを対応可能。例:iPhone X / 8 Plus / 8 / 7 / 7 Plus / 6s / 6s Plus / 6 Plus / 6 / 5s / 5c / 5s / 5 / 4s / SE等。
  • シンプルで初心者向きな操作性。初心者も数回のクリックだけでiPhoneデータをパソコンに取り込む可能。Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP で実行可能。
  • 復元機能もある。iOデバイスから紛失したデータをiOSデバイス、iTunesバックアップ、iCloudバックアップから復元可能。
  • 無料体験可能。無料体験版でデータを見つけられるか確認可能。

無料体験

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
次の操作手順に従って、Renee iPhone Recoveryを利用して、iPhoneの動画をWindowsパソコンに保存してください。

ステップ1:Renee iPhone Recoveryをダウンロード、インストールしてください。

対応OS:Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP

Windows版ダウンロード

ステップ2:USBケーブルでiPhoneをPCに接続し、ソフトを実行します。

iPhoneをパソコンに接続

iTunesの設定によって、iPhoneをパソコンに接続すると自動的にiTunesが起動します。
「自動同期」の設定が有効であると、iPhoneの同期(更新)が自動的に開始し、データが消えたり、重複したりする可能性があります。
従って、iPhoneとパソコンを接続する前に、「自動同期」の設定を無効にしたほうが良いです。
自動同期を無効にする手順:iTunesを起動し、「編集」>「設定」>表示された画面の「デバイス」>「iPodiPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。
iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない

「紛失したデータを復元」ボタンをクリックしてください。
Renee iPhone Recoveryを起動します

ステップ3:「 iOSデバイスから復元」画面で「スキャンを始める」ボタンをクリックします。

復元モードを選択しスキャンを始めます

ステップ4:スキャン完了後、取り込みたい動画を選択して、「復元」ボタンをクリックします。

Renee iPhone Recoveryでデータ保存します

ステップ5:動画の保存場所を指定します。

消えたもしくは削除した動画を復元したい場合も、このソフトを利用できます。詳しくは「iPhone動画復元」を参照してください。

目次に戻る

2.iPhone動画を指定してパソコンに保存

iPhoneとパソコン(Windows)を接続し、パソコンでiPhoneのカメラロールにある写真・動画を表示できます。そこから任意の写真を指定し、パソコンに取り込みます。
  1. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。
  2. スタート」> 「コンピューター」をクリックし、パソコン(Windows)のエクスプローラ画面を表示します。(※Windows7)※Windows8以上の場合、「スタート」ボタンを右クリックし「エクスプローラー」をクリックして開きます。
  3. エクスプローラー」画面の「iPhone」をクリックします。
  4. Internal Storage」をクリックします。
  5. DCIM」フォルダをダブルクリックすると、写真が表示されます。選択して、パソコンにコピーします。
iPhone写真を指定してPCに取り込む
目次に戻る

3.iPhone動画を一括でパソコンに保存

iPhoneの動画を一括でパソコンに取り込むこともできます。次の方法をご覧ください。
  1. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。
  2. スタート」> 「コンピューター」をクリックし、パソコン(Windows)のエクスプローラ画面を表示します。(※Windows7)※Windows8以上の場合、「スタート」ボタンを右クリックし「エクスプローラー」をクリックして開きます。
  3. エクスプローラー」画面ないの「iPhone」を右クリックし、「画像とビデオのインポート」をクリックします。すると、動画が一括でパソコンの「マイピクチャ」フォルダに保存されます。
iPhone画像とビデオのインポート
以上はiPhone動画をパソコンに保存・取り込むするために3つの簡単な方法です。必要に応じてご利用ください。Renee iPhone Recovery を利用する方法は一番のおすすめです。ウィザード型インターフェースで、誰でも手軽に全てまたは指定の動画をパソコンに高速に取り込むことができます。

早速試してみませんか?

Windows版ダウンロード
目次に戻る

何かご不明な点がございましたら、

サポートセンターまでお問い合わせください。>>

Loading comments...