author avatar
  テストマネージャー  

概要

iOSデバイスをPCに接続すると、iTunes は自動的にデータをバックアップできます。Windows10 の場合、iTunes の初期バックアップ場所はCドライブ、もしCドライブの容量が足りず、他の場所に変換することも可能です。次にWindows10 でiTunes のバックアップ場所を変更する方法などについて紹介します。



itunes

一、iTunesのバックアップ場所

1、iTunesのバックアップデータ

iPhone・iPad・またはiPodを、iTunes付きのコンピュータに接続すると、iTunesはiOSデバイス上の次のファイルをバックアップします。

SMS、MMSの写真、連絡先、カレンダー、メモ、カメラロール、最近の通話、個人用コレクション、サウンド設定、電子メール設定、Safari設定、アプリケーション設定(ゲームアーカイブ、スタンザブックなど)ネットワーク構成情報(Wi-Fi、セルラーデータネットワーク、VPN、DaiLiサービスなど)、その他の構成情報(入力方法やシステムインタフェース言語など、システムの機能オプション部分の設定情報)。

2、iTunesのバックアップ先

バックアップする時、デフォルト保存先はPCのCドライブにあります。

C:\Users\今使用中のユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync

iTunesのバックアップ場所

Cドライブの空き容量不足の解消するために、iTunesのバックアップの場所を変更できます。

二、iTunesのバックアップ場所を変更するには

Windows 10システムでは、 「mklink」コマンドを使用してiTunesバックアップ先を変更できます。
iTunesのバックアップ場所を変更するには、次の方法を参照してください。
① 「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer」にアクセスします。その中のMobileSyncというフォルダを削除します。
MobileSyncを削除
②  Dドライブ等Cドライブ以外のところに、新しいフォルダ「iTunes」を作成します(新しいバックアップ場所)。
iTunesフォルダ作成
③  「Windows」+「R」キーを同時に押します。「cmd」を入力して、「OK」をクリックします。
キーボードでwin+Rキー
cmdコマンド
④ 次のコマンドを入力します。

mklink/j “C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync” “D:\iTunes”

「D:\iTunes」は、先ほど設定した新しいiTunesのバックアップ先であります。

コマンドmklink
⑤  「Enter」キーを押すと、次のメッセージが表示されると、iTunesバックアップ保存先がDドライブのiTunesフォルダに変更されたことを示します。
iTunesのバックアップ場所を変更
⑥  操作完了なら、今後iTunesのバックアップファイルはそのフォルダに保存されるようになります。
上の手順を完了した後、CドライブにiTunesバックアップのフォルダがあるが、バックアップされたファイルは実際にはDドライブに保存されています。
iTunesバックアップ保存パス
まだバックアップされていないデータ・写真などのiphone情報を誤って削除した場合はどうすればいいですか?データを取り戻すために、iPhoneデータ復元ソフトRenee iPhone Recoveryの使用をすすめます。iPhoneの写真、動画、メッセージ等さまざまなデータを復元できます。

三、誤って削除してしまったiOSデータを復元

Renee iPhone RecoveryはiPhone/iPadなどのiOSデバイスから写真、動画、ボイスメモ、連絡先など全てのファイルをパソコンに取り込むことが出来るデータ転送ソフト。 ソフトはiPhoneにある全てまたは指定の写真などのファイルをパソコンに取り込む・転送できます。使い方が簡単で、高速にiPhoneのファイルをPCに取り込めます。数回のクリックだけで作業が完了できます。iTunesと異なり、直感的で操作出来るインターフェースを持ち、iPhone初心者にもとても使いやすい。
Renee iPhone Recovery - プロのiPhoneデータ転送・復元ソフトiosデータ復元ソフトRenee iPhone Recovery

複数形式復元 写真、ビデオ、連絡先、通信履歴など550以上種類のデータ復元対応。

各iOSデバイス対応 全てのiPhone・iPadを対応可能。例:iPad Pro / iPad / iPad mini / iPhone X / 8 Pl...

シンプルで初心者向きな操作性 初心者も数回のクリックだけでiPad・iPhoneデータをパソコンに保存可能。

無料体験可能 無料体験版でデータを見つけられるか確認可能。

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP で実行可能。

複数形式復元 写真、動画、連絡先、通信履歴など550以上種類...

シンプルで初心者向きな操作性 初心者も数回のクリックだけでi...

各iOSデバイス対応 全てのiPhone・iPadを対応可能...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
次の操作手順に従って、Renee iPhone Recoveryを利用して、iPhoneの写真をWindows7パソコンに取り込んでください。
ステップ1:Renee iPhone Recoveryをダウンロード、インストールしてください。

対応OS:Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP

Windows版ダウンロード
ステップ2:USBケーブルでiPhoneをPCに接続し、ソフトを実行します。
iPhoneをパソコンに接続
iTunesの設定によって、iPhoneをパソコンに接続すると自動的にiTunesが起動します。

「自動同期」の設定が有効であると、iPhoneの同期(更新)が自動的に開始し、データが消えたり、重複したりする可能性があります。

従って、iPhoneとパソコンを接続する前に、「自動同期」の設定を無効にしたほうが良いです。

自動同期を無効にする手順:iTunesを起動し、「編集」>「設定」>表示された画面の「デバイス」>「iPodiPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。 iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない

「紛失したデータを復元」ボタンをクリックしてください。
Renee iPhone Recoveryを起動します
ステップ3:「 iOSデバイスから復元」画面で「スキャンを始める」ボタンをクリックします。

復元モードを選択しスキャンを始めます
ステップ4:スキャン完了後、転送したい動画を選択して、「復元」ボタンをクリックします。

Renee iPhone Recoveryでデータ保存します
ステップ5:ファイルの保存場所を指定します。

このソフトを利用して、消えたもしくは削除したiPhone写真を復元することもできます。詳しくは「iPhone写真復元」を参照してください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...