author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

iPhoneを売る前に、個人情報が完全に処理されたか、再び復元されるのではないかという心配があります。iPhoneを初期化してデータを完全に削除できます。この記事は、iPhoneデータを完全に消去する方法を説明します。



1.データ消去する前にバックアップする

データ消去操作を実行する前に、新しいiPhoneを使用するときにバックアップから元iPhoneのデータを復元できるように、iPhoneの最新のバックアップがあることを確認してください。

方法1:iCloudでバックアップ

icloud

iCloudバックアップを使用すると、Wi-Fiネットワーク接続があれば、バックアップできます。デバイスをコンピューターに接続したり、自宅に戻ったりする必要はありません。 手順は次のとおりです。

1、iPhoneがWi-Fiに接続されていることを確認します。 (電力が不足している場合は、同時に電源を接続してください。)

2、「設定」-「Apple ID」を入力します。(アカウントにサインインしていない場合は、サインインしてください。)

3、Apple IDを入力したら、iCloudをタップします。

icloudバックアップ

4、iCloudにバックアップするデータを選択するします。「今すぐバックアップを作成」をタップします。

バックアップアプリ選択

このプロセスにはしばらく時間がかかります。バックアップ中は、iPhoneを使用して他のことを通常どおりに行うことができます。

バックアップが完了すると、iCloudはデータのバックアップを保存します。後で必要な場合は、このバックアップを使用してiPhoneを復元できます。

注意:売却および譲渡する前に、iPhoneの既存のiCloudアカウントからログアウトすることを忘れないでください。次のユーザーにとって便利で、元のiPhoneデータが表示されないようにします。

方法2:iTunesでバックアップ

iCloudは最大2TBのストレージ容量を提供するため、iPhoneをコンピューターiTunesに接続することにより、大量のデータバックアップを作成することもできます。
1、macOS Catalina 10.15 を搭載した Mac では、Finderを開きます。macOS Mojave 10.14 以前を搭載した Mac または Windows パソコンでは、iTunesを開きます。付属の USB ケーブルでiPhoneをコンピュータに接続します。

2、これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作します。

3、iTunesの「概要/一般」オプションをクリックし、「バックアップ」タブの下にある「今すぐバックアップ」ボタンを見つけてクリックし、バックアップが完了するまで待ちます。 個人情報を暗号化する必要がある場合は、「ローカルのバックアップを暗号化」を選択できます。

バックアップを暗号化しバックアップする

2.iPhoneデータを完全に消去する方法

方法1:Renee iPassFixで初期化する

サードパーティの復元ソフトRenee iPassFixを使用して、iPhoneを初期化し、誰もiPhoneの個人データにアクセスまたは復元できないようにすることを強くお勧めします。さらに重要なことは、ワンクリックでiPhoneを初期化できるだけでなく、復元プロセス中にシステムのさまざまな問題を修復できることです。

Renee iPassFixとは何ですか?

Renee iPassFixは、多機能なiOSシステム修復ソフトウェアであり、リンゴループ、繰り返し起動、デバイスの異常、黒い画面など、さまざまな種類のiOSシステムの問題を簡単に解決できます。iPhone / iPad / iPod TouchなどのさまざまなAppleデバイスに適用可能。一方、iOSデバイスのロック解除も役立ちます。

Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
iPhoneを初期化する方法:
① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「完全修復(全てのデータが消去される)」にチェックを入れ、「修正」ボタンをクリックします。

完全修復

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。データが完全に消去されます。

修復完了

Renee iPassFixでデータを消去した後、データが再び復元されるリスクを心配することなく、iPhoneを大胆かつ安全に売却または譲渡できます。

方法2:設定からすべてのコンテンツと設定を消去

もちろん、他のデータ消去方法もあります。 たとえば、デバイスからデータと設定を消去します。
デバイスを開き、「設定」-「一般」-「リセット」を見つけ、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、デバイスの指示に従ってデバイスのすべてのコンテンツを消去する必要があるかどうかを再確認し、最後に「OK」を選択し、デバイスの初期化を完了します。

すべてのコンテンツと設定を消去

注意:このiPhoneを破棄する場合は、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。 デフォルトの設定に戻したいだけで、データやマルチメディア素材を削除したくない場合は、「すべての設定をリセット」を選択してください。

方法3:iTunesでiPhoneを復元

iTunesを使用したiPhoneを復元方法も便利な方法ですが、場合によっては、iPhoneのパスワードを忘れて画面のロックを解除できない場合は、iTunesを使用してiPhoneデータを完全に消去することもできます。 ただし、この操作ではiPhoneを「リカバリモード」にする必要があり、操作はより複雑でエラーが発生しやすくなります。
1、iPhoneをコンピューターに接続します。 (iTunesが最新バージョンに更新されていることを確認してください)

2、接続中にiPhoneをリカバリモードにします。 (詳細については、iPhoneリカバリモードの開始・解除方法を参照してください)

3、iTunesウィンドウが表示されたら、「iPhoneを復元」ボタンをクリックします。 iPhoneを工場出荷時の設定にリセットし、内部データを完全に消去できます。

iPhoneを復元

方法4:iPhoneをリモートで消去

iPhoneをお持ちでない場合は、「iPhoneを探す」機能を使用してリモートでリセットすることもできます。 ただし、iPhoneでこの機能がオンになっている場合のみ利用できます。 具体的な手順は次のとおりです。
① iCloudサイトをひらき、Apple IDとパスワードを入力します。

icloudログイン

②「iPhone を探す」で「すべてのデバイス」を選択し、対象のデバイスを選択します。

③「iPhone の消去」をクリックします。

iPhoneの消去

方法5:iPhoneストレージを上書きしてデータ復元を防止

上の方法でiPhoneを復元した後、脱獄後にソフトウェアツールを使用して個人データを深く復元されることが心配な場合、もう一つの方法があります。

ビデオ機能を使用して、役に立たないビデオを大量に撮影するか、iPhoneのメモリがいっぱいになるまで、無関係なデータを大量に追加してから、再び復元します。 これの目的は、iPhoneが脱獄された後の内部メモリの深いスキャンを回避することです。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...