author avatar
  サポートマネージャー  

概要

通常、64 bitアプリを32 bitで実行することはできません。 Windows 32 bitシステムを使用しているが、64 bitアプリを32 bitシステムで動かす場合は、この記事の方法を参照できます。



64 bit アプリ を 32 bit で 動かす

一、32bitと64bit
32 bit システムは32 bit CPU用に設計されています。CPUの内部レジスタとアドレス指定バスは32ビットであり、命令セットは32ビットデータ命令を実行できます。

64 bit システムは、64 bit アーキテクチャのPC用に特別に設計されたオペレーティングシステムです。このオペレーティングシステムの利点は、64ビットプロセッサを利用して、マルチメディアコンテンツを処理する際のパフォーマンスを向上できることです。PCアーキテクチャでは、64ビット整数、メモリアドレス、またはその他のデータユニットは、最大64ビット(8バイト)幅であることを意味します。

32 bit と64 bit システムと比較すると、元の設計意図に加えて、構成要件、計算速度、および機器のアドレス指定機能が異なります。つまり、64 bit システムでは、64 bit システムの利点を最大化するために、64 bit ハードウェアのサポートと64 bit ソフトウェアの支援が必要です。

一般的に、32 bit プロセッサは64 bit CPU用に設計されたシステムを実行できず、64 bit アプリもサポートしていません。32 bit CPUは、32 bit システムおよび32 bit システム用に設計されたアプリのみを実行できます。64 bit システムは、32 bit システムと32 bit アプリをサポートできます。したがって、32 bit システムに64 bit アプリをインストールして実行する場合は、特定の方法を使用する必要があります。

二、64bit用アプリを32bitシステムで動かす方法

1、Windowsシステムを32bitから64bitにアップグレード

システムアップグレードの前に、まずハードウェアが64 bitを対応しているかを確認してください。プロセッサー、CPU、ドライバーなどと64 bit システムと互換性があると、アップグレードできます。

1)PCが64 bitと互換性あるかを確認する

a、PCと64 bitと互換性あるかの確認
① [ スタート ] – [ Windows 管理ツール ] – [ システム情報 ] をクリックします。

システム情報

②「 システム情報 」 画面が表示されます。システムの種類を確認してください。x64ベースPCである場合、64bitを対応します。x86ベースPCである場合、64bitを対応しません。

x64ベースPC

b、RAMとプロセッサがWindows 64bitを対応するかの確認

① 左下のスタートボタンを右クリックし、表示された「クイック リンク」メニューから[システム]をクリックし、バージョン情報を確認します。実装RAMが2GB以上である必要があります。2GBより小さい場合、64bitを対応しません。

② システムの種類はx64ベースプロセッサである場合、64bitを対応します。

バージョン情報

c、ドライバーの互換性の確認

プロセッサのほか、グラフィックスやサウンドカード、ディスクドライバなど、64 bitバージョンのWindowsシステムと互換性があるかも確認する必要があります。 32 bitのWindows 10を実行しているが、PCのハードウェアが新しい場合は、64 bitバージョンのドライバーと互換性がある可能性があります。 デバイスの製造元のWebサイトで、64 bitドライバーと互換性あるかを確認してください。PCが64 bitステムと互換性があることを確認したら、64 bitにアップグレードできます。

2)システムを64 bitにアップグレードする

ここでは、Windows 10を例として、32 bitから64 Bitにアップグレードする方法を紹介します。

① Microsoftの公式Webサイトにアクセスして、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしします。

メディア作成ツールをダウンロード

② 8GB以上USBメモリを接続して、[別のPCのインストールメディアを作成する]を選んで先へ進めます。

別のPCのインストールメディアを作成する

③ Windows 10の言語やエディション、アーキテクチャ、64ビットを選択します。Windows10をインストールします。

言語やエディション、アーキテクチャ、64ビットを選択

2、仮想マシンで64bit版アプリを動かす

仮想マシンを使用すると、システムを変更せずに、32 bitシステムを保持しながら、64 bitアプリを動かすことができます(ここでは、VMwareマシンを例として取り上げます)。VMwareマシンで64 bitシステムを実行し、すべての64 bit用アプリをインストールして実行できます。手順は次のとおりです。

① 仮想マシンを選択してインストールします。 VirtualBox、VMware Player、VMware Fusion、ParallelsDesktopなどから選択できます。

② 64 bitのWindows ISOファイルをダウンロードし、VMwareマシンを実行します。

③ 64 bitバージョンのシステムをインストールし、64 bitシステムをインストールするようにハードドライブを設定します。指示に従って、インストールを完了します。

④ システムをインストールした後、VMware仮想マシンを再起動します。64 bitのアプリをダウンロード、インストール、実行できます。

VMware仮想マシン

以上は、32 bitシステムでの64 bitアプリを動かす2つの方法です。方法1を使用する場合は、正式なアップグレード操作の前に、プロのバックアップソフトRenee Beccaを使用してシステムをバックアップすることをすすめます。アップグレードするで問題が発生した後、システムバックアップでシステムを復元できます。

三、Renee Beccaでシステムをバックアップする

1、Renee Beccaとは?

Renee Beccaは強力なデータバックアップソフトです。写真、動画、ドキュメント、アプリなど全てのファイルをバックアップでき、処理速は速く、操作も簡単です。初心者も簡単に利用できます。ディスクのクローンとシステムの移行もできます。システム/パーティション/ハードディスクのバックアップ・クローンをが可能です。Windows 10/ 8.1/ 8/ 7/ Vista/ XPなどのシステムも対応します。
おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速なバックアップ・復元ソフト クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

初心者向け 誰も簡単に操作でき、最大3000MB/分の速度で高速処理可能。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

バックアップ方式 差分/増分バックアップで、時間とスペース節約。

先進技術 VSS技術を利用し、操作しながらバックアップ可能。

動作環境 Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP対応。

初心者向け 誰も簡単に操作でき、最大3000MB/分の速度で...

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーン...

差分/増分バックアップで、時間とスペース節約。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

2、Renee Beccaでシステムをバックアップする方法

Renee Beccaでシステムをバックアップするには、非常に簡単です。

① Renee Beccaをダウンロードしてインストールし、起動します。

システムのバックアップ

②「バックアップ」-「システムのバックアップ」をクリックします。 ソフトウェアは、バックアップ先を選択します。「バックアップスキーム」をクリックし、バックアップスキームを選択します。

システムバックアップ

Renee Beccaは5つのバックアップスキームを提供します。

  • バージョンチェーンスキーム:5つの差分バックアップバージョンが保存され、新しいバックアップバージョンを作成後自動的に最も古い差分バックアップバージョンが削除されます。
  • 単一バージョンスキーム:最新バックアップバージョンのみが保存され、バックアップの完了後前のバージョンが自動的に削除されます。
  • 完全モード:完全バックアップを作成します。
  • 増分モード:前回のバックアップより増えたもののみバックアップするということです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
  • 差分モード:毎回バックアップする時は初回バックアップと比較し、差の分のみをバックアップすることです。初回バックアップは完全のバックアップをします。

③ 自動バックアップスケジュールを作成することもできます。「オン」をクリックし、バックアップ時間を指定します。設定完了したら、「今すぐバックアップ」ボタンをクリックします。システムをバックアップするには、システムバックアップ方法を参照してください。

バックアップスケジュール

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...