author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows 10を使用している場合、起動できない、起動の遅延、操作が遅い、ブルースクリーンなどの不具合が発生したら、どうしたらいいでしょうか?この記事は、さまざまなWindows10の修復方法をまとめました。



Windows 10でパソコンの動作が不安定になった場合、例えば、システム障害、動作異常、起動できないなどの問題が発生したら、どうしたらよいでしょうか?パソコンを長期間使用すると、さまざまな不具合が発生しやすくなります。なお、ソフトが多くインストールされるほど、システムファイルの損傷、バージョンの互換性の問題が発生する可能性が高くなります。システムが突然クラッシュしたり、ブルースクリーンになったりすることもよくあります。 次にWindows10の修復方法を10個紹介します。

一、Renee PassNowでWindows 10を修復する

Windows10が正常に起動できない、ブルースクリーンになった、繰り返し再起動などの状況になったら、Renee PassNowのシステムエラー修復ツールを利用して修復できます。DBRエラー、ブラックスクリーン、ブルースクリーン、0xc00000e winloadなどWindowsのエラーを修復できます。

Renee PassNow - 強力なシステム修復ソフトPCフォーマット

システム修復ブルースクリーン、MBR修復、0xc00000eエラーなどを修復可能。

汎用性高いノートPC、デスクトップ、Surface対応。NEC,Dell,富士通,東芝,Lenovo,SONY,ASUS,Acer,IBM, パナソニック対応

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、管理者アカウント作成、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹消。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

Windowsを修復する

Renee PassNowでWindows10エラーを修復するには、非常に簡単です。次に手順を紹介します。

操作手順:
① 別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

② USB / CDを挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。 次に、データ転送したいのコンピューターにUSB / CDを接続します。

起動ディスク作成

③ 作成したレスキューUSB / CDをターゲットコンピュータに接続します。

挿入したUSBメモリー

④ コンピュータを起動し、ショートカットキーでBIOS設定に入り、起動ディスクを起動順番の一番に設定し、設定を保存してPCを再起動します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

⑤ 起動ディスクから起動したら、言語を選択し、インターフェースで「Windows回復」ボタンを選択し、「実行」をクリックします。

Renee PassNowのwindows回復機能

⑥「MBRにCHSパラメータを修正しました」を選択し、ハードドライブを選択して “Fix MBR”をクリックします。MBR修復が成功したら、コンピュータを再起動します。

MBR修復機能

Windows修復以外、Renee PassNowはデータ復元、データ移行、Windowsパスワード削除、アカウント新規作成などの機能もあります。

データを復元する

Windowsパソコンが不具合が起きた場合、データが失われる可能性があります。Renee PassNowで失われたデータを復元できます。

操作手順:
① 上の方法で起動ディスクを作成し、パソコンに挿入します。

② 起動ディスクからPCを起動させ、「Undeleter」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ復元機能(Renee Undeleter)

③ データ復元機能の画面が表示され、「パーティションの完全スキャン」を選択してください。

メインメニュー

④ スキャンが完了したら、欲しいファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。

ファイルをプレビュー・復元します

データを移行する

重要ファイルを守るために、windows10を修復する前に、データを安全な場所に移行したほうが良い。
操作手順:
① 起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

⑧ データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

PC起動しないデータ移行手順

Windowsログインパスワードを削除する

Windowsのログオンパスワードを忘れた場合、Renee PassNowも役に立ちます。
操作手順:
① 上の方法で起動ディスクを作成し、パソコンに挿入します。

② 再起動したら、「PassNow!」を選択します。

Renee PassNowメニュー

③ システムを選んで、アカウントを選択して「パスワードを削除」をクリックしてパスワードを削除します。

パスワードを消去

④ 管理者アカウントを新規作成できます。「アカウントを作成」をクリックし、管理者アカウント「RENEE」(パスワード:123456789)を作成することも問題を解決できます。

アカウントを作ります

サードパーティーのシステムレスキューソフトでWindows10を修復するほか、Windows回復環境もWindows10を修復できます。

二、Windows回復環境(WinRE)でWindows 10を修復する
Windows回復環境(WinRE)は、デフォルトでシステムパーティションの前の隠しパーティションにインストールされ、Windowsが起動できないなどの重大な不具合を診断および修復するために利用できます。WinREには、システムの復元、コマンドプロンプト、イメージでシステムを回復、スタートアップ修復、PCを初期状態に戻すなどのユーティリティツールがあります。回復環境を使用すると、サードパーティのツールを使用せずに、システムの修復、復元、初期化、再インストールなどの一連の操作を完了し、システム障害のほとんどを迅速に解決できます。 WinREは他のメディアにインストールでき、Windows回復メディア(HDD/ USBメモリ/ CD)を作成することにより、システムに障害が発生したときにこのWindows回復メディアを利用して修復できます。

Windowsが正常に起動できない場合、HDDの損傷、システムファイルの損傷、またはシステム更新中のエラーが原因である可能性があります。次にWindows回復環境で修復する方法を紹介します。

Windows 回復環境(WinRE)に入る方法。

  • 電源ボタンを押してPCをシャットダウンし、Windowsロゴが表示されたらすぐに電源ボタンを押して、これを3回繰り返すと、3回目の再起動後に自動的にWindows回復環境に入ります。
  • ログイン画面で[電源]ボタンをクリックし、Shiftキーを押しながら[再起動]を選択します。
  • Windows 10で設定をクリックし、[更新とセキュリティ]> [回復]をクリックし、[PCの起動をカスタマイズする]の下の[今すぐ再起動]をクリックします。
  • Windowsリカバリメディアを事前に作成しておいた場合は、リカバリメディアから起動できます。
上の方法でWindows回復環境に入ったら、 [トラブルシューティング]> [詳細オプション]をクリックします。複数の修復ツールが表示されます。

トラブルシューティング

方法一:システムの復元

システムの復元機能は、Windows XPバージョンから登場し、Windowsを以前の時点(システムの復元ポイント)に復元できます。新しいアプリやドライバーをインストールする、または手動で復元ポイントを作成すると、新しい復元ポイントが生成されます。システムの復元機能を使用しても個人用ファイルには影響しませんが、復元ポイントの生成後にインストールされたアプリ、ドライバー、およびシステムの更新は削除されます。システムの復元を使用するには、コンピューターでシステム保護がオンになっているか、手動で復元ポイントを作成する必要があります。

①「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「システムの復元」をクリックします。

システムの復元

② 既存の復元ポイントを選択し、「次へ」をクリックします。

復元ポイントの一覧から希望するポイントを選択し、 [ 次へ ] をクリックします。

方法二:イメージでシステムを回復

イメージでシステムを回復は完全なシステムの復元で、システムイメージファイルには、Windowsシステム、システム設定、個人用ファイル、アプリ、プログラム設定など、Windowsの操作に必要なすべてのデータが含まれます。イメージでシステムを回復機能を使用する前に、イメージファイルを外部ストレージデバイスに保存することをすすめます。イメージファイルサイズが大きいので、ストレージデバイスに十分な容量があることを確認してください。HDDまたはPCが不具合が出て機能しない場合は、イメージファイルを使用してPCを丸ごと復元できますが、指定のファイルのみの復元はできません。
① システムイメージファイルを保存されたディスクをパソコンに接続します。

② Windows回復環境に入り、「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「イメージでシステムを回復」をクリックします。

イメージでシステムを回復

③ 再起動したら、アカウントを選択し、パスワードを入力し、「続行」をクリックします。パスワードがない場合、直接「続行」をクリックします。

④ システムイメージバックアップを選択します。デフォルトでは「利用可能なシステムイメージのうち最新のものを使用する」が選択されています。他のイメージを選択する場合は「システムイメージを選択する」を選択します。「次へ」をクリックします。

システムイメージバックアップの選択

⑤ システムイメージを確認し、「完了」をクリックすると、システムイメージからの復元がはじまります。完了まで待ちます。

方法三:スタートアップ修復

Windows 10が起動できない場合は、「スタートアップ修復」を使用してシステムの問題を修正してみてください。スタートアップ修復は、自動的に不具合原因の検知を行い、必要な修復が実行できます。ウイルス感染によりコンピューターを起動できない場合、スタートアップ修復は適しません。他の方法を利用してみてください。
「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「スタートアップ修復」をクリックします。

スタートアップ修復]

方法四:コマンドプロンプト

Windows回復環境に入ったら、コマンドプロンプトから他のツールやバッチファイルを実行して、システム管理などを実行できます。この方法は、コマンドに詳しいユーザーに適しています。コマンドプロンプトウィンドウで、マスターブートレコードファイルの修復、レジストリの変更、破損したシステムファイルの修復、パーティションのバックアップと管理などの操作を実行できます。ただし、コマンドプロンプトを使用するには、管理者アカウントにログインする必要があります。
「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」をクリックします。パスワード入力が求められたら、Windows10ログインぱすを入力します。

コマンドプロンプト

操作手順:
1、システムファイルのスキャンと修復

「sfc /scannow」を入力し、Enterキーを押します。スキャンと修復が始まります。時間がかかる場合があります。

「sfc /scannow」を入力する

2、BCDを再構築、MBRを修復

Windowsの起動に失敗した場合は、BCD(ブート構成データ)を再構築し、マスターブートレコードファイルを修復してみてください。次のコマンドを1つずつ実行して、MBR(マスターブートレコード)を修復し、BCDを再構築できます。

  • bootrec /fixmbr
  • bootrec /fixboot
  • bootrec /rebuildbcd

ブート修復

修復完了後、パソコンが正常に動作するかを確認してください。

3、chkdskを実行
ディスクエラーはWindows10システム障害の一般的な原因であるため、ディスクエラーをチェックすることは、システムエラーを修復するための方法の1つです。「chkdsk / r」コマンドを実行すると、chkdskはディスクをスキャンして論理エラーと不良セクタを検出します。不良セクタが見つかった場合、chkdskは不良セクタを自動的に修復しますが、ディスクのデータが失われる可能性があります。C:ドライブをチェックする場合、コマンドプロンプトに「chkdsk / r c:」を入力します。

chkdsk /r c:を入力する

方法五:PCを初期状態に戻す

この操作は、PCを初期状態状態に戻し、ディスクの消去を実行します。完全な再インストールではなく、非表示の回復パーティションのWIMイメージから工場出荷状態に戻すものです。 Windows回復環境の[PCを初期状態に戻す]機能は、工場出荷時の設定に戻し、ディスクを完全に消去するか、個人ファイルを削除しないかを選択できます。

「トラブルシューティング」>「PCを初期状態に戻す」をクリックします。

セーフモードのトラブルシューティングというページでPC を初期状態に戻す

「ファイルの削除のみを行う」または「ドライブを完全にクリーンアップする」をクリックします。完全にクリーンアップすると、時間がかかる場合があります。あとは指示によって操作します。

ファイルの削除にのみを行う

三、システムを再インストールしWindows 10を修復する
上の方法もWindows10システムエラーを修復できない場合、Windows10を再インストールしてみてください。再インストールする前に、パソコンのデータを移行またはバックアップする必要があります。パソコンがすでに起動できない場合、Renee PassNowでデータ移行できます。パソコンはまだ起動できる場合、安全高速なバックアップ・復元ソフトでデータをバックアップできます。データのバックアップが完了したら、次の手順でWindows10を再インストールできます。
手順1:インストールメディアを作成する
操作手順:
① Microsoftの公式Webサイトから製品ファイルをダウンロードする必要があります。Webページにアクセスし、「今すぐツールをダウンロード」をクリックします。

Windows 10 のインストールメディア

② ダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックして、ライセンス条項と契約に「同意する」をクリックします。

インストールディスク-1

③ インストールディスクを作成するには、[別のコンピューターのインストールメディアを作成する(USBフラッシュ、、DVD、またはISOファイル)]を選択し、[次へ]をクリックします。

インストールディスク-2

④ Windows 10システムの言語、エディション、アーキテクチャ(64ビットまたは32ビット)を設定し、「次へ」を選択します。「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックマークを付けて自動的に選択します。

インストールディスク-3

⑤ USBフラッシュドライブを作成するには、「USBフラッシュドライブ」を選択して「次へ」をクリックします。 指示に従って、インストールメディアの作成を完了します。

インストールディスク-4

手順2:インストールメディアを使用してWindows 10を再インストールする
操作手順:
① 作成したインストールメディアをPCに挿入し、シャットダウン状態で挿入することをお勧めします。

注意: デスクトップまたは一体型PCは背面のUSBインターフェイスに接続する必要があり、ノートパソコンはUSB 2.0インターフェイスに接続することをすすめます。

② PCを再起動します。PCがUSBから自動的に起動しない場合は、BIOSまたはUFFI設定で起動順序を変更する必要があります。ブートメニューを開くには、通常、電源を入れた直後に特定のキーを押す必要があります。(機種によって違うが、大体F2、F12、Delete、FSCのどちらです。マザーボードによって異なる場合があります。BIOSに入る方法を参照してください。)

ブート順序を変更

③ Windowsのインストールページで、言語、時間、キーボードの設定を選択し、[次へ]> [今すぐインストール]をクリックします。システムの再インストール中に、複数回再起動します。

インストール設定

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...