author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

UEFIは、オペレーティングシステムとプラットフォームファームウェア間のソフトウェアインターフェイスとして、主にPCの起動を支援するために使用されます。 この記事は、Windows11/10/8/7のブートに失敗した場合、UEFIブートの修復方法を紹介します。なお、PC起動できない時のデータ転送または復元する方法も紹介します。



window 10 uefi 修復

一、UEFIとは?BIOSとの違いは?

UEFIは、Unified Extensible Firmware Interfaceの略称で、拡張可能で標準化されたUnified Firmware Interface仕様です。モジュール化、動的リンク、およびC言語スタイルの定数スタック転送方式を採用してシステムを構築します。従来のBIOSの複雑な16ビットアセンブリコードを利用せず、オペレーティングシステムとシステムファームウェア間のソフトウェアインターフェイスを定義するパーソナルコンピュータシステムの仕様。

BIOS(Basic Input Output System)は、基本入出力システムです。これは、PCのマザーボード上のROMチップに統合されたプログラムのセットであり、最も重要な基本的な入力および出力プログラム、セルフチェックプログラム、および起動後のシステムセルフスタートプログラムを保存します。CMOSからシステム設定固有の情報を読み書きできます。業界標準のファームウェアインターフェイスとして、その主な機能は、コンピューターに最も基本的で直接的なハードウェア設定と制御を提供することです。

UEFIは、初期化と起動に関するすべての情報を.efiファイルに保存するため、BIOSセルフテストプロセスをスキップしてオペレーティングシステムを直接起動できます。このファイルは、ファームウェアではなく、システムブートローダーとともにEFIシステムパーティションに保存されます。そのため、UEFIはより高速に起動できます。

Tips ブートモードはUEFIとBIOSに分けられますが、多くのユーザーがまとめてBIOSと呼んでいます。この2つをさらに区別するために、現在UEFIファームウェアをUEFI BIOSと呼んでいるユーザーもいますが、BIOSはLegacy BIOS(従来のBIOS)と呼ばれています。
Windoes 10 UEFIブートの問題がある場合、最初に考慮すべきことは、ブートディスクのパーティション形式がUEFIと一致するかどうかです。通常、UEFIに対応するハードディスクパーティションフォーマットはGPTであり、BIOSに対応するハードディスクパーティションフォーマットはMBRです。UEFIブートモードを使用する場合は、システムハードディスクの初期化時にGPTパーティション形式を選択する必要があります。UEFI BIOSを使用しているが、システムのハードディスクがMBRとしてパーティション化されている場合は、UEFI BIOSでレガシブートブートモードを有効にする必要がります。操作手順を表示するには、ここをクリックしてください

起動モードがシステムハードディスクのパーティション形式と一致していることを確認した後、まだ起動の問題がある場合は、次の方法を参照して修正できます。

二、Windows 11/10/8/7でUEFIブートを修復するには?

1、Windowsスタートアップ修復を実行する

Windowsのスタートアップ修復は、Windowsの読み込みを妨げる問題を修正し、欠落または破損したファイルを置き換えます。次にスタートアップ修復の詳細な手順を紹介する例としてWindows10を取り上げます。 Windows 7のスタートアップ修復については、ここをクリックしてください

① Windows 10インストールディスク(DVDまたはUSB)をPCに挿入します。起動時に、F2またはF10またはDELまたはESCキー(メーカーによって違います)を連打し、BIOS設定インターフェイスに入り、最初の起動デバイスをWindowsインストールディスクに設定してから設定を保存し、PCを再起動します。インストールディスクからWindowsを起動し、[コンピューターを修復する]オプションを選択して、回復環境に入ります。

コンピューターを修復する

② 回復環境に入った後、[トラブルシューティング]>[詳細オプション]>[スタートアップ修復]を選択します。 Windowsスタートアップ修復が完了したら、PCを再起動して、問題が解決したかを確認します。

スタートアップ修復

2、コマンドでUEFIブートローダーを修復する

次に、Windows11/10/8/7システムに適したUEFIブートローダーを修復する方法を説明します。

WindowsインストールメディアをPCに接続し、インストールメディアをUEFI BIOSの最初のブートデバイスとして設定し、設定を保存してPCを再起動します。起動したら、[コンピューターを修復する]を選択します。

② [コマンドプロンプト]オプションを呼び出します。方法はシステムのバージョンによって異なります。次の手順を参照してください。

  • Windows7:オペレーティングシステムを選択し、[次へ]をクリックします。メニューから[コマンドプロンプト]を選択します。
  • Windows8/8.1:[トラブルシューティング]を選択し、メニューから[コマンドプロンプト]を選択します。
  • Windows10:[トラブルシューティング]>[詳細オプション]>[コマンドプロンプト]を選択します。

コマンドプロンプト

③ 次のコマンドを入力して実行します。各コマンドを入力したら、[Enter]キーを押してください。

  • [Diskpart]
  • [List disk](PC内のすべてのディスクを一覧表示します)ディスクが1つしかいない場合、このステップををスキップします。
  • [select disk 0](ディスク0を選択)ディスクが1つしかいない場合、このステップををスキップします。
  • [list volume](ディスク0のすべてのボリュームをリストします)

ボリュームリストで、通常はシステムディスク上にある約100MBのサイズのEFIパーティションを見つける必要があります。ファイルシステムはFAT32です。下の図に示すように、ボリューム2は私たちが探しているEFIパーティションです。次のコマンドを入力し、各コマンドの後で[Enter]キーを押してください。

  • [select volume 3](3はEFIパーティションのボリューム番号です)
  • [assign letter=R(このパーティションを修復するためにドライブ文字Rを割り当てます。これは、実際の状況に応じて他の文字に置き換えることができます)
  • [exit](終了します)

Windows11/10/8/7でUEFIブートを修復

④ コマンドプロンプトからブートレコードの修復に進み、次のコマンドを1つずつ入力して実行します。

  • [cd /d R:\EFI\Microsoft\Boot\](Rは、EFIボリュームに割り当てられたばかりのドライブ文字を指します)
  • [bootrec/FixBoot]

⑤ BCDを再構築します。次の手順は、すべてのオペレーティングシステムで同じです。最初に[ren BCD BCD.old]コマンドを実行して古いBCDをバックアップし、次に[bcdboot C:\Windows /l zh-cn /s r: /f ALL]と入力してBCDを再構築します。 すべてが完了したら、Windowsインストールメディアを取り外し、PCを再起動して、問題が解決したかを確認します。

コマンドの説明:

  • C:Windowsシステムがインストールされている場所を指します。 システムをDドライブにインストールすると、CをDに変更します。
  • /s r: /f ALLで、/ sはシステムパーティションのボリューム番号を指定し、rはEFIボリュームに割り当てる文字であり、実際の状況に応じて変更できます。 / fはファームウェアタイプを指定します。/fの後にALLを指定すると、BCDBootはALLディレクトリとEfiMicrosoftBootディレクトリの両方を作成し、BIOSとUEFIに必要なすべてのブート環境ファイルをこれらのディレクトリにコピーします。
TipsBCDBootコマンドの詳細については、Microsoftの公式サイトで手順を参照してください。

以上は、Windows11/10/8/7でUEFIブートの問題を修正する方法です。上のいずれの方法でも問題が解決せず、システムを起動できない場合は、専門のシステムレスキューツールを使用して、PC内の重要なファイルを転送または復元してから、メンテナンスまたはその他の修復操作を実行できます。

三、起動できない時、Renee PassNowでデータを復元/転送する

1、Renee PassNowとは?

Renee PassNowはプロのシステムレスキューソフトです。忘れたWindowsログインパスワードを解除したり、管理者アカウントを新規作成したり、失ったデータを復元したり、データを他の場所に移行したり、ディスクを消去したりできます。なお、このソフトは、MBRブートレコード、DBRエラーパラメータ、0xc00000e、Windowsシステムの起動エラー、および黒画面またはブルースクリーンを引き起こすいくつかの問題などのWindowsシステムの問題の修復もサポートしています。Windows 11/10/8.1/8/7/XP/Vistaなど複数のシステムを対応します。
おすすめ - ADsRenee PassNow - PC起動しない時のデータ救出 システムレスキューソフトRenee PassNow

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

2、起動できない時、Renee PassNowでデータを復元/転送する方法

Windowsが起動できない場合、Renee PassNowで起動ディスクを作成し、その起動ディスクでパソコンを起動して、重要なデータを復元または転送できます。

① 別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

② USB / CDを挿入して、「USB/ CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。 次に、データ転送したいのコンピューターにUSB / CDを接続します。

起動ディスク作成

③ コンピューターを再起動し、BIOS / UEFIで起動順序を変更して、CDまたはUSBから起動します。 (BIOSで起動順序を変更する方法については、USBまたはCD/DVDからコンピューターを起動する方法を参照してください)。 ブート順番を変更したら、F10キーを押して変更を保存し、コンピューターを再起動します。

設定を保存し、終了します。

④ WinPE起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

⑤ データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。

PC起動しないデータ移行手順

⑥ データが失われた場合、「Undeleter」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ復元機能(Renee Undeleter)

⑦ データ復元機能の画面が表示され、「ディスクの完全スキャン」を選択します。

メインメニュー

⑧ スキャンが完了したら、欲しいファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。

ファイルをプレビュー・復元します


Loading comments...