author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhoneユーザーの場合、iOSシステムの更新はよく行われますが、更新中にリカバリモードになって文鎮化する可能性があります。この記事は、アップデートでリカバリーモードになって文鎮した際の対策を紹介します。



一、リカバリモードでになり文鎮化する原因

iPhoneシステムの安定性とセキュリティを強化するために、Appleは多くの場合、過去のセキュリティ脆弱性を修復し、より機能的な体験をもたらすために新しいシステムバージョンをリリースします。 一部のiPhoneユーザーは、システムをアップデートするときにリカバリモードになり文鎮化する場合があります。では、リカバリモードとは何ですか? この問題の原因は何ですか?

リカバリモードになり文鎮化発生

1. リカバリモードとは?

リカバリモードは、実際にはiBootの障害保護であり、通常、iPhoneを復元するためにオペレーティングシステムの新しいバージョンが必要な状況で使用されます。 iPhoneシステムに何らかの不具合があり、正常に動作しない場合、またはiTunesを介してアップデートできない場合、リカバリモードが機能します。 さらに、リカバリモードでデバイスのトラブルシューティングを行うことができます。

. リカバリモードになる原因

  1. システムファームウェアが比較的大きく、送信中のネットワークまたは機器の問題により文鎮化している可能性があります。
  2. 間違ったキーを誤って押した場合、リカバリモードに入ることはできませんが、終了することもできません。
  3. iPhoneを脱獄して失敗しました。

二、アップデートでリカバリモードになり文鎮化が発生したときの対処法

1. iPhoneを再起動

誤って押してリカバリモードに入ったiPhoneの場合、再起動するだけで問題をすばやく解決し、リカバリモードを終了できる場合があります。 お持ちのモデルに応じて、対応する操作方法を選択してください。

  • iPhone 8以降:音量を上げるボタンを押してすぐに離します。 音量を下げるボタンを押してすぐに離します。 Appleロゴが表示されるまで、サイドボタンを押し続けます。
  • iPhone 7、iPhone 7 Plusモデル:Appleロゴが表示されるまで、サイド(またはトップ)ボタンと音量を下げるボタンを同時に押し続けます。
  • iPhone 6s以前:Appleロゴが表示されるまで、サイド(またはトップ)ボタンとホームボタンを同時に押し続けます。

iPhone再起動

デバイスを再起動しても、iPhoneがまだリカバリモードのままになっている場合は、以下の方法をご覧ください。

2. iPhoneを修復

デバイスを再起動しても問題が解決しない場合は、iPhoneデバイスが誤動作している可能性があります。Renee iPassFixを使用すると、繰り返し起動、デバイスの異常、フリーズ、黒い画面など、iOSシステムのさまざまな問題を簡単に解決できます。さらに、iOSデバイスのロックを解除し、画面のパスワードをロックするのにも役立ちます。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。

修復完了

ヒント:デバイスを修復した後もiPhoneがリカバリモードのままになっている場合は、iPhoneのバックアップがある場合、ソフトウェアで[完全修復]機能を選択できます。 この機能により、iOSデバイスをより完全に修復し、さまざまな問題を解決できます。 バックアップがない場合、[完全修復]機能はすべてのデータを消去します。注意して使用してください。

3. iOSを再インストール

  1. 最新バージョンのiTunesをコンピューターにインストールします。 iTunesがすでにインストールされている場合は、ソフトウェアの更新を確認してください。
  2. ケーブルを使用して、iPhoneをコンピューターに接続します。「アップデートまたは復元を必要としているiPhone“デバイス名”に問題があります。」のメッセージが表示されるはずです。

    アップデートまたは復元を必要としているiPhone“デバイス名”に問題があります。

  3. [アップデート]をクリックしてiOSを再インストールし、個人データを保持します。 アップデート後に問題が解決しない場合は、2番目の手順を繰り返して[復元]を選択してください。([復元]をクリックして、すべてのiPhone設定とコンテンツを消去します)。

三、iPhoneアップデート時の注意事項

システムのアップデート時にさまざまなエラーが発生する可能性があるため、システムアップデート操作を実行する前に、次の準備を行うことをお勧めします。

  1. iPhoneデバイスに十分な電力があることを確認します。
  2. 解凍されたファームウェアをアップデートするのにiPhoneに十分なストレージスペースがあることを確認します。
  3. ネットワークの正常な接続を確保するには、安定したWiFiに接続してファームウェアを更新およびダウンロードするのが最適です。
  4. システムを更新する前に、損失を避けるために電話の重要なデータをバックアップすることをお勧めします。
  5. 大規模のバージョン更新は、OTAアップデートを使用しないことをお勧めします。iTunes経由でのアップデートをお勧めします。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...