author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPadを使用中に、白い背景にアップルマークが表示されiPadが起動しない状況がありましたか?再起動すると、応答せずにまた同じ状況になりリンゴループになります。この記事は、iPadがリンゴループから復元する方法とiPadリンゴループの原因を説明します。



一、リンゴループとは?

リンゴループとは一般に、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスのソフトウェアまたはハードウェアの問題を指し、使用中または電源を入れたときにアップルマークが表示され起動しない状況です。バージョンによっては、白い背景に黒いリンゴまたは黒い背景に白いリンゴが表示されます。この場合、iPadユーザーはデバイスのiOSシステムにアクセスできず、タップアンドタッチ操作も実行できません。

iPadリンゴループ

二、iPadがリンゴループになる原因

1. システムアップデートエラーが原因でリンゴループになる

一般的に、iOSデバイスファームウェアの更新には、iPadでの直接ファームウェアアップグレード(OTAアップグレード)、iTunesでファームウェアアップグレード、iTunesファームウェアのリカバリ、およびDFUモードに入ってファームウェアを更新する4つの一般的な方法があります。 アップグレードプロセス中に、コンピューターの予期しないシャットダウン、iPadの予期しないシャットダウン、およびダウンロードされたファームウェアの不完全性により、リンゴループが発生する場合があります。これらの理由は、リンゴループ引き起こすより現れやすい理由でもあります。

2. 脱獄でリンゴループになる

iPadが脱獄されたとき、iOSシステムの整合性は既に破壊されていました。脱獄は脆弱性を悪用してiOSデバイスを変更したため、必然的にシステムバグを引き起こしました。 この状況は通常、iPadのゲームユーザーには表示されますが、この状況は回復するのが少し困難です。

脱獄とは何ですか?

iOSの脱獄は、Appleのオペレーティングシステムの最高のiOS許可を取得するために使用される技術的な方法です。この技術的手段を使用して最高レベルのiOSデバイス権限許可を取得できます。
ネットワークなどの制限をさらに解除することも可能です。

3. アプリの大量ダウンロードが原因のリンゴループ

APPストアからダウンロードしたアプリにも設計上の欠陥があり、実行中にiOSシステムがクラッシュし、iPadがリンゴループになる場合があります。

iOSデバイスでより一般的なソフトウェア形式は、PXL、DEB、およびIPAです。 iPAソフトウェアは、Appleが提供する公式形式であり、理論上はリンゴループを引き起こしません。一部のPXLおよびDEBソフトウェアはシステム権限を必要とするため、システムファイルを変更し、リンゴループになる可能性が高くなります。

このようなPXLおよびDEBソフトウェアは、一般に壁紙ソフトウェア、不規則なゲームソフトウェア、システム美化・強化ソフトウェア、およびコミュニケーション強化ソフトウェアです。 言い換えれば、iPadにユーザーがインストールしたアプリがiOSシステムを変更する必要がある場合、または実行許可を取得する必要がある場合など、iPadにリンゴループが発生しやすいです。

さらに、多数のアプリをダウンロードすると、アプリとアプリの間で競合が発生する可能性があります。これは、リンゴループの理由の1つです。

4. システムファイルを誤って削除したために生じたリンゴループ

関連するiOSデバイスが脱獄されていない場合、ユーザーはファイルシステムファイル削除問題を心配する必要はありません。脱獄後のiOSデバイスのみがシステムファイルを変更または削除する権利を持っています。システムファイルが誤って削除された場合、リンゴループ現象が発生しやすくなります。

三、iPadをリンゴループから復元する方法

1.iPadを強制的に再起動

  • Face IDを搭載したiPadモデル:音量を上げるボタンを押してすぐに離します。 音量を下げるボタンを押してすぐに離します。 デバイスが再起動し始めるまで電源ボタンを押し続けます。
  • ホームボタン付きのiPad:ホームボタンと上部(または側面)ボタンを同時に押し続けます。Appleロゴが表示されるまで、両方のボタンを押し続けます。

iPadを再起動する

2.競合する可能性のあるアプリを削除

リンゴループの状況がアプリ間の競合またはiOSシステムとの非互換性に起因する場合、アプリを削除できます。

  1. iPadのホーム画面で、対応するアプリケーションアイコンを長押しすると、すべてのアプリケーションアイコンの左上隅に「X」削除アイコンが表示されます。
  2. iPadの繰り返し再起動と失敗を引き起こすアプリケーションの「X」アイコンをタップし、ポップアップダイアログボックスで「削除」を選択します。 これにより、問題のあるアプリがiPadから削除されます。

iPadからアプリを削除

3.Renee iPassFixで修復する

Renee iPassFixのデバイスの修復機能を使用して関連する問題を解決できます。なお、iPadのファイルデータは破損しません。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

4.iTunesリカバリモードで修復する

iPadのリカバリモードをオンにすることで、リンゴループの問題を解決できます。 この方法では、iPad上のすべてのデータが消去され、工場出荷時の状態に復元されることに注意してください。

  1. コンピューターにiTunesの最新バージョンをダウンロードし、iPadをケーブルでコンピューターに接続します。
  2. iPadのリカバリモードに入ります。
    • Face IDを搭載したiPadモデル:音量を上げるボタンを押してすぐに離します。 音量を下げるボタンを押してすぐに離します。 デバイスが再起動し始めるまで電源ボタンを押し続けます。 デバイスがリカバリモードに入るまで、電源ボタンを押し続けます。
    • ホームボタン付きのiPad:ホームボタンと上部(または側面)ボタンを同時に押し続けます。 リカバリモード画面が表示されるまで、両方のボタンを押し続けます。
  3. iTunesがリカバリモードのAppleデバイスを自動的に検出するまで待ちます。 [OK]をクリックして、iPadのリカバリモードに入ります。
  4. キーボードの「Shift」キーを押しながら「復元」をクリックし、対応するファームウェアを選択してシステムを復元します。

iPadを復元

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...