author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

セクタバイセクタクローンとは、セクタ単位をクローンし、クローン元とまったく同じくクローンできます。この機能がないと、クローン元に不良セクタがある場合、クローンはうまくできません。この記事は、セクタバイセクタ方式でクローンする方法を紹介します。ディスク不具合を修復する方法も紹介します。



セクタバイセクタクローン

一、セクタバイセセクタクローンとは?
セクターはハードディスクの最小のストレージユニットであり、各セクターは一定量のデータを格納します。不良セクタとは、特定の障害が原因で使用できないストレージメディア(ハードディスクやUSBメモリなど)のセクタを指します。

多くのクローン作成ソフトには、「セクター単位のクローン」(つまり、セクタバイセクタクローン)と呼ばれる機能があります。HDDまたはSSDのクローンを作成する場合、ハードディスク上のすべてのセクターデータをコピーします。不良セクターが検出された場合はスキップするため、クローン作成プロセス全体をスムーズに完了できます。

さらに、PCのシステムディスクをSSDに交換する場合、セクターごとのクローン作成機能により、Windowsシステムを再インストールせずにHDDからSSDに移行できます。セクタバイセクタクローンにより、ターゲットのハードディスクまたはパーティションがソースディスクまたはパーティションと同じ属性(つまり、ドライブステータス、パーティションサイズ、ドライブ文字、ボリューム数など)を維持できます。

二、Renee Beccaでディスクをクローンする

ハードディスクのクローン作成をサポートするソフトは数多くありますが、一部のソフトにはセクタバイセクタクローン機能がないため、多くのクローン作成プロセスを正常に完了できません。 次に、プロのクローンソフトRenee Beccaをすすめます。このソフトには、さまざまなクローン作成モードがあり、セクタセクタクローン機能もあります。

1、Renee Beccaとは?

Renee Beccaは強力なデータバックアップソフトです。写真、動画、ドキュメント、アプリなど全てのファイルをバックアップでき、処理速は速く、操作も簡単です。初心者も簡単に利用できます。ディスクのクローンとシステムの移行もできます。システム/パーティション/ハードディスクのバックアップ・クローンをが可能です。Windows 10/ 8.1/ 8/ 7/ Vista/ XPなどのシステムも対応します。
Renee Becca - クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールクローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

無料体験無料体験 26800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

2、セクタバイセセクタクローンを作成する方法

Renee Beccaはデフォルトでセクタバイセクタ方式でクローンします。不良セクタのあるHDDをクローンする操作は簡単です。

① Renee Beccaをダウンロードし、インストールします。Renee Beccaを実行し、「クローン」-「ディスクのクローン」をクリックします。

ディスクのクローンを選択します。

クローンモードの説明:

  • ディスクのクローン:選択したディスクとまったく同じようにコピーを作成します。ドラッグしてパーティションサイズを調整できます。システムディスクのクローンを作成して、変換後そのまま起動できます。
  • パーティションのクローン:選択したパーティションとまったく同じコピーを作成します。
  • システム移行:システムを別のディスクに移行できます。

② クローン元とうローン先を選択します。パーティションのサイズをドラッグして調整できます。「ターゲットディスクをブート可能にする」にチェックを入れます。「詳細を表示」をクリックして、「不良セクタを無視する」にチェックを入れます。「クローン」ボタンをクリックします。

クローン先とクローン元の指定。ディスクをブート可能にする

三、不良セクタを修復するには?

1、CHKDSKコマンドで修復する

CHKDSKコマンドを使用して、ハードディスクの論理不良セクタを修復できます。

① 検索ボックスに「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」-「管理者として実行」をクリックします。

[コマンドプ ロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します

② コマンドプロンプトウィンドウで、コマンド[chkdsk X:/ r / f](X:はハードドライブ文字を指します。/rと/ fは修復パラメータです)を入力し、[Enter]キーを押して修復します。修復が完了したら、HDDが正常に動作できるかを確認します。

chkdsk X: /r /fコマンド

2、Windows標準付きのチェックツールを利用する

Windows標準付きのチェックツールを利用して、ディスクの不良セクタを確認・修復できます。

① チェックするHDDを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。「ツール」タブをクリックし、「チェック」をクリックします。 管理者パスワードの入力を求められたら、指示に従って入力および確認します。

「ツール」タブを選択し、「チェックする」ボタンをクリックします。

②「スキャン及び修復」クリックします。何かエラーが見つかったら、自動的に修復します。

スキャンと修復


何かご不明な点がございますか?

Loading comments...