【簡単無料】ファイルロックソフト「Renee File Protector」の使い方

author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

ファイルをロックして実行できないようにすると、自分のパソコンにあるデータの安全性を確保でき、不正アクセスを防ぎます。フリーソフトでもこんな必要を満足でき、キチッとファイルを守れます。ファイルロックソフト「Renee File Protector」は様々な方法でファイル/フォルダ/ドライブをロックできます。しかも、無料でも利用できます。


ファイルをロックして実行できないようにすると、パソコンにあるデータまたは外付けHDD、SDカード、USBメモリなどの外付けメディアにあるデータの安全性を確保でき、不正アクセスを防止できます。フリーソフトでもこんな必要を満足でき、キチッとファイルを守れます。 ファイルロックソフト「Renee File Protector」は様々な方法でファイル/フォルダ/ドライブをロックできます。しかも、全機能も無料利用できます。 下のボタンでソフト無料体験版をダウンロードできます。

「Renee File Protector」は Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP 等の環境も利用できます。

ファイルロック
無料体験版をダウンロードして、手順に従いデータを守りましょう!

今すぐ無料ダウンロード!

Renee File Protector

ローカルHDD

隠す:ローカルHDDのファイル/フォルダ/ドライブを見えない状態にする。データを表示するには、ソフトを起動し、ロックを解除する必要があります。

ロック:ローカルHDDのファイル/フォルダ/ドライブを開けないようにする。ロックしたデータは「読込+書込+実行+削除不可能」の状態になります。ロック解除するには、パスワードを入力する必要があります。

保護:ローカルHDDのファイル/フォルダ/ドライブを書き込めないようにする。保護したデータは「書込不可能」の状態になります。右クリックメニューの【書込を拒否】と同じ機能です。保護解除するには、パスワードを入力する必要があります。

モニタ:ローカルHDDのファイル/フォルダに対して何の操作をしたか監視する機能。

外付けメディア

隠す:外付けメディアのファイル/フォルダ/ドライブを見えない状態にする。データを表示するには、ソフトを起動し、ロックを解除する必要があります。

ロック:外付けメディアのファイル/フォルダ/ドライブを開けないようにする。ロックしたデータは「読込+書込+実行+削除不可能」の状態になります。ロック解除するには、パスワードを入力する必要があります。

共有フォルダ

ロック:共有フォルダのファイル/フォルダ/ドライブを開けないようにする。ロックしたデータは「読込+書込+実行+削除不可能」の状態になります。ロック解除するには、パスワードを入力する必要があります。

一般

暗号化:ファイル/フォルダ/ドライブを開けないようにする。ロックしたデータは「読込+書込+実行+削除不可能」の状態になります。ロック解除するには、パスワードを入力する必要があります。

安全削除:データを完全に削除し、復元不可能状態にします。

設定

パスワード変更:ソフト本体の起動にかけるパスワードの変更設定を行います。

自己保護:自己保護設定を行います。

除外リスト:除外リスト設定を行います。ファイルロックしたくないファイル/フォルダ/ドライブを除外リストに入れると、 除外リストに入れたファイル/フォルダ/ドライブに対して、ロック操作は効かなくなる。

プログラムログ:プログラムの実行ログが表示されます。

目次に戻る

データを隠す方法

まずソフト無料ダウンロードして、パソコンにインストールします。

Windows版ダウンロード

方法一:

隠す方法
ステップ1: Renee File Protectorを起動して、「隠す」をクリックします。

ステップ2: 「ファイルを隠す」/「フォルダを隠す」/「ドライブを隠す」をクリックして、隠したいファイルを追加します。

ステップ3: 「隠す」ボタンをクリックして、指定したデータを隠します。

隠しデータを表示する方法:

隠したデータを表示したい場合、データを選択して、「隠しデータを表示」ボタンをクリックしてください。

方法二:

右クリックメニュー
隠したいデータを右クリックして、「Renee File Protector」-「隠す」をクリックすると、データが隠されます。 ファイルは文書/アプリケーション等任意のデータも対応可能です。フォルダとドライブも同じ操作で隠します。

目次に戻る

データをロックする方法

まずソフト無料ダウンロードして、パソコンにインストールします。

Windows版ダウンロード

方法一:

ロック方法
ステップ1: Renee File Protectorを起動して、「ロック」をクリックします。

ステップ2: 「ファイルをロック」/「フォルダをロック」/「ドライブをロック」をクリックして、ロックしたいファイルを追加します。

ステップ3: 「ロック」ボタンをクリックして、指定したデータをロックします。

ロックデータを解除する方法

ロックしたデータを解除したい場合、データを選択して、「ロックを解除」ボタンをクリックすると、ロックが解除されます。

方法二:

右クリックメニュー
ロックしたいデータを右クリックして、「Renee File Protector」-「ロック(読込+書込+実行を拒否)」をクリックすると、ソフト起動パスワードが要求されます。ソフト初回利用時設定したパスワードを入力すると、データがロックされます。
文書/アプリケーション等任意のデータも対応可能です。フォルダとドライブも同じ操作でロックします。
ロック解除する時パスワードが要求される
ヒント:

外付けメディアのデータをロックする時、ソフト起動パスワードも利用できるが、新しいパスワードを設定することもできます。

ロックデータを解除する方法

ロックしたデータを解除したい場合、データを右クリックして、「解除(読込+書込+実行を有効)」をクリックすると、ソフト起動パスワードが要求されます。パスワードを入力すると、ロックが解除されます。

目次に戻る

データにパスワードをかける方法

まずソフト無料ダウンロードして、パソコンにインストールします。

Windows版ダウンロード

方法一:

暗号化方法
ステップ1: Renee File Protectorを起動して、「暗号化」をクリックします。

ステップ2: 「ファイルを追加」/「フォルダを追加」をクリックして、暗号化したいファイルを追加します。

ステップ3: 「gflに暗号化」/「exeに暗号化」ボタンをクリックして、指定したデータを暗号化します。

※gflファイルとexeファイルの区別:
  • gflファイルを復号化するには、ソフトをインストールする必要があります。
  • exeファイルを復号化するには、ソフトをインストールする必要がありません。ソフトをインストールしていないユーザーでも、パスワードがあれば、復号化できます。

方法二:

フォルダ暗号化
パスワードをかけたいデータを右クリックして、「Renee File Protector」-「gflに暗号化」/「exeに暗号化」をクリックすると、パスワード入力画面が表示されます。 パスワードを入力すると、データが暗号化されます。
暗号化を解除する時表示するメッセージ
暗号化データを復号する方法:

暗号化したデータを復号化したい場合、暗号化した時入力したパスワードが要求されます。パスワードを入力すると、暗号化が解除されます。

目次に戻る

データを監視する方法

まずソフト無料ダウンロードして、パソコンにインストールします。

Windows版ダウンロード
ファイルに対して何の操作をしたか忘れた場合、ここの機能を利用すると、一目瞭然です。本プログラムを利用してファイルに対しての操作記録が残ります。

監視方法:

ローカルデータをモニタリング
ステップ1: 「追加」をクリックし、監視したいファイル/フォルダ/ドライブを追加します。
ステップ2: 監視したい操作を指定します。 詳細設定をクリックして、監視したいディレクトリの詳細(ファイル名まで指定できる)、ログを記録する状況を設定します。
モニターリングの詳細設定

目次に戻る

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...