author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows10に無償アップグレードしましたか?元の環境とちょっと違うので、誤操作も避けられないでしょう。誤ってゴミ箱を空にした場合、直ちにデータ復元ソフトでデータ復元するのは鉄則ですが、Windows10に対応するデータ復元ソフトはありますか?次にWindows10対応データ復元ソフトを紹介します。
 ダウンロード(Win版)  ダウンロード(Mac版)


ゴミ箱復元Windows10に無償アップグレードしましたか?元の環境とちょっと違うので、誤操作も避けられないでしょう。誤ってゴミ箱を空にした場合、直ちにデータ復元ソフトでデータ復元するのは鉄則ですが、Windows10に対応するデータ復元ソフトはありますか?OSはアップグレードしましたが、Windows10に関する各プログラムの対応状況は確認しましたか?過去利用したプログラムが新しいWindows10で利用できない可能性はかなりあります。

次にWindows10対応データ復元ソフトを紹介します。

Windows10ゴミ箱から削除したデータなぜ復元できる?

ファイル復元作業を開始する前に、新しいデータが入力されると、削除されたファイルは完全に消去されることは覚えておきましょう!
実は、ファイルは、そのファイルのファイル名や書き込まれている場所などを示すヘッダー部分と記録データ本体の部分に分かれます。ゴミ箱から削除をした場合はこのヘッダーの情報だけを削除します。データ部分はまだ残っています。ファイル削除というのはOSにファイル情報を表示させない様にし、且つそのファイルのある場所に他のファイルを上書きしてもよいとOSに対して許可を与えることです。データが欠損や破壊されていなければデータ復元ソフトで復元することができます。

従って、データ上書きしては絶対に避けたほうがいいです。データ紛失後、削除されたファイルが含んだドライブの使用を停止することをおすすめします。特にシステムドライブ、クリックしてもデータ損失を引き起こす可能性があります。

目次に戻る

Windows10に対応出来るデータ復元ソフト

「Renee Undeleter」はWindows10を含んだ各Windowsシステムを対応出来るデータ復元ソフト。ソフトは次の特徴があります。

特徴:

各Windows環境を対応可能

パソコンのデータのみならず、様々な外付け設備のデータも復元できます。

Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP 等の環境
Mac OS X 10.6 またはそれ以上のバージョンも対応できます。

強力なスキャン(検索)モード

三つのスキャンモードがあり、各種状況での紛失したデータを復元できます。

高速復元モード付き

3つのスキャン(検索)モードの中、高速スキャンモードがあります。削除ファイルの復元、ゴミ箱の復元には、最適な復元方法です。わずか数分間で大量のファイルを高速に復元できます。

検索結果自動保存

無料版で目標場所をスキャン(検索)し、スキャン(検索)結果が多すぎる場合、一回で復元しなくても問題ありません。スキャン(検索)結果が自動的に保存されているので、復元作業を中断して、後日残りの作業をするのも可能。
>> 自動保存した検索結果からデータ復元する方法

復元できるかを確認可能

検索後、プレビュー機能で見つけたファイルの完全性、品質を確認できます。しかも、無料版も実現可能。プレビュー方法も簡単、写真、ビデオ、オフィス文書、テキスト、PDF等のファイルをダブルクリックすると、プレビューできます。
従って、復元出来るかを確認する前に、購入する必要はありません。

>> 復元出来るかを確認します

優れた写真復元機能

写真復元に対して独特な手法を利用し、優れた写真復元機能がユーザーに大好評されました。
「数年前の写真も復元してくれて、驚きました!」- 福原さん
「先ほど削除した写真を復元したかったが、思い出せない写真まで復元してくれるなんて、本当に素晴らしいデータ復元ソフトだ!」- 河西さん

目次に戻る

Windows10でゴミ箱から削除したデータを復元する方法

ステップ1:Renee Undeleterをパソコンまたは外部記憶装置にインストールします。

削除ファイルが存在したドライブにRenee Undeleterをインストールしないでください。例えば、Cドライブから削除したファイルを復元したい場合、ソフトをCドライブにインストールせずに、他のドライブもしくは外付けHDDやUSBメモリにインストールしてください。

Renee Undeleterは Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、Mac OS X 10.6 またはそれ以上の環境も対応できます。

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード

ステップ2:ソフトを起動し、スキャンモードを選択します。

スキャンモードを選択
まず「クイックパーティションスキャン」モードを試してみてください。

ステップ3:スキャン対象を選択します。

例えば、Cドライブから削除したファイルを復元したい場合、Cドライブを選択します。

スキャンしたい場所を選択します
更に多くのファイルを検索したい場合、次の手順で試してください。

【クイックパーティションスキャン】 ⇒ スキャン対象を指定 ⇒ 高級設定画面で【カスタマイズ設定】を選択 ⇒ ファイルタイプを指定 ⇒ 【その他】 ⇒ 【512Bytes】 を選択します。

ファイルタイプを指定
更に多くのファイルをスキャン

ステップ4:ファイルをプレビュー・復元します。

ファイルをダブルクリックすると、ファイルをプレビューできます。

ファイルをプレビュー・復元します
目次に戻る

自動保存した検索結果からデータ復元する方法

データが多すぎて、一回で復元できない場合も心配ありません。ソフトはスキャン結果を自動保存機能があるので、復元作業を中断して、後日残りの作業をするのも可能。詳しくは次を参照してください。
ゴミ箱から削除したデータを救うには、データ復元ソフト「Renee Undeleter」をインストールしてない方、まずソフトを無料ダウンロードしてください。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Mac OS X 10.6 またはそれ以上の等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード

ステップ1:スキャンモードを選択します。

必ず前回と同じスキャンモードを選択してください。例えば、前回は「クイックパーティションスキャン」を選択した場合、今回も同じスキャンモード選択してください。

メインメニュー

ステップ2:スキャン(検索)場所を選択します。

データが保存された場所じゃなく、「スキャン結果」を選択してください。

スキャンドライブ選択

すると、前回自動保存された結果が表示されます。再度スキャンする必要がありません。時間を節約できます。

ファイルをプレビュー・復元します
目次に戻る

まだWindows10ゴミ箱から削除したファイルの復元方法がわかりません?次のビデオに従って操作してください。

目次に戻る
ヒント:

1、データが消失したら、データ復元率を下げないための注意事項をまず確認してください。

2、「クイックパーティションスキャン」で必要なファイルを見つからない場合、「パーティションの完全スキャン」、「ディスクの完全スキャン」モードで試してみてください。

3、データが失った後、即座にデータを復元するのは鉄則です。じゃないと、本の少しのミスでもデータ復元不可になる原因になってしまいます。

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...