author avatar
  テストマネージャー  

概要

データが上書きのため破損された状況はデータ復元率が低下します。破損されたデータは復元しても破損状態のままで、修復することはできません。じゃ、どんな操作はデータを上書きしてしまいますか?データ上書きを防ぐため、注意すべきポイントは何でしょうか?次にデータ復元率を下げないための注意事項をまとめました。
 ダウンロード(Win版)  ダウンロード(Mac版)


データ復元注意事項データ復元ソフトは消失したデータを見つけ出し、復元させるソフトです。データやメディアを修復(修理)するソフトではありません。従って物理的に破損や故障をしている場合や重度の障害等を対応することはできません。 データ復元ソフトの原理は、ソフトを使ってデータが保存された設備をスキャンし、紛失したデータを見つけ出します。設備が故障したもしくは壊れた場合、ソフトは設備を認識できない、もちろんスキャンする操作はできません。もう一つの状況は設備は壊れてないが、データが上書きのため破損された、このような状況もデータ復元率が低下します。破損されたデータは復元しても破損状態のままで、修復することはできません。 じゃ、どんな操作はデータを上書きしてしまいますか?データ上書きを防ぐため、注意すべきポイントは何でしょうか? 次にデータ復元率を下げないための注意事項をまとめました。

バックアップ

普段から、重要な資料やファイルをこまめにバックアップすること。これは一番安全な方法です。万が一の事故が発生しても、バックアップファイルがあれば、簡単に復元できます。使いやすいバックアップソフトを利用すると、定期的に自動バックアップしてくれることはでき、面倒は一切ありません。

現状維持

パソコンのデータが失われた場合、即断にやるべきのは電源を切ることです。データが保存された場所に新しいファイルを保存すると、消失したデータが上書きされてしまいます。ウェブページをみるだけでも、キャッシュファイル等の一時ファイルも作成され、必要データを上書きする可能性があります。従って、データ復元する前に、パソコンを使わないでください。他のパソコンでデータ復元ソフトを外付けハードディスクやUSBフラッシュドライブにインストールし、データ復元作業を実行してください。

フォーマットしないこと

SDカード、外付けハードディスク、USBメモリなどのストレージデバイスのデータは失われた場合、必ず設備をフォーマットしないでください。設備をパソコンに接続する時、「フォーマットされていません、今すぐフォーマットしますか?」という提示が出る場合があります。こんな時、提示を閉じて、フォーマットしないでください。一旦フォーマットすると、データ復元率は下がります。

「chkdsk」を実行しないこと

Windowsのチェックディスク「chkdsk」を実行しないでください。ファイルシステムに問題がある時、このプログラムはファイルシステムエラーをチェックし、修復することはできます。ただし、このプログラムを実行すると、chkファイルが作成され、データ上書きが生じます。従って、「スキャンし修復しますか?」というような提示が表示された場合、チェックディスク「chkdsk」をしないでください。

直ちにデータ復元ソフトを使用すること

上の注意点を気をつければ、データの復元率が高くなります。この時、すぐデータ復元ソフトを利用すると、データ復元ソフト無料版でファイルを復元できるかを確認できます。スキャン結果保存機能があるため、復元可能と確認してから、スキャン結果をそのまま使って有償版に移行することも可能です。再スキャンする必要がありません。   早速無料体験版で復元可能かを確認しよう!
Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
次に無料体験版でデータ復元できるかを確認する方法を紹介します。

ステップ1:ソフトを起動し、スキャンモードを選択します。

メインメニュー

ステップ2:データが紛失した場所(スキャン場所)を選択します。

データ紛失したドライブの選択

ステップ3:スキャン完了後、プレビューします。

写真、ビデオ、Officeドキュメント、PDFファイル、テキスト文書等形式のファイルなら、ファイルをダブルクリックすると、プレビューできます。正常に再生できるファイルは復元できます。正常に再生できないファイルは既に破損されたと判断でき、復元しても破損状態のままです。修復することはできません。

ファイルをプレビュー・復元します
ヒント:

スキャン結果保存機能があるため、スキャンが終わってから(スキャンの結果をそのまま使って)有償版に移行することは可能です。ライセンスキーで登録後、前使ったスキャンモードをクリックし、スキャン対象画面に行き、『スキャン結果』を選択すると、前のスキャン結果が表示されます。再スキャンする必要はありません。

早速無料体験版をダウンロードしデータ復元可能性を確認しましょう!
Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
お役に立ちましたら、画面右側のボタンでブログやSNSでご紹介くださいm( _ _ )m

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...