author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

パソコンを使えば使うほど、システムがだんだん重くなることがよくあります。いつもサクサクと快適に動いて高速に動作することを保証するために、システムを高速化・最適化する処理が必要です。この記事は、Windows系、Linux系、Mac系など各種類システムのパソコンをスピードアップする方法を紹介します。


一、WindowsシステムPCの高速化・最適化

1.不要なサービスの停止

コンピュータが起動しているとき、工作状態ではなくても、大量のプログラムやサービスがバックグラウンドで実行しています。一部不要なプログラムやサービスを停止すると、パソコンの負荷が減り、起動が速くなり、操作の反応が良くなります。

サービスを停止する方法

① デスクトップの下のアクションバーをクリックして、「タスクマネージャー」を選択します。

「タスクマネージャー」を選択します

②「詳細」タグで、いらないプログラムを停止します。

詳細

③「サービス」タグで、「サービス管理ツールを開く」をクリックします。

サービス

④ 停止したいサービスを選択して、「サービスの停止」をクリックします。

サービスの停止

止めっても問題ないサービス

Alerter選択ユーザーとパソコンに警告を通知するもので、個人使いなら停止してもいいです。
CNG Key Lsolation秘密キーと暗号化操作に使用する機能で、一般ユーザーには不要なので停止してもいいです。
Diagnostic Policy Serviceネットワーク診断用のサービスで、使わなければ、停止してもいいです。
Diagnostic Service Hostネットワーク診断ポリシーが利用するもので、家庭応用であれば停止しては問題ないです。
Family Safety共用パソコンの安全管理に使うもので、個人専用であれば停止して問題ないです。
FAXFAX送受信を行う機能で、使わないなら停止してもいいです。
Peer Name Pesolution ProtocolリモートアシスタントやPeer Networkingを使う場合のみ使うもので、停止していいです。
Program Compatibility Assistant Service古いプログラムの互換性を管理するもので、停止しても問題ないです。
Remote Desktop Serviceリモートデスクトップに関する機能で、安全のため停止した方がいいです。
Remote Registry外部からレジストリを変更するための機能で、安全のため停止した方がいいです。
Tablet PC Input ServiceタブレットPCのペン入力用サービスで、タッチ非対応なら停止してもいいです。
TCP/IP NetBIOS HelperWindows9x系パソコンとファイル共有をしないなら、停止しても問題ないです。
WinHTTP Web Proxy Auto-Discovery Serviceプロキシ自動検出に関して開発者向けのサービスで、一般ユーザーは停止しても問題ないです。
WMI Provider HostWMIプロバイダからパフォーマンス情報を取得するもので一般ユーザーは停止しても問題ないです。
注意:間違ったサービスの停止はシステムの崩壊を起こす可能性があります。ちゃんと確認後操作してください。

2.スタート画面の透明効果の無効化

スタート画面の背景、タスクバーに表示される透明効果もコンピュータを負担が増える可能性があります。ハードウエアが古くてWindows 10を使用するとき反応遅く感じるなら、透明効果を無効にして、システムのスムーズさを向上させることができます。

① 「Windows」+「I」キーを押して、「設定」を開きます。

win+i

② 「個人用設定」をクリックします。

「個人用設定」をクリックします

③「色」タグで、「透明効果」をオフにします。

「色」タグで、「透明効果」をオフにします

3.全てのアニメーションを一括でオフ

上述した透明効果と似って、Windowsはさまざまなウィンドウ効果を設定しております。これらの視覚効果を無効にすると、コンピュータのスムーズさを向上させることができます。

① 「Windows」+「I」キーを押して、「設定」を開きます。

win+i

② 「簡単操作」をクリックします。

「簡単操作」をクリックします

③ 「ディスプレイ」-「Windowsにアニメーションを表示する」をオフに設定します。

「ディスプレイ」-「Windowsにアニメーションを表示する」をオフに設定します

Windows Defenderとは、Windows10に搭載されたアンチウィルスソフトです。マイクロソフトはいつもWindows Defenderの安全さを宣伝しますが、実際に使用すると、このソフトのウィルス検出能力と機能の豊かさには、AVC、VB100などのソフトに及ばないです。肝心なところは、Windows Defenderが実行しているとき、複数のexeプログラムを起動するため、CPUリソースを大量に消費します。PCのCPU性能が低いユーザーにとって、Windows Defenderの代わりに軽量化ソフトを使って、PC性能を向上できます。

① 「Windows」+「R」キーを押して、ファイル名を指定して実行。

win+r

②「gpedit」と入力します。

「gpedit」と入力します

③ 「ロカールグループポリシーエディター」で、「管理用テンプレート」-「Windowsコンポーネント」-「Windows Defenderウイルス対策」を開き、「Windows Defenderウイルス対策を無効にする」をダブルクリックします。

「Windowsコンポーネント」-「Windows Defenderウイルス対策」

「Windows Defenderウイルス対策を無効にする」をダブルクリックします

④「有効」をチェックして、「OK」をクリックします。

「有効」をチェックして、「OK」をクリックします

注意:Windows Defenderを無効にする後、すぐほかのアンチウィルスソフトをインストールしてください。そうではないと、コンピュータがウイルス侵害を受けやすく、さらにシステム崩壊や起動できない状況を起こす可能性もあります。

5.IPv6サービスを無効に

IPv6とは、現在通用されるIPプロトコルIPv4の次世代IPプロトコルであり、限られたネットワークアドレスリソースの問題を解決するために開発されたものです。しかし、一部大手企業の内部ネットワークを除いて、IPv6を使うところは少ないです。それに、IPv6が多少のシステムリソースを占用し、一部のシステムエラーもIPv6による発生するので、IPv6を無効にすると、コンピュータがある程度に最適化することができます。

① 「Windows」+「R」キーを押して、ファイル名を指定して実行。

win+r

② 「ms-settings:network」を入力します。

「ms-settings:network」を入力します

③ 「イーサネット」タグで、「イーサネット」をクリックします。

「イーサネット」をクリックします

④下のプロパティインフォメーションを確認し、使用しているのはIPv4なら、IPv6を無効にする手順を続きます。

下のプロパティインフォメーションを確認

⑤「service.msc」を入力します。

「service.msc」を入力します

⑥ サービス画面で、「IP Helper」サービスを停止してIPv6も無効となります。

サービスを停止

6.Windows Searchサービスを無効に

コンピュータが待機状態に、ハードディスクが常に動作していることがあったら、Windowsはインデックスレコードを作成している可能性があります。 この機能は、Windows Search(検索)と呼ばれ、これを通してユーザーがファイルを検索するとき、無数のエントリから一致する結果を素早く見つけることができるので、待ち時間が大幅に短縮されます。しかし、現在SSDが搭載されたコンピュータが増えているため、検索の応答時間がほとんど無視できるので、この機能は昔ほど重要ではありません。重要なのは、インデックス作成とき、長期間の読み書きが、ハードディスクの寿命を低下させます。検索機能をほとんど使わない場合、または既にSSDが搭載されている場合は、このサービスを無効にすることをお勧めします。

検索機能
① 「Windows」+「R」キーを押して、ファイル名を指定して実行。

win+r

② 「service.msc」と入力します。

「service.msc」と入力します

③サービス画面で、「Windows Search」サービスを停止して、ハードディスクに負荷を減らすことができます。

「Windows Search」サービスを停止

7.電源プランの見直し

Windows 10は、「バランス」、「省電力」、「高パフォーマンス」三つの電源プランが搭載されます。異なる電源プランがコンピュータの反応速度に影響を与えます。簡単に言えば、多くのプログラムを実行している場合、「高パフォーマンス」が「省電力」よりスピードが速いが、消費電力も同時に高くなります。ですから、コンピュータのパフォーマンスを気になって、パソコンもデスクトップPCの場合、デフォルトの電源プランを「高パフォーマンス」に変更することをお勧めします。

① 「Windows」+「I」キーを押して、「設定」を開きます。

win+i

② 「システム」をクリックします。

「システム」をクリックします

③ 「電源とスリープ」タグで、「電源の追加設定」をクリックします。

「電源の追加設定」をクリックします

④ 電源オプションの画面で、お気に入りのプランを「高パフォーマンス」に変更します。「高パフォーマンス」プランは性能を向上させることに従って、消費電力も高くなるので、ラップトップの場合、電力供給の持久力に多少の影響を与えます。

高パフォーマンス

8.ドライブの最適化

現在のハードディスクには、ハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)が分けています。どんなハードディスクでも定期的にメンテナンスすることが必要です。デブラグはよく知られるメンテナンス方法の一つです。Windowsはデブラグ機能が搭載され、メンテナンスする後、コンピュータのスムーズさを向上させます。それに、定期的なデブラグのメンテナンス計画を設定することもできます。

①どれか一つのディスクを右クリックして、「プロパティ」を選択し、プロパティメニューの「ツール」タブで「最適化」を選択します。

「ツール」タブで「最適化」

②ドライブの最適化画面で、最適化したいディスクを選択して、「最適化」ボタンを押します。

「最適化」ボタンを押します

③ 定期的なデブラグ計画を設定したいなら、メニューで「設定の変更」をクリックして、行われる頻度とターゲットディスクを設定します。

「設定の変更」をクリックして、行われる頻度とターゲットディスクを設定します

二、LinuxシステムPCの高速化・最適化

1.軽量化のデスクトップマネージャーを使用

Linuxのデスクトップマネージャーを選択するとき、XfceやLXDEなどの軽量化のを使用すれば、メモリとCPUリソースを少しだけ占用します。また、デスクトップマネージャに軽量のアプリケーションセットが付属するので、使用体験もさらに向上します。それ以外、Enlightenment、 Fluxboxもいい選択とは言えます。

linux

2.プリロードを利用してロードスピードを加速

Preloadはプログラムのモジュールであり、バックグラウンドでユーザーによく使われるアプリケーションを分析してあらかじめロードするので、開くスピードがより速くなります。コンソールを開いて、次の命令を入力して、Preload機能を有効にします。
「sudo apt-get install preload」

3.LibreOfficeのメモリ配置を調整して加速

常にLinuxで事務をする場合、効率を上げるため、LibreOfficeのメモリセッチングを変更することをお勧めします。LibreOfficeを開き、セッチングメニューの「Memory」タグで、「SystrayQuickstarter」という選択肢をチェックしてメモリ配置を増えます。

LibreOfficeのメモリセッチングを変更する

4.軽量化のアプリを置き換え

一部のアプリケーションは多くのハードウエアリソースを占用しますので、ローエンドのコンピュータにに合わせないかもしれません。この場合、代わりのアプリケーション使用することをお勧めします。たとえば、Ubuntu Software CenterではなくApp Gridを使用します。 LibreOffice Writerの代わりにGdebi、AbiWordを使用します。

App Grid

三、MacOSシステムPCの高速化・最適化

1.MasOSをアップデート

常にMasOSをアップデートすることで、システムがより安全、快速になります。ソフトやシステムに最新バージョンを保つことで、バグやウイルス侵害によるコンピュータの速度を低下させることも防げます。

操作方法:

Mac App Storeを開き、アップデートのタグをクリックすると、システムが自動的にオペレーションシステムやソフトの最新バージョンを検索し始めます。アップデートボタンをクリックすると、アップデートが始まります。
MasOSをアップデート

2.使わないアプリやデスクトップフィルタを削除

ディスクの空き容量が十分ではないとき、コンピュータの速度が低下することとなります。ですから、よく使われないソフトをアンインストールして、空き容量を解放します。また、MacOSのディスクトップに残されたサムネイルもメモリリソースを占用し、大量に溜まるなら、システムのスムーズさに影響するので、定期にいらないファイルを削除してください。

操作方法:

使わないアプリケーションとディスクトップアイコンを削除したい場合、右クリックして「ゴミ箱に入れる」をクリックして済みます。
使わないアプリやデスクトップフィルタを削除

3.起動リストにいらないプログラムをアンインストール

MacOSシステムの日常使用につれて、コンピュータの起動するとともに起動するプログラムも増えてきました。起動時間が遅くなる場合、起動スピードを加速するために、よく使われるアプリケーションしか残らないようにしてください。

操作方法:

「システム環境設定」で、「ユーザーとグループ」に入り、左にユーザーを選択して、「ログイン項目」をクリックします。自動的に起動するプログラムを選択し、「ー」ボタンをリストから削除します。リストがは灰色で表示されるなら、左下のロックアイコンをクリックしてパスワードを入力してください。
起動リストにいらないプログラムをアンインストール

4.ハードディスクのジャンクファイルを削除

定期的にハードディスクのジャッンクファイルをクリーンアップすると、Macがスムーズに動作します。ユーザーからして見れば、ファイルを一つ一つ削除するのは時間がかかりますが、一部のアプリケーションを通して、この過程が楽になります。

操作方法:

MacOSのジャンクファイルを処分するとき、Disk Inventory Xというソフトをお勧めします。このソフトは図形の画面でディスクの容量がどのタイプのファイルで占用されることを表示されます、ファイルを簡単に管理できるようになります。
ハードディスクのジャンクファイルを削除

5.いらない言語ファイルを削除

もしMacで一つか二つの言語しか使わないと、無料のソフトMonolingualでいらない言語ファイルを削除して空き容量を取り戻した方がいいです。Monolingualの早期バージョンは古いMacOSを支持します。
いらない言語ファイルを削除

ご注意:英語の言語ファイルを削除したっら、システムのエラーを起こしますので、少なくとも英言語を残ってください。

6.ハードディスクの整合性を確認

常にハードディスクの整合性を確認すれば、ディスクエラーによるシステム崩壊を防げます。MacOSでは、ディスクユーティリティというツールを利用してハードディスクの整合性を確認することができます。

操作方法:

左のメニューでターゲットディスクを選んで、「ディスクを検証」をクリックして検証が始まります。検証した後、ディスクにエラーがあれば、「ディスクを修復」クリックすると、修復がしてみます。修復できない場合、ハードディスクを置き換えることを考えてください。

ハードディスクの整合性を確認

四、システム最適化の通用策

1.メモリを追加

メモリの追加

メモリ容量の大きさが、システムのスムーズさに大きな影響を与えます。オペレーションシステムの最新バージョンは一般に以前のバージョンよりハードウェアリソースを少なく消費するが、メモリ容量が大きいほどコンピュータがより高速になります。コンピュータがよりスムーズになるように、メモリを追加するのは最も役に立つ方法であります。デスクトップコンピュータや、メモリを追加できるノートパソコンの場合、適切なメモリを買って置き換えることをお勧めします。現在、8GB以上のDDR4メモリを推奨します。(マザーボードが支持する場合)

メモリのデュアルチャネルを構築

新しいメモリを買ったら、規格が同じメモリを二つ持っている場合、メモリのパフォーマンスを最大化するために、メモリを二重チャネルを構築することをお勧めします。

メモリのデュアルチャネルとは?

ディスクアレイの原理と同様に、メモリのデュアルチャネル技術が二つのメモリを利用して同時に書き込み操作を行って、ダブルの帯域幅を提供し、CPUの応答時間を減らしてパフォーマンスを向上させます。現在、デュアルチャネル技術が既にかなり成熟した、あるハイエンドのマザーボードにはさらに三重チャネル、四重チャネルも支持されます。ですから、マルチチャネルメモリの構築がコンピュータ性能を大幅に向上させます。

デュアルチャネルを構築するには?

普通のマザーボードには、一般四つのメモリスロットが搭載されて最大二重チャネルを構築することを支持します。下の図のように、左から右はA1、A2、B1、B2と標記します。AとBが違うメモリチャネルを意味し、1と2がただの番号で、性能に影響しません。二重チャネルを構築するために、二つ同じ規格のメモリをAとBに別々に挿入してください。問題ががなければ、デュアルチャネルは単チャネルより性能が二倍になります。現在、新しいマザーボードが違う色で違うチャネルのメモリスロットを表示するので、簡単にメモリを違う色のスロットに挿入して、マルチチャンネルを実現します。
メモリのデュアルチャネル
メモリのデュアルチャネル

2.HDDをSSDに入れ替える

高速、安定はSSDハードディスクの最大の特長です。エントリーレベルのSSDの読み取り速度は既に500M/sに達し、書き込み速度も400M/s以上に達します。この速度は従来のHDDハードディスクより3-5倍になります、性能の差が簡単に見えます。SSDをシステムディスクとして使う場合、コンピュータが質的な変化となります。 起動時間を例にとると、従来のHDDはおよそ1分かかるが、SSDを使用した後、起動時間がわずか10秒以下に大幅に短縮します。いずれにしても、SSDは既に現在のコンピュータの標準配置で、SSDのないコンピュータが時代遅れのものと言えるでしょう。

HDDをSSDに入れ替える

4Kアライメントとは

SSDに言えば、常に「4Kアライメント」に関連付けることが多い、一体4Kアライメントとは何ですか?SSDはNANDフラッシュメモリを使用するハードディスクで、通常ストレージセクタサイズの容量が4KBです。4Kアライメントは、物理セクタとデータクラスタのアラインメントを指します。 4Kアライメントを行わずにハードディスクにパーティションを作成すると、1つのデータクラスタを読み取り中に2つのセクタにアクセスするため、時間がかかるし、読み書き速度も遅くなります。同様に、ファイルを書き込むときにも、2つの物理セクタで操作するため、書き込み回数が増え、ディスク容量も無駄にします。簡単に言うと、4KBのデータを読み書くするとき、4Kアライメントをしないと、2つのセクタで操作しなければなりません。アライメント後、データクラスタとSSDフラッシュの最小ストレージセクタに対応し、一回の読み書き操作だけで済みます。

4Kアライメント

図:4Kアライメントを行わない場合、同じデータの読み書きには2つのセクタで操作しなければなりません

システムをHDDからSSDへ移行するには?

初心者ユーザーにとって、SSDをシステムディスクとしてアップグレードすることがほぼシステムを再インストールやフォーマットすることと同じ意味です。ファイルを遠慮せずHDDにおるシステムをそのままSSDに移行したいなら、専門のシステム移行ソフトRenee Beccaを推奨します。

Renee Beccaとは?

Renee Beccaはクローンや引越しも対応、多機能なバックアップ・復元ソフトです。パーテイションやハードディスクのクローニングだけではなく、Windowsシステム全体をほかのハードディスクに移行することもできます。さらに、Renee Beccaはハードディスク、パーテイション、ファイルなど、さまざまなデータのバックアップと復元の操作をサポートするバックアップソフトウェアです。

Renee Beccaでシステムを移行するメリット

  • システム、パーテイション、ディスクのデータクローンを支持します。
  • SSDにシステムを移行するとき、自動的に4Kアライメントを行います。
  • MBR/GPTのブートセクタを支持します。
  • FAT/NTFSのファイルシステムを支持します。
Renee Beccaをダウンロードします
操作手順:

① Renee Beccaを開いて、左の「クローン」タグを開き、「システム移行」をクリックします。

「クローン」-「システム移行」をクリックします

②システムが移行元と移行先のSSDディスクを選択し、「システム移行」ボタンをクリックします。

クローン元とクローン先の選択

③移行が完成されたら、BIOS画面でSSDを起動順番の1位にしてください。これで、SSDがもたらすスピードを体験できます。

BIOS画面でSSDを起動順番の1位にする

3.高速なブラウザを使う

概要

インターネットにアクセスするウィンドウとして、ブラウザーはすべてのPCユーザーに使用されます。違うブラウザーの間に、パフォーマンスには違いがあり、さらにユーザーの体験も違います。世界それぞれのWebブラウザシェアランキングから見れば、GoogleのChromeが最も使われます、次はMozillaのFirefoxです。昔、FirefoxとInternet Explorerを凌駕する優れたカーネルエンジンのおかげで、Google Chromeはブラウザ市場の大部分を占めています。最近、FirefoxはQuantumという新しいバージョンを発表しました。Firefoxは競合他社のChromeよりも少ないメモリを使用すると主張して、さらに流行りのデザインと高速の体験と主張します。ユーザーとして、この二つのブラウザーの間でどのように選択すればよいですか?次に詳しく紹介します。

ブラウザー比較

Webサイトのページ表示速度の比較

ブラウザーにとって、Webページの表示速度は一番重要な評価基準で、ユーザー体験に最も影響する要因です。Cookiesをすべて削除して、二つのブラウザーで流行りのWebページを三回アクセスして平均値を取ると、下の対比図を得られます。データによると、Webページを開くとき、FirefoxとChromeのロードスピードもほとんど区別がない、どちらのロードスピードも優秀です。

FirefoxとChromeのスピード比較

ハードウェアリソースの使用率の比較

ハードウェアパーツの価格が高くなる今、ユーザーが皆パフォーマンスがよくてハードウェアリソースの使用率が低いブラウザーがほしいです。Chromeがメモリを高く使用するのは既に常識であり、下の図のような面白いネタもいくつもあります。では、Firefoxの方はどうですか?

メモリ使用率の比較
FirefoxとChromeで同じタグを開いて五分間を待って、下の図のようになる。メモリの使用率には、軽く使用する場合、FirefoxはChromeより約40%低くなり、大幅に節約されることが分かります。

メモリ使用率比較
軽く使用する場合がメモリの使用率が低いが、CPUの占有がChromeより高いことを気づけます。300個以上のタグを開くの極み状態では、Firefoxのメモリ優勢がもはやはっきりではない、さらにCPU占用がはるかにChromeより高い。CPUの性能が良くないコンピュータには、負担が重いことがわかります。


CPUの占有率比較

結論

Webのロードスピードには、FirefoxとChromeの差がほとんどなく、両方も高速に動作しています。ハードウェアリソースの使用率からして見ると、Firefoxのメモリ占有が低いが、しかしCPUの占有もChromeより高い。メモリ容量が低い場合、Firefoxを選んでは良い。CPUが性能低い場合、Chromeがより良い選択かもしれません。でも、ハイエンドコンピュータの場合、ハードウェアリソースの占有率などを考えずに、インターフェースや拡張アプリケーションなどを基づいて好きに選んでください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...