author avatar
  サポートマネージャー  

概要

多くのユーザーはWindowsシステムでUSBメモリを暗号化する方法に慣れていると思いますが、MacシステムでUSBメモリを暗号化する方法はあまり詳しくありません。MacでUSBメモリを暗号化する方法は次のとおりです。



一、USBメモリを暗号化する理由

日常生活では、USBメモリがストレージデバイスとして使用されているため、重要なファイルを保存したり、持ち歩いたりしています。場合によっては、USBメモリの内容が他人に簡単に盗まれたり、悪意を持ってコンピュータにコピーされたり、表示されたりすることがあります。この現象を回避するには、USBメモリを暗号化する必要があります。次に、MacでUSBメモリを暗号化する方法を2つ紹介します。
おすすめ - ADs情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト 情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト

高速暗号化 暗号化された仮想ドライブで、ファイルが1秒で暗号化完了。

操作簡単 ロインターフェイスはシンプルで使いやすく、初心者も手軽に使える。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

アクセス制御 外部接続設備禁止(ホワイトリストを設定可能)、サイトブロック、プリンター禁止など機能ある。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全な保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能。

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

更に詳しく

二、Mac OSでUSBメモリ全体を暗号化する方法

現在、Mac OSシステムには多数のユーザーがいて、仕事をしているときはUSBメモリをコンピューターに挿入することがよくありますが、USBメモリの暗号化は非常に重要であるとも言われています。Mac OSシステムに接続されたUSBモメモリを暗号化する方法を次に示します。
1. Macで「Finder」 > 「アプリケーション」 > 「ユーティリティ」 > 「ディスクユーティリティ」を開き、USBメモリをコンピュータに挿入します。

ディスクユーティリティ

2.「ディスクユーティリティ」の左側のリストでストレージデバイスを見つけて選択します。 「消去」ボタンをクリックし、フォーマットで「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選び、消去ボタンをクリックします。

Mac OS拡張(ジャーナリング)を選び、消去ボタンをクリック

3.名前を入力してフォーマットを選択した後、「消去」ボタンをクリックすると、パスワード設定画面が表示され、パスワードを設定し、クリックして「ディスクを暗号化」を選択できます。

ディスクを暗号化

三、Mac OSでUSBのファイルを暗号化する方法
上では、USBメモリ全体を暗号化する方法について説明しました。実際、多くの場合、USBメモリ内のファイルの一部のみがより重要であり、多くのファイルが一般的に使用され、重要ではないファイルです。つまり、USBメモリ全体を暗号化する必要はなく、重要なファイルのみを暗号化する必要があります。 Mac OSでファイルを暗号化する最も速い方法は、圧縮と暗号化ソフトウェアを使用することです。以下では、暗号化にrarsharpソフトウェアを使用することを皆さんにお勧めします。

1.Rar Sharpをインストールし、ソフトを開き、「追加」をクリックし、ファイルを選択し、「ZIP Encryption」をクリックします。

RAR Sharpソフトでファイルを追加

2.パスワードを入力し、ファイルが暗号化されます。

Rar Sharpファイル暗号化

これはMac OSでファイルを暗号化するための最良の方法の1つですが、この暗号化方法の欠点はパスワードが簡単に解析される可能性があることです。 Windows暗号化シナリオでzip暗号化が最初の選択肢ではない場合、人々は多くの暗号化ソフトウェアから選択できます。特に、Renee SecureSiloは、暗号化された仮想ドライブを作成する独自の方法でファイルを保護し、セキュリティと利便性を提供します。

四、WindowsでUSBメモリを暗号化する方法

上では、Mac OSでUSBメモリを暗号化する方法を紹介していますが、現在の主要なコンピュータオペレーティングシステムの1つとして、Windows(Microsoftシステム)にも多数のユーザーがいます。次にWindowsでUSBメモリを暗号化する方法を説明します。 MicrosoftオペレーティングシステムでUSBを暗号化するための最も一般的な方法は、ソフトウェアを使用して暗号化することです。すべての人に推奨するソフトウェアRenee SecureSiloを以下に示します。このソフトウェアを使用して、WindowsでUSBメモリを暗号化する方法を紹介します。このソフトウェアの特徴は次のとおりです。

  • 簡単な操作-ユーザーは、USBメモリに仮想ドライブをセットアップし、ファイルを仮想ドライブに配置するだけです。
  • クラックが困難-このソフトウェアは高度なAES256暗号化テクノロジーを使用しており、この仮想ドライブはプライベートスペースです。現在、解析できるログラムは利用できません。
  • 優れたプライバシー-仮想ドライブファイルを他のファイルに偽装して、悪意のあるスキャンを回避できます。さらに、プログラムのワンキーシャットダウン機能により、すべての仮想ドライブを閉じていつでもプログラムを終了できるため、個人情報が検出されないようにすることができます。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...