author avatar
  テストマネージャー  

概要

BitLocker暗号化は、Windows10システムで一般的に使用されている暗号化方式です。BitLocker暗号化パーティションが不要になった場合、回復キーを使用してパーティションのロックを解除する方法を教えてください。 解決できない場合はどうすればいいですか?次に詳しく紹介します。



BitLocker回復キーとは?
BitLocker回復キーは、暗号化される各ドライブでBitlocker暗号化するときに作成する特別なキーです。回復キーの役割は次の通りです。

1. BitLockerドライブ暗号化を使用して、Windowsがインストールされているドライブ(オペレーティングシステムドライブ)を暗号化し、コンピューターの起動時にBitLockerがドライブのロックを解除できない条件があることを検出した場合、回復キーを使用して、 アクセス許可をもらいます。

2.何らかの理由でパスワードを忘れた場合、またはコンピューターがドライブにアクセスできない場合は、回復キーを使用してこれらのファイルやフォルダーにアクセスすることもできます。
パーティションを暗号化した後、Windowsは回復キーを保存するように要求します。

回復キーバックアップ方法指定

注意:パーティションがBitLockerでリセット(暗号化をキャンセルした後で再暗号化)および暗号化されていない限り、アクセスパスワードの変更に関係なく、と回復キーは同じままです。

おすすめ - ADs情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト 情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト

高速暗号化 暗号化された仮想ドライブで、ファイルが1秒で暗号化完了。

操作簡単 ロインターフェイスはシンプルで使いやすく、初心者も手軽に使える。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

アクセス制御 外部接続設備禁止(ホワイトリストを設定可能)、サイトブロック、プリンター禁止など機能ある。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全な保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能。

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

更に詳しく
BitLocker回復キーはどこにある?
BitLockerパーティションの作成時に回復キーを保存する適切な場所を選択しない限り、BitLockerのロックを解除することはできません。

BitLocker回復キーの保存場所を確認

  • 特定のパス:一部の特定のパスでは、回復キーを保存した可能性があります。
  • USBメモリ:ロックされたPCにUSBフラッシュドライブを挿入し、指示に従います。 ユーザーがキーをラッシュドライブに保存した場合、別のコンピューターを使用してテキストドキュメントを読み取ることができます。
  • 印刷用紙:回復キーを保存するときに、Windowsは用紙に印刷するオプションを提供します。
  • Microsoftアカウント(Windows 10バージョンが必要):別のコンピューターまたはスマホにログインして、Bitlocker回復キーを表示します。

他の人に助けを求める

  1. 同じPCで、管理者権限を持つユーザーのキーを使用してロックを解除できるようにします。
  2. PCがドメイン(通常は会社または学校のコンピューター)に接続されている場合は、システム管理者に回復キーを要求できます。
BitLocker回復キーを保存する方法
タスクバーの検索ボックスで、BitLockerと入力し、結果のリストから「BitLockerの管理」を選択し、「回復キーのバックアップ」を選択します。バックアップBitLocker回復キーをバックアップする必要があります。そうしないと、次の手順を実行できず、バックアップパスはローカルディスクのルートディレクトリに設定できません。

1.回復キーのバックアップ方法を選択します。

回復キーのバックアップ方法を指定

2.暗号化されたドライブに回復キーを保存できません。

暗号化されたドライブに回復キーを保存できません

Windows10でbitlockerを解除するには?
通常の状況では、パスワードがある限り、Windows 10システムでビットロッカーのロックを解除できます。 ただし、パスワードを忘れた場合は、回復キーを使用する必要があります。方法は以下のとおりです。

1.暗号化されたドライブをダブルクリックします。

暗号化されたドライブをダブルクリックする

2.パスワード入力画面が出るのでパスワード入力して「ロック解除」をクリックします。

注意:この手順でパスワードを忘れた場合は、回復キーを使用してロックを解除してください。

パスワードをを入力しロック解除

3.ドライブを右クリックし、[Bitlockerの管理]を選択します。

Bitlockerの管理

4. [Bitlockerを無効にする]をクリックし、パスワードを入力します。

Bitlockerを無効にする

BitLockerの回復ループを終了しロックを解除する方法
Bitlockerは、キーが正常に受け入れられ、ロックが解除されたと報告することがありますが、その後、キーの再入力を求められます。この動作がループします。終了するにはBitLockerを一時停止する必要があります。具体的な手順は次のとおりです。

1.回復キーを入力するページで、下部にある[このドライブをスキップ]リンクを選択すると、コマンドプロンプトが表示されます。

このドライブをスキップ

2.コマンドプロンプトが表示されたら、次のコマンドを使用してC:ドライブのBitLockerステータスを確認します。

manage-bde -status c:

3.ステータスが「ロック済み」の場合は、次のコマンドを使用して、パスワードを回復してロックを解除する必要があります。

manage-bde -unlock c: -rp <your 48-digit recovery password>

4.ドライブのロックが解除されたら、次のコマンドを使用して保護を一時停止する必要があります。

manage-bde -protectors -disable c:
5.終了して再起動すると、システムはWindowsを正常に起動できます。

安全・便利な暗号化ソフトRenee SecureSilo
BitLocker暗号化はWindowsで非常に一般的な暗号化方式ですが。ただし、Bitlocker暗号化の使用はより面倒であり、コンピューター上の他のユーザーに非常に簡単に認識され、他のユーザーに簡単に破られてしまいます。したがって、ユーザーがプライベートファイルを暗号化したい場合は、Renee SecureSiloを使用してプライバシーを保護することをお勧めします。

Renee SecureSiloは、コンピューターのファイルとフォルダーの暗号化ソフトウェアです。ドキュメントの暗号化、USBの保護、ドキュメントの非表示など、複数の暗号化機能を備えています。暗号化された仮想ドライブ技術を使用します。すべての重要なファイルを簡単な暗号化ファイルに入れることができますが、簡単に検出することはできません。暗号化されたファイルをいつでもドライブ文字にロードまたはアンロードし、USBフラッシュドライブを使用しているかのように内容を変更して読み取ることができます。

  • 解析が難しい-仮想ドライブフォーマットと高度なAES256暗号化テクノロジーを使用しているため、現在このテクノロジーを解析するプログラムはありません。
  • 高い隠蔽性-仮想ドライブファイルを他のファイルに偽装して、悪意のあるスキャンを回避できます。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

まとめ
BitLockerパスワードを忘れた場合、上の方法を使用して、BitLockerのロックを解除するための回復キーを見つけることができます。 ただし、Bitlockerの暗号化は非常に扱いにくく、問題が発生することがよくあります。非常に重要なプライベートファイルがある場合、より安全で操作しやすい安全なRenee SecureSiloを使用することをお勧めします。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...