author avatar
  サポートマネージャー  

概要

MacのOffice系データ、パワーポイントに相当するKeynotデータを誤って削除し、ゴミ箱を空にした。大事なプレゼンテーションなので、どのようにすれば、元に戻すことはできるでしょうか? この記事はなくなったKeynotデータを復元する手順及び注意事項を詳しく説明します。
 ダウンロード(Win版)  ダウンロード(Mac版)


プレゼンテーションを作るため、PowerPoint(パワーポイント)やKeynote(キーノート)は一番よく利用されるツールです。Keynoteのリアルタイムでチームのみんなと共同制作する機能が魅力的です。なおかつMac、iPad、iPhone、Windowsでも対応します。パワーポイントとの互換性もあり、Keynoteのプレゼンテーションをパワーポイントファイルとして保存することも、パワーポイントをKeynoteに直接読み込んで編集することもできます。

万が一Keynoteファイルを削除し、ゴミ箱を空にしてしまった場合、どうやって元に戻しますか?プロのデータ復元ソフトを利用すると、簡単・効率的にKeynoteファイルを復元できます。

keynote復元
この記事はプロのデータ復元ソフトを利用してKeynoteファイルを復元する手順、復元する前の注意事項、及びデータ紛失を防ぐための対策などを詳しく説明します。

Keynoteデータを保護!復元する前に注意すべきこと

プロのデータ復元ソフトも不可欠ですが、データの保護も復元率を下げないためのコツです。まず、データをしっかり保護し、それからデータ復元作業を始めます。

失ったデータが紛失したが、実は正確に扱うと、見えなくなったデータを救えます。データが失われたKeynoteデータを守るには、次のことを注意ましょう!

やってはいけないこと:

  • 二次破壊させないように、なるべくPCを使用しないこと。他の設備に保存されたKeynoteを復元する場合、その設備に新しいデータを保存しないでください。
  • PCまたは復元したい設備をフォーマットしないこと。
  • 直ちにデータ復元作業を行うこと。

データ復元方法:

  • 復元方法1:データ復元サービスを頼む。 データ復元サービスは他人に復元してもらうため、自分が何もやらなくていい。 ただし、時間がかかる上、復元率は不明。現地に信頼できるサービスがあるとは限りません。
  • 復元方法2:データ復元ソフトを使う。 大抵のデータ復元ソフトも無料体験版があります。データを復元できるかを無料で確認できます。場合によって、復元率が良いものもあります。ユーザー向けの簡単な操作性は特徴です。ダウンロードするとすぐ使えるので、時間を節約できます。

次のボタンをクリックしてデータ復元ソフト無料体験版をダウンロードできます。ダウンロード後、パソコンにインストールします。

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
目次に戻る

Keynote復元対応のプロのデータ復元ソフト


高速・簡単にKeynoteデータを復元するには、プロのデータ復元ソフトは必要です。Renee Undeleterはこのようなデータ復元ソフトです。ソフトはWindows版Mac版もあるので、汎用性が高い。なお、ソフトは主に次の特徴があります。

安全・プロなデータ復元ソフトRenee Undeleter

プロのデータ復元ソフトRenee Undeleter

  • 強力復元 – 3つの復元モードで誤削除フォーマット、ゴミ箱を空にした、ウイルス感染、など様々な原因で消えたファイルを復元可能。
  • 多種類ファイル復元対応 - Keynote、パワーポイント、Word、Excel、動画、写真、音楽など550以上種類の形式ファイルの復元対応です。
  • 対応設備が多種多様 – PC、Mac、外付けHDD、USBメモリ、ICレコーダー、カメラ、ビデオカメラ、SDカード復元可能。
  • 高速復元 – 先進的なスキャン技術エンジンによって、高速に復元することはできます。ファイル検索、スキャン結果保存などの機能もあり、復元作業を効率アップ。
  • 100%安全 – ソフトはデータを読み取るだけで、修正したり、書き込んだりなどデータにダメージを与える操作は一切ありません。安全・安心にデータ復元できます。
  • 無料 – Windows版とMac版もあり、両方も無料体験版があり、データ復元できるか確認可能です。

無料体験(Win版) 無料体験(Mac版)

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
目次に戻る

簡単・効率的にKeynoteデータを復元する方法

ステップ1:データ復元ソフトをダウンロード・インストールします。

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード

ステップ2:ソフトを起動し、「クイックパーティションスキャン」モードを選択します。

※ここはWindowsを例にしていますが、Macも同じ操作方法です。

メインメニュー

ステップ3:スキャン対象にKeynoteの場所を選択し、「次へ」をクリックします。

スキャンドライブ選択

スキャンモードを選択し、「次へ」をクリックします。

スキャンモード選択

更に多くのファイルを検索したい場合、次の手順で試してください。

【クイックパーティションスキャン】 ⇒ スキャン対象を指定 ⇒ 高級設定画面で【カスタマイズ設定】を選択 ⇒ ファイルタイプを指定 ⇒ 【その他】 ⇒ 【512Bytes】 を選択します。

ファイルタイプを指定
更に多くのファイルをスキャン

スキャンが完了したら、欲しいファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。

ファイルをプレビュー・復元します

ステップ4:復元したいファイルの保存場所を指定します。

重要:データ上書きを防ぐため、ファイルが過去保存されたドライブを指定しないでください。例えば、元々はSDカードに保存していた、今回はSDカードを指定せず別のドライブを指定してください。
保存場所を選択します
これで、Keynoteデータが復元されます。

Keynoteデータ紛失を防ぐための対策

Keynoteデータだけでなく、全てのファイル紛失防止に最も有効的な方法はバックアップです。大切なプレゼンテーションなどのファイルは必ずバックアップしましょう。普段からこまめにバックアップする習慣を付けば、高速にファイルを元に戻すことはできます。

 

万が一の場合、次の方法はお役にかもしれません。なお、変更した部分のみをバックアップ、自動バックアップなどのこともできます。

無料・効率的にバックアップする方法

目次に戻る
適切な方法を利用すると、効率的に紛失したKeynoteを復元することはできます。上で紹介した復元方法とデータ紛失防止対策を試してみてください。万が一データが紛失したら、素早く元に戻すことができます。

データ復元ソフトはは無料体験版があり、無料でデータ復元できるかを確認可能です。必要であれば、まず無料体験版で確認しましょう!

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
お役に立ちましたら、画面右側のボタンでブログやSNSでご紹介くださいm( _ _ )m

データ復元において何かご不明な点がございますか?

Loading comments...