author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iTunesを使用してiPhoneを復元するときに、「iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(4013)。」などのエラーメッセージが表示されたことはありますか?なぜこのエラーが発生するのでしょうか。 それを解決するには?この記事はiTunes不明なエラー4013の原因と対処法を紹介します。



一、itunes不明なエラー4013とは?
iTunesエラー4013は、通常、ハードウェア関連の問題です。 これは主に、USBケーブルの障害またはポートの障害が原因で発生します。 つまり、エラーは接続タイプのエラーであり、iPhoneとiTunesの間の接続に問題があることを示しています。 もちろん、他の未知の理由は除外されません。 ただし、iPhoneエラー4013により、iTunesを介してiPhoneデバイスを更新または復元することはできません。しかし、この問題は深刻ではなく、通常、いくつかの簡単な操作方法で解決できます。次に詳しく紹介します。

itunes4013エラー

二、itunes不明なエラー4013の原因と対処法

1.USBケーブルを交換

まず、使用しているUSBケーブルが正しく機能しているかどうかを確認します。 サードパーティ製のUSBケーブルが不良だと、iTunesがiPhoneデバイスを認識できないことがあります。 USBケーブルを交換し、エラーコードがまだ表示されるかどうかを確認できます。

2.USBポートを確認

iPhoneの充電口が正常に機能していることを確認し、コンピューターの別のUSBポートに切り替えてみてください。iPhoneを別のコンピューターのiTunesに接続して、コンピューターのUSBポートの問題が原因でエラーが発生していることを確認することもできます。

3.iTunesを最新バージョンに更新する

iTunesが最新バージョンでない場合、iTunesを使用してiPhoneを修復するときにもエラーが発生する可能性があります。使用する前に、必ずiTunesを最新バージョンに更新してください。

4.安定したネットワーク環境を確保する

iTunesを使用してiPhoneを修復する場合、ネットワーク環境が十分に安定していないか、ネットワーク速度が遅いと、修復プロセス中に接続が中断され、iTunesエラーが発生することがあります。解決策は、安定したネットワーク環境で再試行することです。

5.iPhoneのストレージを整理する

iPhoneを修復するための十分なストレージスペースがない場合、4013エラーメッセージが表示されることがあります。 解決策は、「設定」-「一般」-「ストレージとiCloudの使用状況」-「ストレージを管理」で不要なアプリケーションを削除して、空き容量を作ることです。

ストレージを管理

6.Renee iPassFixでiPhoneを修復

上のいずれの方法でもitunes4013エラーコードを解決できない場合は、専門的なiOS修復ソフトウェアRenee iPassFixを使用できます。

Renee iPassFixは、多機能のオールインワンiOSシステム修復ソフトウェアです。4013エラーコード、リンゴループ、繰り返し起動、フリーズ、黒い画面などiOSシステムのさまざまな問題を簡単に解決できます。iPhone / iPad / iPod TouchなどのさまざまなAppleデバイスに対応します。iOSデバイスのロック解除もでき、非常に強力です。

Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
iPhoneを修復するには?

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにUSBケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修復」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

注意:「完全修復」をオンにしない場合、iOSデバイスのデータは、修復が完了した後もデバイスに保持されます。「完全修復」がチェックされている場合、iOSデバイスのデータは消去されます。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。

修復完了

さらに、iPhoneのデータを既にバックアップしていて、iPhoneのデータが空になることを気にしない場合は、次の方法でデバイスを初期化できます。

7.iPhoneを初期化

iPhoneを初期化する1つの方法は、デバイスの組み込みデータ消去機能を使用することです。具体的な操作手順は次のとおりです:「設定」-「一般」-「リセット」を見つけ、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

すべてのコンテンツと設定を消去

8.DFUモードを使用して解決する

DFUモードを使用してデバイスを初期化する方法もありますが、「DFUモード」と「リカバリモード」はどちらもデバイスの「フラッシュモード」ですが、どちらも初期化の役割を果たすことができます。ただし、違いは、「リカバリーモード」を使用してファームウェアを復元およびアップグレードできることと、リカバリープロセス中にiTunesを使用する必要があることです。「DFUモード」は、iPhoneファームウェアのアップグレードモードを強制できます。このモードでは、iTunesはiPhoneを判別できません。復元プロセスが中断されるかどうか、および復元プロセスの画面は黒のままになります。
以下では、iPhone Xを例にして、DFUモードを使用して初期化操作を実行する方法を説明します。
  1. iPhone Xの電源を切った後、USBケーブルでコンピューターに接続し、最新バージョンのiTunesツールを開きます。
  2. 音量を上げるボタンと音量を下げるボタンを同時に押し続け、電源ボタンを押し続けます。離さないでください。約10秒間押し続けます。画面が黒いままの場合は、iPhone XがDFUモードに入っています。ボタンを離して操作を完了できます。

注意:操作中にiPhone Xの画面にロゴが表示された場合は、うまくDFUモードに入っていません。シャットダウン後、上の手順で操作をやり直してください。さらに、iPhone XがDFUモードに入ると、コンピューターのiTunesツールにポップアップウィンドウが表示されます。「復元」をクリックすると、ファームウェアを再度選択してiPhoneを初期化できます。

iPhoneを復元する

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...