author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhoneパスワードを忘れたり、写真や動画ファイルを誤って削除したりするなどの問題はよくあります。 この記事は、さまざまなiPhoneパスワード復元、写真、ビデオ、およびその他のファイルを復元方法を紹介します。



一、iPhoneパスワードを復元する方法

iPhoneを使用する場合、iPhoneのロック画面を解除する際に使うパスワード、バックアップパスワード、およびApple IDのパスワードがあります。iPhoneパスワードを忘れた場合、どうしたら復元できますか?次に詳しく紹介します。

iPhoneパスコードを解除する方法

iPhone画面をロックすると、画面操作が無効となり、誤作動を防止でき、プライベートも守れます。パスコードを忘れたまたは、ロック解除に複数回失敗する場合、次の方法でiPhoneパスワードを復元できます。
方法一:Renee iPassFixでiPhoneロックを解除する

iPhone画面ロックを解除する最も簡単な方法は、Renee iPassFixを使用することです。Renee iPassFixは、無効になっているiOSデバイスのロックをすばやく解除できます。なお、さまざまなiOSシステムの不具合を修復したり、デバイスをダウングレードしたりすることもできます。Renee iPassFixは互換性が高く、最新のiOSデバイスとiOSシステムバージョンをサポートします。次に詳しく紹介します。

Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
操作手順:
1.ソフトをインストールし、iPhoneをPCに接続します。 インターフェイスで「ロック解除」機能を選択します。

注意:Renee iPassFixを使用すると、すべてのデータと設定がデバイスから削除されます。

ipassfixメインメニュー

2.「解除」ボタンをクリックしfirmwareを自動ダウンロード。もしくは手動ダウンロード。

ファームウェアダウンロード

3.ロック画面解除完了したら、デバイスをPCから切断します。再度iPhoneにサインします。

画面ロック解除

方法二:iTunesを利用してiPhoneロックを解除する

iTunesに接続する前にiPhoneのロックを解除する必要があるが、例外が1つあります。PCでiPhoneをバックアップしている場合、ロックを解除せずにiPhoneをiTunesに接続できます。 iPhoneを同期したことがない場合、この方法は適用しません。次に詳しく紹介します。

操作手順:
① iPhoneまたはiPadデバイスをUSBケーブルでPCに接続し、iTunesを起動します。 macOS Catalina 10.15を搭載したMacの場合は、「Finder」で開いてください。

② iTunesがデバイスを同期してバックアップを作成するまで待ちます。

③ 同期が完了したら、「iPhoneを復元」をクリックします。

iphoneを復元

④ 完了すると、iOS設定がデバイスに表示されます。 ここで、[iTunesバックアップから復元]をクリックして、復元する最新のバックアップを選択できます。 最後に、iPhone / iPadデバイスの画面ロックパスワードが削除されます。

iPhoneバックアップパスワードを解除する方法

iPhoneはiCloudとiTunesを介してバックアップでき、iCloudバックアップはバックアップパスワードを設定する必要はなく、iTunesバックアップは暗号化できます。バックアップ暗号化をしたがパスワードを忘れた場合、バックアップファイルを読み取ることができなくなります。次にiPhoneのバックアップパスワードを解除する3つの方法を紹介します。
方法一:MacOSキーチェーンを確認する

MacでiTunes暗号化バックアップ中に[このパスワードをキーチェーンに保存]をオンにした場合、バックアップパスワードはキーチェーンに保存されます。したがって、「キーチェーンアクセス」でバックアップパスワードを取得できます。

操作手順:
① Macで「Finder」-「アプリケーション」-「ユーティリティ」-「キーチェーンアクセス」を見つけて、開きます。

② 「すべての項目」をクリックし、右上の検索ボックスに「iPhone Backup」と入力し、検索します。

iPhone Backupを検索

③ 「iPhone Backup」をダブルクリックし、管理者パスワードの入力が求められます。このパスワードはMacの登録パスワードです。「パスワードを表示」にチェックをつけると、iPhoneバックアップのパスワードが表示されます。

パスワードを表示

方法二:iPhoneの設定でバックアップパスワードを削除する

iOS11以降の場合は、より簡単な方法を使用してiTunesバックアップパスワードを消去できます。この方法でiPhoneのバックアップパスワードを削除できますが、バックアップファイルも同時に削除されます。

操作手順:
① iPhone / iPadデバイスで、「設定」-「一般」-「リセット」を選択します。

② 「すべての設定をリセット」をタップして、iOSデバイスのパスワードを入力します。

全ての設定をリセット

方法三:iTunesバックアップを削除しバッカアップパスワードを削除する

以前のバックアップファイルが必要ない場合は、バックアップを削除することで、バックアップパスワードを削除できます。

操作手順:

① iPhone / iPadをUSBケーブルでコンピューターに接続し、iTunesを開きます。

② iTunesのトップメニューバーで、「編集」-「設定」-「デバイス」をクリックします。 削除するバックアップファイルを選択し、「バックアップを削除」をクリックします。

iOSのバックアップ

Apple ID のパスワードをリセットする方法

Apple IDは、App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などの Apple サービスへのアクセスに使うアカウントです。Apple IDのパスワードを忘れると、これらのサービスを利用できなくなります。パスワードをリセットする前に、Apple IDのアカウント名を知っておく必要があります。パスワードのリセット方法は、Apple IDで使用するセキュリティの種類によって異なります。次に詳しく紹介します。

方法一:2ファクタ認証が有効になっている場合のパスワード変更

2ファクタ認証がオンになっている場合は、信頼できるiPhone、iPad、iPod touch、またはMacを使用して、アカウントパスワードまたはロックパスワードを使用してパスワードをリセットできます。 この方法は、iOS 10以降を搭載したiOSデバイスに適します。

操作手順:
①「設定」を開きます。

②「[ユーザ名]」>「パスワードとセキュリティ」>「パスワードの変更」の順にタップします。

「[ユーザ名]」>「パスワードとセキュリティ」>「パスワードの変更」

注意:

iCloudにサインインしていない可能性があります。「設定」>「デバイスにサインイン」>「パスワードをお忘れか Apple ID をお持ちでない場合」をタップし、画面の手順に従って操作してください。iOS 10.2以下の場合は、「iCloud」>「Apple IDまたはパスワードを忘れた」をタップし、画面の手順に従います。

方法二:アカウントでセキュリティ質問を設定している/していない場合のパスワードリセット

iPhoneにアクセスできない場合は、PCまたiPadを使用してオンラインでパスワードをリセットできます。

操作手順:
① Apple IDアカウントページ(リンク:https://appleid.apple.com/)にアクセスします。

②「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」をクリックします。

Apple ID またはパスワードをお忘れですか?

③ パスワードをリセットするオプションを選択して、「続ける」を選択します。

④ パスワードのリセット方法を選択します。

  • アカウントでセキュリティ質問を設定している場合は、「セキュリティ質問に答える」を選択し、この後の手順を実行してください。
  • メールを受信でパスワードをリセットするには、「メールを受け取る」を選択します。

パスワードリセットメールを送信しました

パスワードをリセットしたら、新しいパスワードでサインインするように求めるメッセージが画面に表示されます。また、場合によっては、お使いの各デバイス上でそれぞれパスワードを更新する必要があります。

方法三:2ステップ確認を使っているアカウントのパスワードリセット
操作手順:
① Apple ID アカウント管理ページにアクセスします。

②「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」をクリックします。

Apple ID またはパスワードをお忘れですか?

③ Apple ID を入力し、パスワードをリセットするオプションを選択して、「続ける」を選択します。

④ 2ステップ確認の復旧キーを入力します。信頼済みのデバイスを選択します。このデバイスに確認コードが送信されます。

復旧キーを入力

⑤ 確認コードを入力します。新しいパスワードを作成してから、「パスワードをリセット」を選択します。

パスワードをリセットしたら、新しいパスワードでサインインするように求めるメッセージが画面に表示されます。また、場合によっては、お使いの各デバイス上でそれぞれパスワードを更新する必要があります。

二、iPhoneの写真/動画などを復元する方法

iPhoneのデータが失われる可能性があります。写真やビデオは、誤って削除してから30日以内に「最近削除した項目」アルバムにあります。復元したい写真またはビデオがアルバムにない場合は、他の方法で復元できます。次にiPhoneデータをすばやく復元するための3つの方法を紹介します。

方法一:Renee iPhone RecoveryでiPhoneデータを復元する

Renee iPhone RecoveryはプロのiPhoneデータ復元ソフト。復元率が高く、安全性も抜群です。このソフトを利用すると、簡単にiPhoneデータを高速に復元できます。写真、動画、音楽、連絡先、アプリなど様々なファイルを復元できます。iPhoneのほか、iPad 、iPod Touchなどの設備も対応し、インターフェースがシンプルで、操作しやすいです。
Renee iPhone Recovery - プロのiPhoneデータ転送・復元ソフトiosデータ復元ソフトRenee iPhone Recovery

複数形式復元 写真、ビデオ、連絡先、通信履歴など550以上種類のデータ復元対応。

各iOSデバイス対応 全てのiPhone・iPadを対応可能。例:iPad Pro / iPad / iPad mini / iPhone X / 8 Pl...

シンプルで初心者向きな操作性 初心者も数回のクリックだけでiPad・iPhoneデータをパソコンに保存可能。

無料体験可能 無料体験版でデータを見つけられるか確認可能。

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP で実行可能。

複数形式復元 写真、動画、連絡先、通信履歴など550以上種類...

シンプルで初心者向きな操作性 初心者も数回のクリックだけでi...

各iOSデバイス対応 全てのiPhone・iPadを対応可能...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
操作手順:
① Renee iPhone Recoveryをダウンロード・インストールします。

②ソフトを起動し、デバイスをPCに接続し、「紛失したデータを復元」をクリックします。

Renee iPhone Recoveryを起動します

③「iOSデバイスから復元」をクリックし、「スキャンを始める」をクリックします。

復元モードを選択しスキャンを始めます

④ スキャン完了後、「全てのファイルを表示」にチェックを入れます。そして、復元したいデータを選択し、「復元」をクリックします。

Renee iPhone Recoveryでデータ保存します

方法二:iCloudバックアップからiPhoneデータを復元する

iCloudでバックアップしておいた場合、そのバックアップからファイルを復元できます。iCloudのバックアップから復元する前に、デバイスのコンテンツをすべて消去しておく必要があります。

注意:iPhoneを消去するには、「設定」>「一般」>「転送またはiPhoneをリセット」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

操作手順:
① コンテンツをすべて消去しデバイスの電源を入れます。

②「App とデータ」画面が表示されるまで案内にそって進み、「iCloud バックアップから復元」をタップします。Apple ID でiCloudにログインします。

バックアップと復元

③ バックアップを選択します。復元完了まで待ちます。

方法三:iTunesバックアップからiPhoneデータを復元する

iTunesのバックアップから復元することも可能です。
操作手順:
①macOS Catalina 10.15を搭載したMacで、Finderを開きます。 macOS Mojave 10.14以前を搭載したMac、またはPCでiTunesを開きます。

②USBケーブルでiPhone / iPadをPCに接続します。

③デバイスがPCに接続されたら、iTunesでデバイスをクリックし、「バックアップを復元」を選択します。

バックアップを復元

④各バックアップの日付を確認し、最も関連性の高いバックアップを選択します。「復元」をクリックして、復元が完了するまで待ちます。 暗号化されたバックアップパスワードの入力を求められたら、パスワードを入力します。

⑤デバイスの再起動後もデバイスを接続したままにし、コンピュータと同期するのを待ちます。 同期が完了した後で接続を切ることができます。

三、iPhoneをバックアップする

データ安全のため、定期的にデータをバックアップすることをすすめます。iTunesまたはiCloudで簡単にバックアップできます。
TipsiTunesのバックアップとiCloudのバックアップはどちらも、Appleによって公式に提供されているデータのバックアップと復元の方法です。少し違いがあります。

  • バックアップメディア:iTunesはソフトですが、iCloudはネットワークディスクに似ており、データはクラウドに保存されます。 iTunesのバックアップはコンピュータに保存し、iCloudのバックアップはネットワークに保存します。
  • バックアップコンテンツ:どちらもTouch ID、Apple Pay、APPStoreの設定をバックアップできません。iCloudはすでにクラウドサービスに保存されているコンテンツをバックアップできず、iTunesはiTunesから同期されたデータやクラウドに保存されている写真をバックアップできません。
  • 保存場所:iCloudでバックアップされたデータはもちろんクラウドに保存されますが、iTunesでバックアップされたコンテンツはPCに保存されます。
  • 暗号化:iTunesは暗号化の有無を指定可能で、iCloudはデフォルトで暗号化されています。

1、iTunesでバックアップする

操作手順:
① iTunesを起動し、iPhoneをPCに接続します。iPhoneのロックを解除し、デバイスのパスワードを要求されたり、「このコンピュータを信頼する」ように求められたりした場合は、指示に従ってください。

② iPhoneアイコンをクリックし、「概要」-「今すぐバックアップ」をクリックします。暗号化する場合、「iPhoneのバックアップ暗号化」にチェックを入れます。

iTunesでiPhoneデータを保存する

③ バックアップする時、デフォルト保存先はPCのCドライブにあります。「MobileSync」を検索すると、Backupというフォルダに保存されています。

2、iCloudでバックアップする

操作手順:
WiFiネットワーク環境で、iPhoneデバイスを開き、「設定」>「ユーザ名」の順に選択し、「iCloud」-「iCloud バックアップ」-「今すぐバックアップを作成」をタップします。バックアップ中は、WiFiネットワークを切断しないでください。

iCloudでバックアップ

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...