author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Touch IDやFace IDを使用してiPhoneまたはiPadパスコード解除することが多く、数字パスコードを忘れることがあります。複数回間違えると、デバイスが無効になります。この記事は、iPhoneおよびiPadのパスコードを解除する裏ワザ6つを紹介します。



目次 CONTENTS

一、iPhone / iPadのロック画面のパスコードの使用方法

日常生活の中で、人々はiPhone、iPadに多くの個人情報を保存しており、銀行カード情報も含まれている場合があります。この情報が他人に見られたり監視されたりしないようにするには、iPhoneにパスコードロック画面のパスワードを設定する必要があります。 iPhoneとiPadには、数字パスワード、Touch ID、Face Idの3つのメイン画面ロック画面パスワードがあります。 Touch IDとFace IDの普及により、ワンクリックまたはワンルックですばやくロック解除できるiPhoneのロック解除がますます効率的になりました。ただし、数字パスワードを忘れやすいという、より厄介な状況にもなります。場合によっては、デバイスのロックを解除するために数字のパスワードを手動で入力する必要があります。

次の場合は、手動でパスワードを入力する必要があります。

  • iPhone / iPadの電源を入れたか、再起動した。
  • iPhone / iPadが48時間以上ロックされている。
  • 過去6日半の間にパスワードでデバイスのロックを解除しておらず、過去4時間にFace IDでデバイスのロックを解除していない(Face IDに該当)。
  • iPhone / iPadがリモートロックコマンドを受信しました。
  • 指紋/顔認証の試行が5回失敗した後。
  • 音量ボタンとサイドボタンを同時に2秒間押し続けて、OSO緊急連絡先をシャットダウンまたは開始します(顔IDの場合)。
  • 指紋IDまたは数字パスワードを変更または追加する必要がある。
  • メディカルIDを見ようとしました。

iPhoneパスコード解除裏ワザ

ロック画面のパスコードを忘れて、間違ったパスワードを10回続けて入力すると、iPhone / iPadはデバイスが無効になっていることを示します。 また、設定によっては、パスワードを何度も入力すると、デバイス上のすべてのデータが削除される可能性があります。

注意:パスコードを10回続けて間違えると、データが消去されます。この機能は、[設定]> [Touch IDとパスコード]の[データを消去]をオンにします。
間違ったロック画面のパスワードを入力し続けると、次のようなエラーが表示されます。

  • 最初の4回で間違ったパスワードを入力した場合は、そのまま直接試すことができます。
  • 5回目に間違ったパスワードを入力すると、デバイスがロックされ、画面に1分間待ってから続行する必要があることが表示されます。
  • 1分後、デバイスのロックが解除されます。 このとき、もう一度間違ったパスワードを入力すると、6番目の入力エラーによってデバイスが5分間ロックされます。
  • 7番目と8番目の入力エラーの後、デバイスは15分間ロックされます。
  • 9番目の最後の入力エラーの後、デバイスは1時間ロックされます。

iPhoneとiPadの画面ロック機能はデバイスのデータをしっかり保護しますが、ロック画面のパスコードを忘れた場合はどうなりますか? iPhone / iPad画面のロックを解除するために、さまざまな状況に応じて、以下の複数のソリューションが提供されます。 以下の手順は、iPhone、iPad、iPod touch向けです。

二、iPhone / iPadのパスコード解除するために一般的に使用される裏ワザ

1.iTunesでiPhone / iPadパスコードを解除

iPhone / iPadがこのコンピューターでiTunesバックアップを使用している場合、画面のロックを解除せずにデバイスをiTunesに正常に接続できます。 他のコンピューターと同期したことがない場合、この方法は機能しません。 この場合、別方法を利用してください。iTunesを使ってiPhoneやiPadのロックを解除するのはとても簡単です。
操作手順:
①iPhoneまたはiPadデバイスをUSBケーブルでコンピューターに接続し、iTunesを開きます。 macOS Catalina 10.15を搭載したMacコンピューターの場合は、「Finder」で開いてください。

②iTunesがデバイスを同期してバックアップを作成するまで待ちます。

③同期が完了したら、「iPhoneを復元」をクリックします。

iphoneを復元

④完了すると、iOS設定がデバイスに表示されます。 ここで、[iTunesバックアップから復元]をクリックして、復元する最新のバックアップを選択できます。 最後に、iPhone / iPadデバイスの画面ロックパスワードが削除されます。

2.iCloudでiPhone / iPadパスコードを解除

デバイスで「iPhoneを探す」が有効になっている場合は、iCloudを使用してiPhoneを削除できます。iPhoneにアクセスできない場合や、iTunesの代わりにiCloudと同期できない場合は、このオプションを使用してください。

iPhoneまたはiPadデバイスで「iPhoneを探す」がオンになっている場合は、iCloudから画面ロックのパスワードを削除できます。 デバイスがiCloudから消去されると、画面ロックのパスワードも削除されます。

注意:iCloudでロックを解除すると、デバイスからすべてのデータと設定が削除されます。
操作手順:
① iCloudサイトを開き、Apple IDとパスワードを入力します。

icloudログイン

②「iPhone を探す」で「すべてのデバイス」を選択し、対象のデバイスを選択します。

③「iPhone の消去」をクリックします。

iPhoneの消去

注意:デバイスがネットワークに接続され、電源が入っていることを確認する必要があります。 iPhoneがオンラインである限り、上記の手順に従って、リモート消去が自動的に開始されます。 iPhoneがオフラインの場合、次回オンラインになったときにリモートで消去されます。

3.リカバリモードでiPhone / iPadパスコードを解除

iTunesリカバリもiCloudデバイス消去も使用できない場合は、リカバリモードでのみiPhoneまたはiPadデバイスのロックを解除できます。 開始する前に、この方法によってデバイスからすべてのデータと設定が削除されることを知っておく必要があります。 以前にデバイスをバックアップしたことがある場合は、デバイスのデータと設定を復元できます。 パスワードを忘れてしまう前にデバイスをバックアップしたことがない場合、デバイスを復元した後にデータを復元することはできません。
操作手順:
①まず、WindowsまたはMacコンピュータに最新のiTunesをダウンロードしてインストールします。 iTunesを開いている場合。まず閉じてください。

②iPhone / iPadをコンピュータに接続したまま、次の手順に従ってデバイスを強制的に再起動します。ただし、Appleロゴが表示されたときにボタンを放さず、リカバリモード画面が表示されるまで待ってから放してください。

  • Face IDを備えたiPadモデル:音量を上げるボタンを押してすぐにオンにします。 音量を下げるボタンを押してすぐに離します。端末が再起動してリカバリモードに入るまで電源ボタンを押し続けます。
  • iPhone8以降:音量を上げるボタンを押してすばやく離し、音量を下げるボタンを押してすばやく離します。最後に、リカバリモード画面が表示されるまで、側面の電源ボタンを押し続けます。
  • iPhone 7またはiPhone 7 Plusデバイス:電源ボタンと音量を下げるボタンを同時に押し続け、リカバリモード画面が表示されるまで両方のボタンを押し続けます。
  • iPad、iPhone 6s、またはホームボタン付きの以前のモデル:ホームボタンと上部(または側面)の電源ボタンを同時に押し続け、リカバリモード画面が表示されるまで両方のボタンを押し続けます。

iPhone / iPadのが正常にリカバリモードに入と時の画面。

リカバリーモード
③リカバリモードに入ると、iTunesが自動的にiPhoneを認識します。 「iPhoneを復元」をクリックして、iPhoneからすべてのデータと設定を消去します。

iPhoneを復元

三、プロのソフトでiPhone / iPadのパスコード解除する裏ワザ

上記の3つの公式ロック解除方法に加えて、サードパーティソフトウェアを使用してiPhone / iPadパスコード解除する裏ワザもあります。手順は非常に簡単です。次は、主に3つのソフトウェアを紹介します。Renee iPassFix、dr.fone– UnlockおよびTenorshare 4uKeyです。

1.Renee iPassFixでiPhone/iPadパスコード解除

iPhoneパスコードを忘れた場合は、iTunesやiCloudを使用していなくても、Renee iPassFixを使用してiPhoneパスコードを削除することもできます。Renee iPassFixは、Appleデバイスの修復ソフトウェアであり、iOSデバイスのロックをすぐに解除するのに役立ちます。 プロのスキルがなくても、iOSシステムのさまざまな問題をいつでも修正できます。 このソフトウェアは互換性が高く、最新のiOSデバイスとiOSシステムバージョンを完全にサポートしています。 以下の簡単な操作で、iPhone・iPad機器のロックを素早く解除できます。 この方法を使用すると、デバイスからデータと設定が完全に削除されます。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
操作手順:

1.ソフトをインストールし、iPhoneをコンピューターに接続します。 インターフェイスで「ロック解除」機能を選択します。

注意:Renee iPassFixを使用すると、すべてのデータと設定がデバイスから削除されます。

ipassfixメインメニュー

2.「解除」ボタンをクリックしfirmwareを自動ダウンロード。もしくは手動ダウンロード。

ファームウェアダウンロード

3.ロック画面解除完了したら、デバイスをPCから切断します。再度iPhoneにサインします。

画面ロック解除

2.dr.fone – UnlockでiPhone/iPadパスコード解除

dr.fone – Unlockは、プロのスキルがなくても独立して完了することができるプロのiOSデバイスロック解除ソフトウェアです。 ソフトウェアはすべてのiOSデバイスと互換性があり、数字パスワード、Touch ID、Face IDのロックを解除できます。開始する前に、デバイスで「iPhoneを探す」機能がオフになっていることを確認する必要があります。
操作手順:
  1. dr.foneをダウンロードします。「ロック解除」オプションを選択します。
  2. iPhoneまたはiPadをコンピュータにUSBケーブルで接続した後、ソフトウェアの[iOS画面のロック解除]をクリックします。
  3. デバイスをリカバリモードまたはDFUモードにする必要があります。 デフォルトでは、リカバリーモードを使用してiOSロック画面を削除することをお勧めします。 ただし、リカバリモードに入れない場合は、DFUモードに入った後でそれを削除する必要があります。
  4. デバイスがDFUモードに入ると、ソフトウェアはデバイスモデルやシステムバージョンなどのデバイス情報を表示します。 情報が正しくない場合は、ドロップダウンリストから正しい情報を選択することもできます。 次に[ダウンロード]をクリックして、デバイスのファームウェアをダウンロードします。 ファームウェアのダウンロードに成功したら、[今すぐロック解除]をクリックして、iPhone / iPadのロック解除を開始します。

dr.foneソフト

3.Tenorshare 4uKeyでiPhone/iPadパスコード解除

Tenorshare 4uKeyソフトウェアは、あらゆるタイプのiPhone / iPadパスワードを簡単にロック解除でき、最新のIPSWファイルをインストールすることでiPhoneパスワードを削除します。 ただし、デバイス内のデータをバックアップしないと、データを取得できない場合があることに注意してください。 デバイス上のすべての個人ファイルがこのプロセス中に消去されるためです。
操作手順:
  1. Tenorshare 4uKeyソフトウェアをPCまたはMacにダウンロードしてインストールし、ソフトウェアを開いて[ロック画面のパスコードのロックを解除]をクリックします。
  2. iPhone / iPadをパソコンに接続後、「スタート」をクリックします。 デバイスを検出できない場合は、インターフェイスの指示に従ってデバイスを「リカバリモード」または「DFUモード」に切り替えて、デバイスを検出できます。
  3. 指示に従って最新のIPSWファームウェアをダウンロードします。 ダウンロードが完了したら、「ロック解除の開始」をクリックして、iPhoneパスワードの削除を開始します。 パスワードを削除する間、デバイスを接続したままにします。

Tenorshare 4uKeyソフト

3つのソフトウェアの比較:
Renee iPassFixdr.fone – UnlockTenorshare 4uKey
操作難易度容易一般一般
解除可能パスコード数字パスコード/Face ID/Touch ID数字パスコード/Face ID/Touch ID数字パスコード/Face ID/Touch ID
互換性すべてのiOSデバイスとバージョンに対応すべてのiOSデバイスとバージョンに対応すべてのiOSデバイスとバージョンに対応
無償無料試用、一部の機能は有料無料試用、一部の機能は有料無料試用、一部の機能は有料

四、iTunes / iCloudからバックアップを復元する方法(事前にバックアップあり)

上記では、iPhone / iPadパスコードを解除するためのさまざまな裏ワザを紹介しましたが、パスコード解除後、以前にバックアップしたデータをデバイスに復元する必要がある場合があります。iOSデバイスのユーザーは、バックアップとリカバリに最も一般的にiCloudまたはiTunesを使用します。

1.iCloudからiPhone / iPadのバックアップを復元

操作手順:
①消去したiPhone / iPadデバイスの電源を入れます。

②画面に表示される設定手順に従い、「Appとデータ」に入り、「iCloudバックアップから復元」をタップします。 次に、画面の指示に従って、Apple IDでiCloudにサインインします。

バックアップと復元

③バックアップを選択して、iCloudのリカバリが完了するまで待ちます。

2.iTunesからiPhone / iPadのバックアップを復元

操作手順:
①macOS Catalina 10.15を搭載したMacで、Finderを開きます。 macOS Mojave 10.14以前を搭載したMac、またはPCでiTunesを開きます。

②USBケーブルでiPhone / iPadをコンピュータに接続します。

③デバイスがコンピュータに接続されたら、iTunesでデバイスをクリックし、「バックアップを復元」を選択します。

バックアップを復元

④各バックアップの日付を確認し、最も関連性の高いバックアップを選択します。「復元」をクリックして、復元が完了するまで待ちます。 暗号化されたバックアップパスワードの入力を求められたら、パスワードを入力します。

⑤デバイスの再起動後もデバイスを接続したままにし、コンピュータと同期するのを待ちます。 同期が完了した後で接続を切ることができます。

TipsiPhone / iPadの画面のロックを解除した後、セキュリティを向上させるために、デバイスのロックパスコードを設定することをお勧めします。

パスコード設定する手順:

①iPhone / iPadで「設定」を開き、次のいずれかを実行します。

  • iPhoneX以降のモデル:[Face IDとパスワード]をクリックします。
  • その他のモデル:「TouchIDとパスワード」をクリックします。

②「パスコードをオンにする」または「パスコードを変更」をタップします。指示従って、パスワードを作成または変更します。 パスコードを設定したら、Face IDまたはTouch IDを使用してiPhoneのロックを解除できます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...