author avatar
  テストマネージャー  

概要

もっと大容量のHDDがほしいので、現在のWindows10が入っているHDDを新しいHDDへ丸ごと引越しする方法はないでしょうか?HDDを丸ごとクローンするのは一番簡単な引越し方法。じゃ、HDDを引越しするには?



ノートパソコン東芝をWindows 8からWindows 10にアップグレードしましたが、もっと大容量のHDDがほしいので、現在のWindows10が入っているHDDを新しいHDDへ丸ごと引越しする方法はないでしょうか?
HDDを丸ごとクローンするのは一番簡単な引越し方法だろう。
バックアップから回復作業もなく、一回で引越し作業を完了できます。引越し後、OSを再インストールする必要がなく、HDDを変換すると、そのまま新しいHDDから起動できます。中のデータや設定、アプリケーション、環境等も元のまま。
HDD引越し

引越しするための準備は?

新しいHDD:元HDDより容量が大きい必要があります。

HDD引越しツール:「Renee Becca」はフリーの高機能HDD引越しツールです。シンプルなインタフェースで、初めてでも戸惑うことなく使えます。

これらの準備は全部完了しました?じゃ、今から引越します!

HDDを引越しするには?

まずパソコンに引越しツールRenee Beccaをダウンロードし、インストールします。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード
インストールしたら、次の手順でHDD引越しを行います。

ステップ1:新しいHDDを使用しているパソコンに接続し、ソフトを起動し、「クローン」-「ディスクのクローン」をクリックします。

ディスクのクローンを選択します。

ステップ2:クローン先(SSD)とクローン元(HDD)を指定し、「クローン」ボタンをクリックします。

クローン先とクローン元の指定。ディスクをブート可能にする
ヒント:

ディスククローン後、OSシステムをそのまま利用したい場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」にチェックを入れてください。

SSDから起動する必要がなく、ただのデータをクローンする場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」を入れないでください。

これでHDD引越しは完了します。後はHDDをパソコンに取り付ければ、そのまま利用できます。
パソコンHDD交換
「新しいHDDは元HDDより多い容量も利用したいですが、このソフトで処理できますか?」-このような疑問はまだあるかもしれません。 HDD引越し完了後、ソフト「Renee Becca」はディスクの管理ツールの呼び出しができ、余った未割り当て部分を利用できるように設定できます。詳しくは大容量HDDを無駄なく利用する方法をご覧ください。
クローンの作成やシステムの移行にも対応した高機能バックアップソフト「Renee Becca」はディスク管理ツールの呼び出し以外、ハードディスクの完全抹消機能もあります。早速ダウンロードしみませんか?
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...