ファイルが削除できない?安全に強制削除する二つの方法

author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

いらないファイルやフォルダを削除しようとすると、ファイルを削除できませんと提示される経験がありますか。次の記事では、削除できないファイルを強制・安全に削除する二つの方法を説明します。


安全削除いらないファイルやフォルダを削除しようとすると、ファイルを削除できませんと提示される経験がありますか。なぜファイルやフォルダを削除できないでしょう?可能な理由は次のようになります。

他のユーザーまたは別のアプリケーションによって開かれています。

ファイルまたはフォルダの属性は読み取り専用です。

Windowsシステムはウイルス感染しました。

原因は何であれ、いくつかのツールを使用して無意味なファイルを削除できます。次の記事では、削除できないファイルを強制・安全に削除する二つの方法を説明します。

方法1:PCをセーフモードで起動する

特定のプログラムファイルの下で自動的に実行されるマルウェアは、削除することはできません。マイクロソフトは、Windowsの問題を診断するセーフモードを提供しています。セーフモードで起動する時、システムを実行するために、必要最小限のシステム環境でPCを起動するため、インストールされている多くのプログラムは有効になっていません。この場合、通常のWindows起動時に削除できないファイルまたはフォルダを削除できます。 セーフモードでコンピュータを起動するには、次の手順を参照してください。

Windowsをセーフモードで起動する方法

方法2:ファイルシュレッダーを利用する

セーフモードでファイルやフォルダを削除できない場合、ファイルシュレッダーを使用できます。ここでRenee File Protectorをおすすめします。ファイルを暗号化・安全に削除するためのフリーソフトです。右クリックすると、削除できないファイルやフォルダを細断処理できます。ファイルシュレッダーを使用すると、削除されたファイルを復元することは不可能です。
注意: ファイルシュレッダーでファイルやフォルダを削除すると、復元できません。必要なファイルやフォルダをバックアップしてください。
ファイルやフォルダを安全に削除するには、次の手順に従い操作します。

ステップ1:Renee File ProtectorをPCにダウンロード・インストールします。

無償ダウンロード

ソフトは無償ダウンロード・利用できます。無償版はソフト起動パスワードを「123456」のみ設定できます。Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP 等の環境を対応できます。

注意: 初回インストールする時、ソフトを起動するためのパスワードを設定する必要があります。電子メールは忘れたパスワードを再取得するために必要です。
初期設定

ステップ2:削除したいファイルやフォルダを右クリックし、「安全削除」で削除します。

ソフトをインストールすると、右クリックメニュでRenee File Protectorという項目が追加されます。

安全削除
安全削除を確認します

ただ2ステップで、削除できないファイルまたはフォルダを復元できないように安全に削除できます。今すぐ無料ファイルシュレッダーをダウンロードしませんか?

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...