author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

しばらくの間コンピュータを使用した後、ディスクスペースはますますいっぱいになり、Windows 10が容量不足になります。 これは、バックアップファイルやデータが増え続けているためです。 この記事は、Windows 10でバックアップファイルを削除するための4つの解決策を紹介します。なお、誤って削除した重要なファイルの復元方法も紹介します。



一、バックアップファイルを削除する理由

コンピュータをしばらく使用した後、バックアップには大きな容量を使用するので、ディスクスペースは徐々に一杯になっていきます。 さらに、Windows 10をアップグレードした後、前のバージョンのバックアップファイルが保存され、それも多くのスペースを占有します。 バックアップディスクがいっぱいになると、バックアップデータを作成し続けることが難しくなります。使用し続けるためディスク容量の解放が必要です。

二、Windows 10でバックアップファイルを削除する方法

方法1:ファイル履歴からバックアップファイルを削除する

ファイル履歴は通常、ライブラリー、アドレス帳、お気に入り、およびデスクトップに保存されているファイルをバックアップします。希望の時点の状態に復元できます。バックアップデータは上書きされず、個別に保存されるため、ただし、バックアップファイルはだんだんより多くのスペースを占有します。ファイル履歴からバックアップファイルを削除することができます。
① 「Windows」+「R」キーを同時に押して、[ファイル名を指定して実行]を起動し、「control」を入力し、Enterキーを押します。
controlを入力する
② 「コントロールパネル」が表示されます。 「表示方法」が「カテゴリ」になっている場合、「ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存」をクリックします。表示方法がアイコンの場合は「ファイル履歴」をクリックします。
ファイル履歴
③ 「詳細設定」をクリックします。
詳細設定
④ 「バージョン」欄の「古いバージョンのクリーンアップ」をクリックします。
古いバージョンのクリーンアップ
⑤ 「ファイルの削除」ボックスをクリックし、表示された一覧から任意の期間をクリックして、「クリーンアップ」をクリックします。「クリーンアップは正常に完了しました。」というメッセージが表示されたら、「OK」をクリックします。
古いバージョンのファイルとフォルダの削除

方法2:コマンドプロンプトからバックアップファイルを削除する

Windows 10が用意するFhManagew.exeは、指定された期間内にすべてのファイルのバージョン(日数)を直接削除するためにコマンドプロンプトから実行されるファイル履歴管理ツールです。
① 「Windows」+「R」キーを同時に押して、[ファイル名を指定して実行]を起動し、「cmd」を入力し、Enterキーを押します。
コマンドプロンプトを呼び出す
② コマンドプロンプトを開いたら、削除するバージョンの期間に応じて次のいずれかのコマンドを実行し、Enterキーを押します。

  • 1か月以上バージョンを削除する場合:FhManagew.exe -cleanup 30
  • 3か月以上バージョンを削除する場合:FhManagew.exe -cleanup 90
  • 6か月以上バージョンを削除する場合:FhManagew.exe -cleanup 180
  • 1年以上(既定値)バージョンを削除する場合:FhManagew.exe -cleanup 365
コマンドプロンプトでバックアップを削除する
③ ファイルの古いバージョンが見つからない場合は、最近の期間からファイルを削除してみてください。 (例:FhManagew.exe -cleanup 30 コマンドを実行します)

方法3:Windowsの領域管理機能でシステムイメージファイルを削除する

Windows 10では、バックアップを設定している限り、デスクトップとデフォルトのWindowsフォルダにデータファイルとシステムイメージをバックアップできます。 しかし、利用可能なバックアップデータが増えるにつれて、ディスク容量がいっぱいになります。 この時、Windowsの領域管理機能でシステムイメージバックアップファイルを削除できます。
① 「Windows」+「R」キーを同時に押して、[ファイル名を指定して実行]を起動し、「control」を入力し、Enterキーを押します。
controlを入力する
② 「コントロールパネル」が表示されます。コシステムとセキュリティ」-「バックアップと復元(Windows 7)」をクリックします。「領域を管理します」をクリックします。
バックアップと復元(Windows7)
領域を管理します
③ Windowsバックアップによるディスク領域の使用方法の選択画面で、「バックアップの表示」と「設定の変更」ボタンがあります。
ディスク領域の利用方法の選択
a.「バックアップの表示」ボタンをクリックすると、削除するバックアップの期間を選択しますのダイアログが表示されます。削除したい「バックアップ期間」を選択し、右側の「削除」ボタンをクリックします。
削除するバックアップの期間を選択します
b.「設定の変更」ボタンをクリックすると、Windows による古いシステムイメージの保持方法の選択ダイアログが表示されます。「このコンピューターのすべてのシステムイメージを削除する」をクリックします。
システムイメージを削除する

方法4:Windows 10の旧バージョンファイル「Windows.old」フォルダを削除する

古いバージョンのシステムからWindows 10にアップグレードした後、バックアップフォルダWindows.oldがシステムディスクにもあります。 「Windows.old」フォルダには、Windows 10をアップグレードする前のシステムファイルが含まれており、古いバージョンのシステムファイルとインストーラファイルがバックアップされています。
この操作を実行すると旧バージョンのファイルが削除され、PCのディスク領域を空ける事ができますが、旧バージョンへは戻せなくなりますのでご注意下さい。また、この操作を実行しなくても一定期間が過ぎると旧バージョンのファイルは自動的にPC上から削除されます。
① システムディスクを右クリックして「プロパティ」を選択します。
システムディスクのプロパティー
② 「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。
システムファイルのクリーンアップ
③ 「以前のWindowsインストール」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。
以前のWindowsのインストール

三、誤って削除した重要なファイルを復元する方法

バックアップファイルをクリーンアップする時、誤って重要なファイルデータを削除した場合は、ただちにクリーニングを中止し、データ復旧ツールを使用してできるだけ早くターゲットファイルを復旧してください。 強力なデータ復旧ソフトRenee Undeleterをすすめます。初心者も簡単に利用できます。ファイルが上書きされていない場合は、削除したファイルをすばやく復旧できます。
  • SDカードデータ復元
  • ゴミ箱でたー復元
  • フォーマットデータ復元
  • 写真復元
  • Officeファイル復元
  • 高速スキャンとディープスキャン
次にRenee Undeleterでデータを復元する方法を紹介します。
① Renee Undeleterをダウンロード・インストールします。

注意: データを上書きしないように、システムドライブにソフトをダウンロード・インストールしないでください。

Renee Undeleter - 安全・プロなデータ復元ソフト・データ復元の専門家データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

無料確認可能 無料体験版でデータを見つけ出し、データを復元できるか確認可能。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
② ソフトを起動し、クイックパーティションスキャンを選択します。
クイックパーテイションスキャン
③ 目標ドライブ(紛失ファイルの場所)を選択し「次へ」ボタンをクリックします。
スキャン先を選択する
④ 「ファーストスキャン」を選択し、「次へ」をクリックしてスキャンします。

ファイルを見つからない場合、ディープスキャンを試してください。

スキャンタイプを指定する
⑤ スキャン完了まで待ちます。ファイルをプレビューし、「復元」ボタンをクリックすると復元できます。
データをプレビュー可能

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...