author avatar
  サポートマネージャー  

概要

この記事では、「問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。(コード43)」の可能な原因と解決方法を紹介します。


一、問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。(コード43)の原因

原因分析:コード43はデバイスマネージャーのエラーコードの1つであります。ハードウェア、またデバイスドライバには問題がある可能性があります。
「コンピューターの管理」-「デバイス マネージャー」で問題デバイスに黄色い感嘆符があります。問題のあるデバイスを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。  このダイアログ ボックスの 「デバイスの状態」領域に「問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。(コード43)」が表示されます。
問題が発生したのでこのデバイスは停止しました(コード34)

二、問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。(コード43)の解決方法

方法一:PC再起動

ハードウェアに何らかの一時的な問題が発生していると、PC再起動は有効な解決方法であるが、解決できない場合は、次の方法を参照してください。

方法二:デバイスを再接続

プリンター・Bluetoothアダプタ・WEBカメラなどの外付けデバイスとPCの接続が問題ある可能性があり、再接続してみます。

しかし、外付けデバイスの中に、外付けHDDを認識できない原因というと、供給電力が不足であることもあります。

最初は正常利用できるが、突然このようなメッセージが表示され、認識できなくなります。

USBデバイスが認識されません
最初は正常利用できるが、タスクバーでUSBのアイコンが突然消え、何のメッセージもありません。
タスクバーでUSBのアイコンが消えた
USBポート供給電力不足の解決方法3つ
a. 稲妻マークがついている青色のUSBポートに接続してください。
青色のUSB3.0ポート
青色のUSBポートの供給電力が最も多いため、そこを挿入することを勧めます。このコネクタを利用すると、PC本体の電源がOff状態でも、常時給電できます。(普通のUSBポートは最大500mAの電流を供給しますが、青色のUSB3.0ポートの最大電流は1000mAにも達せる)

500G 2.5インチのHDD消費電流は500mA、1T 2.5インチのHDD消費電流は700mAで、1000mAの電流なら、どれも足りるはずです。

b. ダブルパワーUSBケーブルを利用

PCに稲妻マークが付いているUSBコネクタがない場合、このケールを利用することで、電力供給不足の問題を解決できます。

ダブルパワーUSBケーブル
2本のケーブルで電力供給し、安定の動作環境をキープできます。一方のUSBポートで給電とデータ通信、もう一方のUSBポートで給電する「ダブル給電タイプ」なので、1つのUSBポートでは電力が不足してしまうパソコンでも、安定した動作が可能です。
注意:購入する際、USB機器側のインターフェースがHDDに合っているか確認が必要です。
c. システム設定を修正
① 「Win」+「R」キーを同時に押します。
win+r キーを同時に押す
② 「devmgmt.msc」を入力します。
devmgmt.mscを入力
③ 「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」-「USB Root Hub」を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
「USB Root Hub」を右クリックし、「プロパティ」をクリックします
④ 「電源の管理」タブで、「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外します。
電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする
⑤ 「OK」ボタンをクリックし、PCを再起動して済みます。

方法三:USBデバイスを取り外す

デバイスとの互換性がないなどの原因で、問題が起こす可能性があります。

ほかの外付けデバイスを外してPCを再起動してください。

方法四:デバイスを再認識させる

デバイスマネージャーで、「ディスクドライブ」を開いて、もしデバイスが黄色い感嘆符付いている場合、カードリーダーに問題があると判断できます。次には、デバイスを再認識させて、問題を解決してみます。

① 「Win」+「R」キーを同時に押します。
キーボードでwin+Rキー
② 「devmgmt.msc」を入力します。
devmgmt.mscを入力
③ 目標ディスクドライブを右クリックして、「デバイスのアンインストール」をクリックします。
「デバイスのアンインストール」をクリックします
④ 「ディスクドライブ」を右クリックして、「ハードウエア変更のスキャン」をクリックし、ドライバーを更新します。
「ハードウエア変更のスキャン」をクリックし、ドライバーを更新します
⑤  スキャン終了したら、デバイスはもう一度追加されます。デバイスをダブルクリックしてプロパティを開き、デバイスの状態をチェックします。「このデバイスは正常に動作しています。」と示す場合は、問題は解決されたとわかります。
このデバイスは正常に動作しています
常にこの方法でコード43エラーを解決できますが、できないなら次の方法を参照します。

方法五:デバイスのドライバーを更新

① 「Win」+「R」キーを同時に押します。

キーボードでwin+Rキー
② 「devmgmt.msc」を入力します。
devmgmt.mscを入力
③  「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」を開き、デバイスを選定し、右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。
ドライバー更新
ドライバーソフトウェアの最新版を検索してダウンロードします。自動検索の場合に検出できないこともあります。手動でメーカー公式サイトにドライバーソフトウェアの最新版を検索してダウンロードします。

方法六:トラブルシューティングツールの実行を利用

① ショートカットキーの「Win」+「I」キーで、設置メニューを開きます。

win+Iキー
② 「更新とセキュリティ」をクリックします。
「更新とセキュリティ」をクリックします
③ 「トラブルシューティング」の「ハードウエアとデバイス」をクリックし、「トラブルシューティングツールの実行」をクリックします。問題検出してから自動修復に入ります。
「トラブルシューティングツールの実行」をクリックします

データ復元において何かご不明な点がございますか?

Loading comments...