author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

多くのユーザーは、ディスク管理ツールを使いハードディスクをチェックするしたいが、「ディスクにアクセスできないため、ディスクのチェックを実行できませんでした」と表示されます。 この記事は、この問題に関する3つの解決方法について説明します。



「ディスクにアクセスできないため、ディスクのチェックを実行できませんでした」エラーは、多くの場合Windowsエクスプローラに関連付けられていますが、不適切な操作、マルウェア、さらには電源接続障害などの問題によって引き起こされる可能性もあります。
ディスクにアクセスできないため、ディスクのチェックを実行できませんでした

対策一:ハードディスクとコンピュータの接続を確認する

ディスクチェックを実行しようとしたときに実行不可能な状況が発生した場合は、まずディスクとコンピュータの間の接続に問題があるかどうかを判断する必要があります。 外付けハードドライブの場合は、さまざまなUSBポートまたはさまざまなケーブルを試してからコンピュータを再起動して、ポートまたはケーブルの問題をチェックできます。 また、電圧が不足するとハードドライブにアクセスできなくなる可能性があるため、USBポートに正しく電力が供給されていることを確認する必要があります。

ハードディスクの接続

おすすめ - ADsRenee Undeleter - データ復元の専門家 データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

多OS支持Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP,2000及びMac OS X10.6,10.7,10.8

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

対策二:ドライブ文字とパスを変更する

各ハードディスクには、コンピュータに接続したときに特定の文字(ドライブ文字)が割り当てられています。 現在発生している問題を解決するには、ドライブの文字を変更してドライブを新しいドライブ文字に割り当て直すことを試みることができます。 具体的な手順は次のとおりです。

①「Windows 」+ 「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開きます。

Winキー+Rキー

② [ファイル名を指定して実行]ダイアログに「diskmgmt.msc」と入力して、Enterキーを押します。

diskmgmt.mscを入力

③問題のあるパーティションを右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。

ドライブ文字とパスの変更

④「変更」ボタンをクリックし、新しいドライブ文字を指定します。

ドライブ文字変更

対策三:コマンドプロンプトでチェックディスクを実行する

Windowsでディスクにアクセスできない場合は、コマンドプロンプトでディスクエラーをチェックしてみてください。 「chkdsk / r」コマンドを実行してハードドライブ全体をスキャンし、ハードドライブに関する問題を見つけて修正できます。
注意 「chkdsk / r」コマンドを実行すると、chkdskは論理エラーとハードディスクの不良セクタをスキャンします。 ハードディスクドライブに不良セクタが見つかった場合、chkdskは自動的に不良セクタを修復し、ハードディスクのデータが失われる可能性があります。

ハードディスク上のデータ損失を防ぐために、chkdskコマンドを開始する前に、ハードディスク上の重要なファイルを安全な場所に復元する必要があります。 安全高速なデータ復元ソフトRenee Undeleterをすすめます。詳しくは次の手順を参照してください。

1、ソフトを起動し、「パーティションの完全スキャン」モードを選択します。

「パーティションの完全スキャン」をクリックします

2、スキャン対象に問題ドライブを選択し、「次へ」をクリックします。

スキャンしたいSDカードを選択し、「次へ」をクリックします

3、スキャンが完了したら、欲しいファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。

ファイルをプレビュー・復元します

データ復旧が完了したら、ハードディスクエラーの修復を開始できます。手順は次のとおりです。

① 検索ボックスで「cmd」を入力し、検索結果でを右クリック、「管理者として実行」をクリックします。

コマンドプロンプト

② コマンドプロンプトに「C:」を入力して、Enterキーを押します。

注意:C:は問題あるドライブ名ですので、状況に応じて変更する必要があります。 次に「chkdsk / r」コマンドを入力してEnterキーを押し、修復が完了するのを待ちます。

chkdsk / r ドライブチェック

③ 修復完了したら、パソコンを再起動します。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...