author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

Mac OS High Sierra10.13からのセキュリティシステムが原因で、任意のアプリシから内蔵システムドライブへのアクセスが許可されていません。そのため、macOS10.13でデータ復元が必要な場合、システム整合性保護機能(SIP)を毎回無効にすることが必要です。macOS10.13以上のシステムでデータ復元の場合、次の方法を参照してください。
 ダウンロード(Win版)  ダウンロード(Mac版)


Mac OS High Sierra
Mac OSを10.13(High Sierra)にアップグレードした後、MacOS自身制限のため、任意のアプリから内蔵システムドライブへのアクセスが許可されなくなりました。従って、システムドライブからデータを復元したい場合、次のように、復元ソフトからはシステムドライブを見つかりません。
システムディスクがなくなった

なぜソフトはMacOS High Sierraでうまく利用できません。

その原因は、Mac OS High Sierra 10.13 のSIP(システム整合性保護)です。SIPは、OS X 10.11(El Capitan)及び以降のバージョンで採用している新しいセキュリティ技術です。Mac 上の保護されたファイルやフォルダを改ざんしようとする悪質なソフトウェアからデータを守ります。

macOS High Sierra

ルートユーザアカウントでも同様に制限されます。Apple による署名済みで、さらにシステムファイルへの特別の書き込み権限を与えられたプロセス (Apple ソフトウェア・アップデートや Apple インストーラなど) に限り、保護された部分に対する変更を認める仕様になっています。 Mac OSからデータを復元するには、OSの保護されている部分にアクセスしなければなりません。従って、ルートユーザアカウントになっても、データ復元ソフトがシステムディスクをスキャンできません。その場合、Mac OSのSIPを無効にしたら、データ復元ソフトが正常に動作できます。

Mac OSのSIPを無効にする方法

ステップ1:Macのメニューをクリックし、「再起動」をクリックします。

Mac再起動

ステップ2:「Command」+「R」を押しながらMacを起動します、リカバリーモードを入るまで押し続けます。

「Command」+「R」を押しながらMacを起動します
リカバリーモードへ入るにはお時間がかかるので、しばらくお待ちください。

ステップ3:リカバリーモードに入ったら、メニューバーにある「ユーティリティメニュー」から「ターミナル」を選択します。

メニューバーにある「ユーティリティメニュー」から「ターミナル」を選択します

ステップ4:開いたターミナルウインドウで「csrutil disable」を入力し、「Return」キーを押します。

「csrutil disable」を入力します

ステップ5:Macを再起動します。

データ復元ソフトRenee Undeleterが再びシステムディスクをスキャンできます。

データ復元ソフトが再びシステムディスクをスキャンできます

MacOS10.13でシステムディスクからデータを復元する方法

データ復元ソフトRenee Undeleterは、ディスクをディープスキャンでき、写真、音楽、ビデオ、ドキュメントやインストールファイルなどのすべてのデータにも対応可能!

なお、ローカルディスクばかりではなく、USBメモリー外付けHDD、カメラやAndroid端末からも紛失したデータを取り戻せます。

Renee Undeleter – プロのデータ復元ソフト

プロのデータ復元ソフトRenee Undeleter

  • 500以上種類のデータ復元対応 – 写真、動画、エクセル、ワード、ドキュメント、PDF、メール、音楽等よく利用されるファイル。
  • 操作簡単 – ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。
  • 100%安全 – 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。
  • プレビュー機能付き – スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。
  • 無料確認可能 – 無料体験版でデータを見つけ出し、データを復元できるか確認可能。

無料体験(Win版) 無料体験(Mac版)

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

ステップ1:Renee Undeleterをダウンロード・インストールします。

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
紛失したデータが上書きされないため、ソフトをデータ紛失したドライブ/場所にインストールしないでください。例えば、ドライブCからデータを復元したいなら、ソフトをドライブD / E / FなどのドライブC以外の場所にインストールします。

ステップ2:ソフトを起動し、適切な復元モードを選択します。

Renee Undeleterを起動します
「クイックパーティションスキャン」はオススメです。高速で消失したファイルを見つかることができます。データが見つからない場合、パーティションの完全スキャンまたはディスクの完全スキャンを試してください。ただし、より多くの時間がかかります。

ステップ3:システムディスクを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

スキャン場所を選択します

ステップ4:ファイルをプレビューして復元します。

復元したいファイルのチェックボックスにチェックを入れて、「復元」ボタンをクリックすると、復元できます。 写真、動画、ドキュメントなどのファイルがプレビュー可能です。ファイルを復元可能かを確認できます。

復元完了まで待ちます
データ紛失を防ぐためには、普段からのバックアップは必要です。万が一データが紛失したら、素早く元に戻すことができます。 万が一、バックアップせずにデータを失った場合、直ちにデータ復元作業を実行するのは鉄則です。この記事で紹介したソフトは無料体験版があり、無料でデータ復元できるかを確認可能です。必要であれば、まずダウンロードから!
Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
お役に立ちましたら、画面右側のボタンでブログやSNSでご紹介くださいm( _ _ )m

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...