author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

多くのWindowsユーザーが「KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR」というエラーに遭遇しました。エラーが発生した後、元々安定していたシステムはブルースクリーンになりがちです。 起こした原因は何ですか?どのように修復しますか? この記事の中に、答えがあります。


KERNEL DATA INPAGE ERRORエラーの症状

症状1:0x0000007aエラースクリーン

「KERNEL DATA INPAGE ERROR」エラーの別称は「0x0000007a」エラーです。一部のWindowsシステムバージョンでは、「0x0000007a」ブルースクリーンの形式で表現されます。

0x0000007a
症状2:システムに入れない「KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR」

Windows 8 / 8.1 又はWindows 10の場合では、エラーが下の図のような症状があります。

kernel-data-inpage-error

KERNEL DATA INPAGE ERRORエラーの原因

Windowsの「KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR」エラーは、通常ハードディスクの不良セクターやRAMメモリ故障に起こされます。
原因1:メモリ故障
メモリが間違って読み書きを繰り返すのはこのエラーを起こすよく見られる原因です。
原因2:ハードディスクのファイルシステムの故障
もう一つの原因は、ハードディスクの読み書きエラーによって不良セクターが現れるため、ハードディスクのファイルシステムの故障です。

解決策一:ハードウェアの接続をチェック

ハードディスクのエラーやメモリの故障が「KERNEL DATA INPAGE ERROR」エラーを起こす主な原因ため、まずはコンピュータの中でこの二つのパーツが正しく接続されたいるかどうかを確認してください。ハードディスクには、IDE/SATAの接続ケーブルの接続をチェックするやPCIeスロットに正しく埋め込まれていることを確認します。メモリの場合も同じで、正しくスロットに挿入されているかどうかを確認します。必要のとき、メモリを取り外して、消しゴムで接続先の汚れを取り除いてからコンピュータに取り付け直します。
接続をチェック

解決策二:CHKDSKコマンドで修復

CHKDSKコマンドがハードディスクエラーや不良セクターを修復するために使用されるコマンドであり、このコマンドがすでに無数のユーザーに「KERNEL DATA INPAGE ERROR」エラーを修復します。
1.検索欄に「CMD」を入力します。
コマンドプロンプト-1
2.結果の「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。
コマンドプロンプト2
3.コマンドプロンプトで、「chkdsk C:/F」と入力して、「enter」キーを押します。確認提示が出るとき、「Y」を押して次の再起動するときCHKDSKでシステムドライブのCドライブをスキャンします。
chkdskコマンド
注意:コマンドの実行は管理者アカウントが必要なので、管理者権限がない場合、Windowsシステムレスキューソフト Renee PassNow を利用し、管理者権限アカウントを作成できます。

Renee PassNowで管理者アカウントを作成する

1.Renee PassNowをダウンロードしてインストールします。

Windows版無料ダウンロード
2.USBメモリまたはCDをパソコンに挿入します。Renee PassNowを開き、「USBを作成」/「CDを作成」ボタンをクリックし、起動ディスクを作成します。
USB/CDを作成します
3.起動ディスクをPCに挿入し、BIOS画面を呼び出します。起動ディスクから起動するように、USB/CDを一番上に設定します。

BIOS画面を呼び出方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。
4.USB/CDから起動するようになり、次の画面が表示され、PassNow!機能を選択します。
Renee PassNowメニュー
5.システムを選択して、「アカウントを作成」をクリックし、管理者アカウント「RENEE」(パスワード:123456789)が作成されます。
管理者アカウントを新規作成

解決策三:メモリトラブルシューティング

メモリ故障ための「KERNEL DATA INPAGE ERROR」エラーをトラブルシューティングするとき、「MemTest86」というソフトを推薦します。これは、USBからブートするメモリテストソフトであり、アルゴリズムとテストパターンを通してコンピュータのRAMメモリをテストし、コンピュータの不安定の原因を診断できるようにします。
1.Windows MemTest86のUSB作成イメージをダウンロードします。

ダウンロードアドレス:https://www.memtest86.com/download.htm

2.解凍してimageUSBツールを実行し、簡単にコンピュータに挿入したUSBを選んでブートUSBを作成します。この操作はUSBに置いたデータをすべて削除するのをご注意ください。
3.BIOSでUSBが第一起動項目を設定し、MemTest86が起動するとき、10秒カウントダウンの画面が現れます。カウントダウンしてからテストが自動的に始まります。
memtest1
4.テストが終わると、テストの結果が表現されます。結果によって問題を判断してください。
memtest2

解決策四:ページングファイルのサイズを自動的に管理する

「KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR」エラーの文字通り、ページファイルのサイズを自動的に管理すると、ブルースクリーンが発生する確率が大幅に下げます。
1.「Window」+「E」キーを押して、左で「PC」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。
ページファイル-1
2.システムの詳細設定をクリックします。
ページファイル-2
3.パフォーマンスの「設定」をクリックします。
ページファイル-3
4.詳細設定のタップで、仮想メモリの「更改」をクリックします。
ページファイル-4
5.「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」にチェックを入れます。
ページファイル-5

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...