author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要
この記事は、HDD拒否問題の解決策とデータを復元する方法を紹介します。



HDDのアクセス拒否対処法とデータ復元の方法

I. HDDアクセス拒否の理由

HDDを開こうとしたときに「HDDアクセスできません。アクセスが拒否されました」というメッセージが表示される場合は、次のような理由が考えられます。

HDDアクセスできません。アクセスが拒否されました

  • ケーブルが損傷しているか、外付けHDDに正しく接続されていません。
  • ファイルシステムが破損している、HDDが RAW になっている、または不良セクタがある。フォーマットやchkdskコマンドで修復できます。
  • HDDがウイルスに感染している。ウイルス対策ソフトによるスキャンと駆除が可能です。
  • ディスクの使用権限がありません。この問題は、ディスク上のシステム アカウントのアクセス許可を変更することで解決できます。
  • HDDは BitLocker などの暗号化ソフトウェアによって暗号化されています。この問題は、Bitlocker 暗号化をオフにするか、他の暗号化ソフトウェアの暗号化を解除することで解決できます。
HDDへのアクセスが拒否される原因を理解したら、対応する解決策を見てみましょう。

II. HDDアクセス拒否の解決策

1. Chkdsk コマンドを使用してHDDを検出・修復

Chkdsk の正式名は Microsoft Check Disk で、ディスク チェック用の命令プログラムです。その基本機能は、ディスク上のファイル システムの整合性をスキャンし、ファイル システムのエラーを修復することです。Chkdsk は、ディスク上のセクタのスキャン・ディスクを修復もサポートします。詳細については、「CHKDSK とは何ですか? 」を参照してください。
ステップ 1: コンピュータの検索ボックスで「cmd」を検索し、「コマンド プロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

コマンドプロンプト

ステップ 2: コマンド プロンプト ウィンドウで、コマンド「chkdsk E: /f」(E: はハードディスクのドライブ文字、/f は修復パラメータ) を入力し、「Enter」キーを押します。損傷の程度やストレージ容量のサイズによっては、修復プロセスに時間がかかります。修復が完了したらコマンド プロンプトを終了し、対象のハード ドライブを再度開いて問題が解決されたかどうかを確認します。

「chkdsk E: /F」と入力します

ヒントこのコマンドでハードディスクが修復されない場合は、「chkdsk E: /r」コマンドを試すこともできます。「/r」も修復パラメータであり、不良セクタを見つけて読み取り可能な情報を復元できます。 「/r」には「/f」の機能が含まれており、物理ディスクのエラーに関する追加の分析を実行します。

2. ディスクの使用許可を設定する

ステップ 1: Windows アイコンをクリックし、左側の列のサインインアカウントアイコンをクリックします。リストで管理者アカウントを見つけ、クリックして管理者アカウントに切り替えます。管理者アカウントを使用している場合、この手順は必要ありません。

アカウント

ステップ 2: アクセスが拒否されたハード ディスクを右クリックし、[プロパティ] を選択し、[セキュリティ] タブの [編集] ボタンをクリックして、ディスク上のアカウントのアクセス許可 (フル コントロール、変更、読み取りを含む) を設定します。実行、読み取り、書き込みなど)を行うには、「グループまたはユーザー名」リストで対象のアカウントを選択し、その下の「ユーザー権限」ですべての権限を「許可」に設定してください。操作完了後、「OK」をクリックし、対象のアカウントで再度ハードディスクにアクセスし、問題が解決するかどうかを確認してください。

アカウント権限設定

3. HDDのドライブ文字を変更する

アクセスが拒否されたハードディスク パーティションのドライブ文字を変更して (たとえば、E を F に変更して) アクセスを試行することもできます。
ステップ 1: Windows アイコン + X キーを同時に押し、メニューで「ディスクの管理」を選択し、対象のハードディスクを右クリックして、「ドライブ文字とパスの変更」を選択します。

ドライブ文字設定

ステップ 2: 「変更」をクリックしてハードディスクのドライブ文字を変更し、「OK」をクリックします。次に、ファイルエクスプローラーを開き、「このPC」を選択して、HDDにアクセスできるかどうかを確認します。

ドライブ文字

4. HDDのデータを復元し、HDDをフォーマット

上の 3 つの方法で問題が解決しない場合は、Renee Undeleter を使用してHDDのデータを復元してください。HDDがディスク管理に表示されている限り、このソフトウェアを使用してスキャンして復元することができます。ファイルを保存し、HDDをフォーマットできます。フォーマットすると、HDD内のすべてのデータが消去され、ファイル システムがリセットされるため、一部のHDDの障害を修復することもできます。

① Renee Undeleterを使ってHDDのデータを復元する方法は?

Renee Undeleterは、さまざまなデータ ファイルを復元するために特別に使用されるソフトウェアであり、重要なファイルを誤って削除したり、ごみ箱を空にしたり、ディスクやストレージをフォーマットしたりした場合に、このツールを使用して失われたデータを取り戻すことができます。このソフトウェアは、4 つの復元モードをカバーしており、あらゆるデータ損失の問題を総合的に解決するのに役立ちます。
Renee Undeleter - 安全・プロなデータ復元ソフト・データ復元の専門家データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

無料確認可能 無料体験版でデータを見つけ出し、データを復元できるか確認可能。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
具体的な手順は次のとおりです。
① ソフトをインストールし、外付けデバイスを復元したい場合、PCに接続します。ソフトを起動し、「パーティションの完全スキャン」モードを選択します。

注意:データ上書きを防ぐため、復元したいドライブにソフトをインストールしないでください。

「パーティションの完全スキャン」をクリックします

復元モードの紹介

  • クイックパーティションスキャン – ファイルタイプを指定することで素早く削除したデータを復元します。
  • パーティションの完全スキャン – パーティションを丸ごとスキャンし、削除したファイルを復元します。
  • ディスクの完全スキャン – ディスクをまんべんなくスキャンし、すべてのファイルを救出します。
  • ミラーリング作成 – データの損失を防止するためにディスクをバックアップします。

② スキャン対象にSDカードを選択し、スキャンモードを選択し、「次へ」をクリックします。

スキャンしたいSDカードを選択し、「次へ」をクリックします

③ スキャンが完了したら、ファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。データ上書きを防ぐため、復元したデータを元の場所じゃなく、他のドライブなどに保存してください。

復元データをプレビュー

② HDDをフォーマットするにはどうすればいいですか?

ステップ 1: データの復元またはバックアップが完了したら、アクセスできないハードディスク パーティションを右クリックし、「フォーマット」をクリックします。

フォーマット

ステップ2:必要なファイルシステム、ユニットサイズなどを選択し、「開始」をクリックしてフォーマットを開始します。フォーマット後は、ドライブにアクセスして通常どおり使用できるようになります。

フォーマット