author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhoneにロック画面パスワードを設定した場合、デバイスを初期化しない限り、ロック解除できません。しかし、GrayKeyを使えば、セキュリティの高いiPhoneのロックを解除できます。GrayKeyとは何ですか?どのようにiPhoneのロックを解除しますか? この記事は詳しく紹介します。



一、GrayKeyとは?

サンバーナーディーノ銃乱射事件で、Apple社は、容疑者のiPhoneロック解除を拒否したが、GrayKeyというデバイスが容疑者のiPhoneロック解除した。セキュリティが高いiPhoneのロックも解除できるなんて、GrayKeyとは何ですか?

GrayKeyは、パスワードを知らなくてもiPhoneのロックを解除できるデバイスであり、GrayShiftという会社によって作成されています。 2016年に設立され、ジョージア州アトランタに本社を置く同社は、従業員50人未満の民間企業です。 フォーブスによると、ロック解除デバイスのメーカーは警察の経歴があり、法執行機関または研究所内で販売されています。

graykeyとは

二、GrayKeyはどのようにiPhoneロックを解除する?

GrayKeyは、長さ約10cm、高さ約5cmの灰色の箱で、前面から2本のケーブルが突き出ており、2つのiPhone / iPad / iPod Touchデバイスを同時に接続できます。 使用するときは、デバイスをiPhoneに約2分間接続するだけで、その後接続を解除できます。このとき、パスワードは解読されず、一定時間(パスワードが複雑な場合は2、3日)がたつと、 黒い画面がiPhoneに表示され、パスワードとシステムファイルを含むコンテンツ全体がGrayKeyデバイスにダウンロードされます。

graykeyとは

三、GrayKeyでiPhoneロック強制解除を防ぐには?

外国メディアの報道によると、GrayKeyは政府機関向けに開発されたものであり、売り手は警察と行政機関に限定されていますが、機器技術が漏洩しないことを保証することは難しい。 そのため、iPhoneユーザーとして、継続的な更新によってiPhoneのセキュリティを強化し、日常使用中のiPhoneのセキュリティにより注意を払うことができます。 パスワードが強制的に解読されるのを防ぐ方法をいくつか紹介します。

1.iPhoneロックパスワードを「カスタムの英数字コード」に設定

iPhoneのロック画面のパスワードを長く複雑に設定すると、誰かがデバイスのパスワードをロック解除する可能性が低くなります。 単純な4桁または6桁のパスワードは簡単に強制的に解読される可能性があるため、文字と数字の組み合わせを使用することをお勧めします。 より複雑なロック画面のパスワードの設定方法は次の通りです。

iPhoneを開き、「設定」-「Touch IDとパスコード」-「パスワードを変更」をタップし、パスワードを入力してから「パスコードオプション」-「カスタムの英数字コード」を選択します。より複雑だと思われるパスワードを入力してください。

カスタムの英数字コード

さらに、この方法でパスワードを変更する前提は、元のロック画面のパスワードを忘れていないことです。忘れた場合はプロのソフトウェアRenee iPassFixeでiPhoneのロックを解除できます。

Renee iPassFixeは、多機能でオールインワンのiOSシステム修復ソフトウェアで、iOSデバイスのロックを解除できます。 繰り返し起動、フリーズ、黒い画面、リンゴループなどさまざまなiOSシステムの問題を解決し、iPhone / iPad / iPod TouchなどのさまざまなAppleデバイスに適用できます。

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
TipsRenee iPassFixでiPhoneロック解除するには?

1.ソフトをインストールし、iPhoneをコンピューターに接続します。 インターフェイスで「ロック解除」機能を選択します。

注意:Renee iPassFixを使用すると、すべてのデータと設定がデバイスから削除されます。

ipassfixメインメニュー

2.「解除」ボタンをクリックしfirmwareを自動ダウンロード。もしくは手動ダウンロード。

ファームウェアダウンロード

3.ロック画面解除完了したら、デバイスをPCから切断します。再度iPhoneにサインします。

画面ロック解除

2.パスコード10回間違ったらデータを消去するように設定

一般に、iPhoneがロック画面のパスワードを3回誤って入力すると、デバイスは自動的に後で再試行するようと表示され、パスワードの再入力を試みるのに5分間隔があります。 したがって、デバイスが他人の手に落ちることによるデータの損失を防ぐために、パスコードの入力に10回失敗したらデータを消去機能をオンにすることをお勧めします。これは、間違ったパスワードを10回連続して入力すると、デバイス内のすべてのデータを消去します。詳しい手順は次の通りです。

iPhoneを開き、「設定」-「Touch IDとパスコード」-「データの消去」をオンにします。

データを消去

3.定期的な暗号化されたバックアップを取る

iPhoneデバイスの紛失や盗難、ロック画面のパスワードのクラック、デバイスのデータ漏洩を防ぐため、デバイスの重要なデータを定期的にバックアップし、iPhoneの重要なコンテンツを削除することをお勧めします。 通常、iPhoneユーザーはiTunesを介して直接バックアップし、暗号化を有効にしませんが、デバイスデータの保護を強化するために、暗号化されたバックアップ方法を選択することをお勧めします。

1.暗号化されたバックアップが必要なiPhoneをコンピューターに接続し、このデバイスを「信頼」をタップし、iTunesソフトウェアを開き、iPhoneアイコンをクリックします。 (注意:iPhoneデバイスとiTunesソフトウェアが最新バージョンに更新されていることを確認してください。)

itunesでデバイスアイコンをクリックする

2.「一般」タブまたは「概要」タブで、「バックアップ」の「ローカルのバックアップを暗号化」を選択します。

ローカルのバックアップを暗号化

3.バックアップデータのパスワードが設定されます。設定するパスワードを入力するだけです。 (注意:パスワードを設定した後、忘れないようにちゃんと保管してください。)

4.パスワード処理が完了したら、暗号化したバックアップが正常に作成されているか確認してください。バックアップが作成された日時が表示されていれば問題ありません。

上は暗号化されたバックアップの操作手順であり、バックアップが完了したら、iPhoneデバイスの不要なコンテンツを計画的に削除できます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...