author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhoneのiOSをアップデートした後、「不明なエラー(0xE8000013)が発生したため、iPhoneをアクティブできませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」というiPhoneアクティベーションエラーが表示されます。この記事はその原因と対策を紹介します。



多くのユーザーは、PCのiTunesを使用してiPhone 5sまたはiPhone 6またはiPadのiOS12を更新した後、言語と地域を設定すると、iTunesで次のエラーが表示されます。 「不明なエラー(0xE8000013)が発生したため、iPhoneをアクティブできませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」

エラー0×e8000013

有効なSIMカードを使用しても、「アクティベーションサーバが一時的に利用できないため、このiPhoneをアクティベートできませんでした、iPhoneをiTunesに接続してアクティベートしてみるか、数分後にやり直してください。」が表示され、アクティベートできません。

アクティベーションサーバが一時的に利用できないため、このiPhoneをアクティベートできませんでした、iPhoneをiTunesに接続してアクティベートしてみるか、数分後にやり直してください。

多くのユーザーがこの問題に遭遇し、WiFi、コンピューターなどの交換など、さまざまな方法を試しましたが、役に立ちませんでした。 以下では、この問題を引き起こす可能性のある理由と対応するソリューションを紹介します。

一、iOS12の更新後、エラー0xe8000013でiPhone/iPadをアクティベートできない原因

iOS12の更新後、iPhoneまたはiPadのアクティベーションエラーが出る原因は異なる場合があります。

  • Touch IDモジュール、バッテリー、メモリモジュールなど、iPhone / iPadコンポーネントを交換したことがあります。
  • iTunesのバージョンが古すぎます。
  • コンピューターのファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアにより、iTunesがAppleアクティベーションサーバーにアクセスできなくなります。
  • Apple Mobile Device USBドライバーが破損しているか、インストールされていません。
  • iOSデバイスには有効なSIMカードまたはIMEIがありません。
  • アクティベーションサーバーは一時的に利用できません。

二、iPhoneアクティベーションエラー0xe8000013の対策

Touch IDモジュールなどのハードウェアが交換されたiPhoneデバイスのアクティベーションプロセスに0xe8000013が表示され、効果的な解決策がまだありません。Appleの公式のアフターサービスに連絡して、関連する解決策があるかどうかを調べることができます。 ただし、ソフトウェアの問題が原因である場合は、次の方法でiPhoneアクティベーションエラーの問題の修正を試みることができます。

方法1:リカバリモードに入り、iTunesで再度アクティブ化を試みる

一部のユーザーは、iTunesを使用してリカバリモードでiPhoneまたはiPadを復元します。 その後のアクティベーションでは、エラー0xe8000013は見られませんでした。 この方法はすべてのユーザーに有効なわけではありませんが、試してみてください。

リカバリモードとは何ですか?

リカバリーモードはコンピューターのセーフモードに似ています。iPhoneをリカバリーモードに設定した後、バグは自動的に除去され、システムが再実行されるため、リカバリーモードはiPhoneを問題前の状態に復元できます。通常、ソフトウェアの問題に解決するために使用されます 。

iphoneリカバリモード

リカバリモードに入るには?

  1. コンピューターにiTunesの最新バージョンをインストールします。
  2. iTunesを開き、iPhoneをシャットダウンしてコンピューターに接続します。
  3. iPhoneを強制的に再起動し(iPhone 6sシリーズ以下では電源ボタン+ホームボタンを押し、iPhone 7シリーズ以上では電源ボタン+音量をさげるボタンを押します)、押し続けます。
  4. iTunesロゴが表示されるたら、ボタンを放すことができます。
  5. iTunesに接続すると、アップデートまたは復元が表示されます。アップデートでは既存のiPhoneデータは削除されませんが、バックアップを復元すると、iPhoneは最新のバックアップ状態または工場出荷時の状態に復元されます。

<iPhoneを復元する

方法2:iTunesを最新バージョンに更新

iTunesの古いバージョンでもこのエラーが発生する場合があります。 iTunesの最新バージョンを手動で更新または再インストールしてから再試行することをお勧めします。

itunesを最新版に更新

方法3:サードパーティのセキュリティソフトをアンインストール

サードパーティのセキュリティソフトウェアまたはコンピューターの独自のファイアウォールにより、iTunesがAppleのアクティベーションサーバーに接続できない場合があります。 関連するソフトウェアを一時的に無効化またはアンインストールして、iPhoneまたはiPadのアクティベーションを再度試みることができます。

方法4:Apple Mobile Device USBドライバーを再インストール

接続しているデバイスがコンピューターで認識されない場合、ユーザーは0xEシリーズのエラーを受け取ることもあります。 この時点で、ドライバーの更新を試みることができます。
Macを使用する場合:

  1. iPhone / iPad などiOSデバイスを接続して、iOS デバイスのロックが解除されていて、ホーム画面が表示されているか確認します。
  2. Mac で、「option」キーを押しながら Apple メニューをクリックし、「システム情報」または「システムレポート」を選択します。
  3. 左側のリストから「USB」を選択します。
  4. 「USB 装置ツリー」の下に iPhone、iPad、または iPod が表示されている場合は、最新の macOS を入手するか最新のアップデートをインストールします。

USB 装置ツリーでiPhone接続を確認する

Windowsを使用する場合:

  1. デバイスをコンピュータから取り外します。
  2. iPhone / iPad などiOSデバイスのロックを解除し、ホーム画面を表示します。その上で、デバイスを再接続します。iTunes が開いたら、閉じます。
  3. 「スタート」ボタンをクリックしたまま押し続け (または右クリックして)、「デバイス マネージャー」を選択します。
  4. 「ポータブル デバイス」セクションを探して展開表示にします。
  5. 接続したデバイス (「Apple iPhone」など) を探し、そのデバイス名を右クリックして、「ドライバの更新」を選択します。
  6. 「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索します」を選択します。
  7. ソフトウェアがインストールされたら、「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」の順に選択し、ほかに提供されているアップデートがないことを確かめます。
  8. iTunes を開きます。

Apple Mobile Device USBドライバーを更新

方法5:Renee iPassFixでiPhoneを修復して再アクティブ化

上の方法でiPhoneアクティベーションエラー0xe8000013を解決できない場合は、Renee iPassFixを使用して、関連するiPhoneおよびiPadを修復することができます。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修復」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

注意:「完全修復」をオンにしない場合、iOSデバイスのデータは、修復が完了した後もデバイスに保持されます。「完全修復」がチェックされている場合、iOSデバイスのデータは消去されます。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。

修復完了

iOSアップデートの前に、特にiPhone5S、iPhone5Cなど一部の古いiOSデバイスでは、アップデートを実行する前にシステムの互換性が良好かどうか、およびエラーがあるかどうかを確認します。 そうしないと、不要なトラブルが発生します。以上はiPhoneアクティベーションエラー0xe8000013を迅速に解決する方法です。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...