author avatar
  テストマネージャー  

概要

「別のプログラムが使用中で…削除できません。」というファイル/ファルダが使用中のため削除できないメッセージが出てファイル/フォルダを削除できないことがよくあるだろう。この問題にほぼ2つの理由があります。この記事では、この問題を解決するために6つの解決方法を紹介します。



一、「別のプログラムが使用中…」でファイル/フォルダだ削除できない理由

ファイル/フォルダを削除しようとした時、「別のプログラムが使用中で…操作が完了できません。」というメッセージが表示されたことがありますか?それは、フォルダ内のファイルが開いているか、そのファイルまたはフォルダが他のプログラムによって使用されているためです。また、ファイルやフォルダはウイルスに感染しているため、ウイルスプログラムの実行中にファイルやフォルダを削除することはできません。
使用中のファイル
「別のプログラムが使用中で…操作が完了できません。」というメッセージが表示された場合は、開いているファイル/フォルダを閉じるか、コンピュータを再起動して削除してください。

まだ正常に削除できない場合は、次の6つの方法を試してみましょう。

二、ファイル/フォルダを削除できない時の対処法

方法1:ウイルス対策ソフトでウイルスを駆除する

コンピュータ再起動後にターゲットファイルやフォルダを削除できない場合、ウイルスに感染している可能性があります。ウイルスを駆除するためにウイルス対策ソフトウェアを使用することをお勧めします。さらに、Windows Defenderを使用してスキャンや駆除をすることもできます。

方法2:Windowsリソースモニタを使用する

Windowsリソースモニターでは、ファイル/フォルダがどのプロセスに使用されているかわかり、そのプロセスを終了することもできます。
① 「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Delete」キーを同時に押します。
「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Delete」キーを同時に押す
② タスクマネージャを開き、「パフォーマンス」タブに切り替えて、「リソースモニターを開く」をクリックします。
リソースモニターを開く
③ リソースモニタで、「CPU」タブをクリックします。次に、「関連付けられたハンドル」ボックスに削除したいファイルの名前を入力して、Enterキーを押します。
関連付けられたハンドル
④ 検索結果で、表示されているプロセスを右クリックし、「プロセスの終了」をクリックします。
プロセスの終了

方法3:コマンドプロンプトからファイル/フォルダを削除する

コマンドプロンプトで、ターゲットファイル/フォルダを迅速かつ効率的に削除することもできます。ただし、この方法では管理者権限が必要です。管理者権限がない場合は、管理者アカウントを作成する、またはこの記事の他の5つの方法を参照することをお勧めします。
① 検索ボックスに「cmd」と入力します。「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。
コマンドプロンプト
② コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

del ファイルのパスとファイル名

del ファイルのパスとファイル名

方法4:バッチファイルでフォルダを削除する

削除機能のBATファイル作成して、削除できないファイルやフォルダを簡単に削除できます。次のように操作してください。
① デスクトップを右クリックし、「新規作成」をクリックして「テキストドキュメント」を選択します。
テキストドキュメント
② 次のコマンドをコピーして、新しく作成したテキストに貼り付けます。

DEL /F /A /Q \\?\%1
RD /S /Q \\?\%1

テキストにDELコマンド
③ 「ファイル」をクリックし、「名前を付けて保存」を選択して、ファイルに「files_del.bat」という名前を付けます。
files_del.bat
④ 削除したいファイルまたはフォルダを、files_del.batファイルにドラッグアンドドロップします。では指定したファイルまたはフォルダを削除します。
ファイルfiles_del.batファイルにドラッグ

方法5:セーフモードでファイル/フォルダを削除する

セーフモードでは、Windowsプログラムが少数実行されているため、ファイルやフォルダをより簡単に削除できます。
① 「Windows」+「I」キーを同時に押して、Windowsの設定を開きます。次に「更新とセキュリティ」をクリックします。
win+Iキー
更新とセキュリティ
② 左側の「回復」をクリックし、「PCの起動をカスタマイズする」の下にある「今すぐ再起動」ボタンをクリックします。
PCの起動をカスタマイズする
③ 再起動したら、「トラブルシューティング」⇒「詳細オプション」⇒「スタートアップ設定」⇒「再起動」を選択します。
スタートアップ設定の再起動をクリックする
④ また再起動したら、オプション4を選択し(F4キーを押し)、セーフモードに入ります。それでセーフモードでターゲットファイル・フォルダを削除してみましょう。
セーフモード

方法6:強制削除ソフトでファイル/フォルダを削除する

上記の方法でコンピュータ上のファイルやフォルダを削除できない場合は、サードパーティ製のアプリケーションを利用する必要があります。無料のファイルロック解除ツールUnlockerを使用することをお勧めします。このソフトは、ファイルを使用しているプロセスを終了する、またはプロセスにファイルの使用を強制的に停止させます。手順は次のとおりです。
① Unlockerをダウンロードして実行し、「ファイルまたはフォルダの参照」で削除するファイルとフォルダを選択して「OK」をクリックします。
unlocker参照
② ドロップダウンメニューから「削除」を選択し、「OK」を押します。
unlocker削除
ファイルやフォルダを削除する過程で誤って重要なファイルを削除した場合は、ハードディスクへの書き込みを直ちに中止する必要があります。これはファイルが上書きされないためです。その後、できるだけ早くデータ回復ソフトウェアを使用することをお勧めします。

三、誤って削除した重要なファイル・フォルダを復元する方法

バックアップファイルをクリーンアップする時、誤って重要なファイルデータを削除した場合は、ただちにクリーンアップ作業を中止し、データ復旧ツールを使用してできるだけ早くターゲットファイルを復旧してください。 強力なデータ復旧ソフトRenee Undeleterをすすめます。ファイルが上書きされていない場合は、削除したファイルをすばやく復旧できます。初心者も簡単に利用でき、次の特徴があります。
  • SDカードデータ復元
  • ゴミ箱でたー復元
  • フォーマットデータ復元
  • 写真復元
  • Officeファイル復元
  • 高速スキャンとディープスキャン
次にRenee Undeleterでデータを復元する方法を紹介します。
① Renee Undeleterをダウンロード・インストールします。

注意: データを上書きしないように、システムドライブにソフトをダウンロード・インストールしないでください。

Renee Undeleter - 安全・プロなデータ復元ソフト・データ復元の専門家データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

無料確認可能 無料体験版でデータを見つけ出し、データを復元できるか確認可能。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
② ソフトを起動し、クイックパーティションスキャンを選択します。
クイックパーテイションスキャン
③ 目標ドライブ(紛失ファイルの場所)を選択し「次へ」ボタンをクリックします。
スキャン先を選択する
④ 「ファーストスキャン」を選択し、「次へ」をクリックしてスキャンします。

ファイルを見つからない場合、ディープスキャンを試してください。

スキャンタイプを指定する
⑤ スキャン完了まで待ちます。ファイルをプレビューし、「復元」ボタンをクリックすると復元できます。
データをプレビュー可能

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...