author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows10パソコン起動後、黒い画面になりマウスカーソルのみが表示されて、困るでしょう。原因は主にシステム不具合とハードウェア障害です。次にWindows10画面が真っ暗でマウスカーソルのみが表示される時の原因と対処方法を紹介します。


Windows10画面真っ暗でマウスカーソルのみ表示される原因

なぜWindows 10の黒い画面にマウスカーソルのみが表示されるのですか?一般的に言うと、システム故障・ハードウェア故障は主な原因であります。
  • ハードウェア故障:不良セクタなどでハードウェア故障が発生した。
  • システム故障:システムファイル破損・マルウェアなどでシステム障害が生じた。

次に主な原因と対応策を紹介します。

真っ暗画面にカーソルだけ点滅

解決方法について

ハードウェア故障でWindows10画面が真っ暗でマウスカーソルのみ表示の場合

方法一:外付けデバイスを取り外す

周辺機器の接続で、黒画面になってしまった可能性があります。電源を切って、すべての周辺機器(USBメモリー・CD-ROM・プリンターなど)を取り外します。
外付けデバイスを取り外す

方法二:ディスクをスキャンし、不良セクタを修復する

ハードディスク検出ソフトウェアを使用するほうがいいのです。例えばMHDDという診断ツール(USBメモリーが必要)。

少量の不良セクタである場合に、簡単なリカバリーやクリーニングで直る場合もあります。

不良セクタが多量である場合には、ディスクを交換する必要があります。

HDD不良セクター
ハードウェアに問題がないなら、システム故障という原因であるかもしれません。次に修復方法を紹介します。

システム故障でWindows10画面が真っ暗でマウスカーソルのみ表示の場合

セーフモードに入る方法

① 電源を入れてメーカーロゴが出た直後、黒い画面でWindowsロゴの下に丸い形がクルクル回っている間に、電源ボタン長押しで強制終了します。これを2回繰り返すと、Windows自動修復が始まります。
自動修復に入る
② 「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「スタートアップ設定」>>「再起動」を選択します。
セーフモード4
③ 再起動したら、キーボード数字5或いはF5を押して、「5)セーフモードとネットワークを有効にする」を選択し、セーフモードに入ります。
セーフモードとネットワークを有効にする

方法一:望ましくないソフトをアンインストールする

① セーフモードに入り、「Windows」+「R」キーを同時に押して、「control」と入力して、「OK」をクリックします。
コマンドcontrol
② コントロールパネルを開き、「プログラムと機能」を選択します。最近インストールされたソフトを右クリックし、「アンインストール」を選択し、アンインストールします。終わったら再起動します。
アンインストールと変更
解決できない場合、システム修復の必要があります。方法二を参照してください。

方法二:コマンドプロンプトでWindows10を修復する

システム修復する前に、紛失を避けるようにバックアップするのは必要です。ここではソフトRenee PassNowをお勧めします。データ転送・パスワードリセットなどの機能搭載。詳細情報について、ここを参照してください。

ステップ1:DISMコマンドでイメージを修復する

セーフモードで3つの修復コード(CheckHealth、ScanHealth 、 RestoreHealh)を実行します。
① 検索ボックスに「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
[コマンドプ ロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します
② 第1段階CheckHealthを実行します。コマンドプロンプトで、「DISM /Online /Cleanup-Image /CheckHealth」と入力し、「Enter」キーをおします。

TIPS:この操作は修復操作ではなく、ファイルが破損したかをチェックするためです。

DISMでの修復第1段階CheckHealth
③ 第2段階ScanHealthを実行します。コマンドプロンプトで、「DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」と入力し、「Enter」キーをおします。

TIPS:Windowsのイメージファイルの破損部分をスキャンします。おおよそ10分間かかるので、お待ちください。

DISMでの修復第2段階ScanHealth
④第3段階RestoreHealhを実行します。コマンドプロンプトで、「DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」と入力し、「Enter」キーをおします。

TIPS:修復操作に入ります。20分ぐらいかかるので、お待ちください。

DISMでの修復第3段階RestoreHealth
以上のコマンドを全部実行したら、DISM は Windows Update を使用して破損されたファイルを置き換えます。Windows Updateコンポーネントに問題ある場合には、install.esdで修復元する必要があります。方法は次のようにあります。
  • 検索枠に「cmd」と入力して、「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。Windows 10システムにアップデートしたことがあると、install.esdファイルがまだディスク(C:)にある可能性は高い。そうすると、「DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:C:\$Windows.~BT\Sources\Install.esd」と入力し、「Enter」キーを押します。
  • install.esdファイルがほかのディスクにあると、「DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:アドレス\install.esd」と入力し、「Enter」キーを押します。(アドレスは実際のパスで置き換えてください。)

    「DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:アドレス\install.esd」と入力

それでWindows 10のイメージファイルを修復できました。つづいて、Windows 10システムの修復方法を紹介します。

ステップ2:SFCコマンドでWindows10システムを修復する

① セーフモードで、「Windows」+「 I 」キーを押し、「Windows設定」を開き、「更新とセキュリティ」を選択します。左側の「回復」をクリックし、「PCの起動をカスタマイズする」の下にある「今すぐ再起動」ボタンをクリックします。
PCの起動をカスタマイズする
② 再起動したら、「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「コマンドプロンプト」を選択します。ユーザー選択してパスワードを入力してから、「続ける」をクリックします。
コマンドプロンプト
③ コマンド「wmic logicaldisk get deviceid, volumename, description」と入力し、「Enter」キーを押します。

TIPS:Windowsシステムの予約済みパーティションと、普通のパーティションを分ける必要があります。下のように、Cドライブはシステムのパーティションで、Eドライブは普通のパーティションであります。

wmic logicaldisk get deviceid, volumename, description
④「sfc /scannow /offbootdir=C:\ /offwindir=D:\Windows」と入力し、「Enter」キーを押します。終了した後、再起動してください。

注意:実際のドライブレターでコマンドを修正する必要があります。/offbootdir の後ろにシステムパーティションを入力します。/offwindir の後ろに普通のパーティションを入力します。

sfc-scannowのコマンド入力
上の方法を試しても、Windows10の真っ暗画面でカーソルのみ表示する場合は、システムを再インストールする必要です。システムを再インストールする前に、ファイル損失を避けるためには、重要なデータを移行する必要があります。ここでは、Renee PassNow を利用して重要ファイルを移行することをすすめます。Renee PassNowはパソコン起動できない状況でもデータ移行可能なソフトです。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...