author avatar
  サポートマネージャー  

概要

ウィルスやシステムクラッシュ等の原因で、MBR(マスターブートレコード)が壊れてWindows 10パソコンが起動できなくなったり、黒い画面になったりすることがあります。こんな状況に会ったら心配しないでください、この記事では、三つのMBR修復方法を紹介します。



win10でMBR修復

MBRとは?

MBRはマスターブートレコードの略称です。MBRが読み込まれると、まず、ブートローダーと呼ばれるソフトウェアが起動します。これにより、ハードディスクに含まれているパーティションの情報が読み込まれ、その情報に従って、起動するOSがインストールされているブートセクターという領域を読み込むことになります。これらを経て、OSが起動することになります。コンピュータの電源を入れたり再起動するとき、ブートコードがMBRから読み込まれますので、MBRが破損していると、システムに入りません。
MBRとは

よく見られるMBR破損故障

Windowsオペレーティングシステムに入ることができない、ハードディスクパーティションが正常ではない、電源が入っているときに黒い画面が表示され起動できない、およびハードディスクを認識できないなどは、よく見られるMBR破損故障です。
黒い画面

MBR破損の原因

  • コンピュータの動作中に突然停電が発生した。
  • ウイルスによってMBRが破損した。
  • マルウェアの影響を受けてMBRが破損した。
  • 起動ファイルが誤って削除されたための破損。

MBRを修復する方法

MBR破損はよく見られるエラーですが、正常にコンピューターを起動するために、できるだけ早く修復したほうがいいです。

一、スタートアップ修復でMBRを修復

注意:この方法はWindowsインストールメディアが必要です、インストールメディア持っていない場合、下記の通り作ってください。

1、正常に動作しているパソコンでWindows 10 Media Creationツールをダウンロードします。

https://www.microsoft.com/en-gb/software-download/windows10

2、ダウンロードしてから、Windows 10 Media Creation Toolを開き、使用条項を同意した後、「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択します。

別のPCでのインストールメディア

3、「使用するメディアを選んでください」と表示されるとき、「USBフラッシュドライブ」を選択します。(事前にUSBフラッシュをコンピューターに接続してください。それに、Cドライブの容量が8G以上空くのは必要です。)

インストールメディアのタイプ

4、作成完了まで待ちます。

メディアをダウンロードとインストール

5、完成すると、USBドライブを動作していないコンピューターに接続して、BIOSでUSBを第一起動順番に設定します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

6、インストールメディアで起動すると、左下の「コンピューターを修復」をクリックして下さい。

コンピューターを修復

7、Windowsの復元環境に入ってから、「トラブルシューティング」-「詳細オプション」-「スタートアップ修復」を選びます。

スタートアップ修復
ヒント:そのあとは自動的に不具合を修復しますので、完成するまで待ってください。修復が成功しない場合、次の方法をご覧ください。

二、コマンドプロンプトでMBRを修復

1、方法一のように、作り上げたWindowsインストールメディアをコンピューターに接続したあ後、第一起動順番に設定します。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

2、Windowsの復元環境に入り、「トラブルシューティング」-「詳細オプション」-「コマンドプロンプト」を選びます。

コマンドプロンプト

3、コマンドプロンプト画面で、「bootrec/fixmbr」、「bootrec/fixboot」、「bootrec/rebuildbcd」と一つ一つ入力してEnterキーを押します。修復が完成する後コンピュータを再起動してください。

bootrec
ヒント:複数システムがある場合、すべてのシステムブートデータをBCDに加えるために、ほかに「bootrec /scanos」というコマンドを入力してください。

三、Renee PassNowを利用して修復

システムレスキュー専門ソフトRenee PassNowに含まれるWindows復元機能も、MBR破損の故障を修復できます。
Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、管理者アカウント作成、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高いノートPC、デスクトップ、Surface対応。NEC,Dell,富士通,東芝,Lenovo,SONY,ASUS,Acer,IBM, パナソニック対応

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹消。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CDを挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。 次に、データ転送したいのコンピューターにUSB / CDを接続します。

起動ディスク作成

3.再起動してBIOSに入る、BIOSでUSBやDVDを第一起動順位に設定し、設定を保存し終了します。3、再起動してBIOSに入る、BIOSでUSBやDVDを第一起動順位に設定し、設定を保存し終了します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

4.再起動してRenee PassNowに入ってから、「Windows回復」をクリックします。

Windows回復

5.「MBRにCHSパラメータを修正しました。」を選択し、システム所在のパーティションを選んで「Fix MBR」をクリックして、修復を成功待ち再起動して済みます。

MBRにCHS

fix MBR

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...