author avatar
  テストマネージャー  

概要

この記事は、各方面から現在人気のHDDクローンソフト5つを比較して紹介します。最適なソフトを選択してください。そして、HDDからSSDへ移行することを例に、操作手順を説明します。


技術進歩によりSSDの大容量化、低価格化、高速化し続けています。多くの人はSSDをシステムディスクとし、HDDをデータ保存用ディスクとしています。システムやソフトなどを再インストールするのはめんどくさいから、HDDクローンソフトで元HDDのシステムやデータをSSDに移行するのはおすすめの方法です。しかし、HDDクローンソフトがたくさんあり、各ソフトも自分の特性を持っています。では、どうのソフトにすればいいですか?次には、現在人気のHDDクローンソフト5つを比較して紹介します。全部信頼性の高いものなので、最適なソフトを選んでください。
【2018最新】人気のHDDクローンソフト5選

1.DriveImage XML

  • 操作性:★★☆☆☆
  • 処理速度★★★☆☆
  • 成功率★★★☆☆
DriveImage XML
DriveImage XMLは、インターフェイスの分かりやすいディスククローンソフトであり、基本的なバックアップ、復元とクローン機能を持っています。バックアップ実行中の時、大容量ファイルのカットと圧縮オプションがあり、さまざまな圧縮方法も提供されます。圧縮後のバックアップファイルの使用領域が少なくなったが、圧縮バックアップを実行すると、バックアップ時間が大幅に延長されます。

したがって、必要に応じて選択してください。それに、バックアップのスケジュールも提供しますので、定期的にデータをバックアップできます。しかし、このソフトはWindowsに搭載されたプランマネージャーを利用しているので、操作は非常に面倒です。大量なデータをバックアップする場合には、「ボリュームシャドウコピー」機能を提供しますが、パーソナルコンピュータではあまり効果がありません。なお、このソフトは、パーティションのみに対応できるので、パーティションのみをバックアップしたければこのソフトは助けになるかもしれません。

目次に戻る

2.EaseUS Partition Master

  • 操作性:★★★☆☆
  • 処理速度:★★★☆☆
  • 成功率:★★★☆☆
EaseUS Partition Master
名前からみると、EaseUS Partition Masterはパーティション管理ソフトだということが分かりになります。ディスク、パーティションや操作システムのクローンに対応できますが、無料版は同じ種類のソフトに搭載されたバックアップや復元機能がありません。よく利用される機能が不十分であるが、他の機能が様々あります。例えば、ドライブレターを変更、パーティションをマージ、パーティションをフォーマット、パーティション変換(MBRとGPTパーティションの相互変換)、4Kアライメントなどです。しかし、これらの機能はクローンにはあまり役立ちません。
目次に戻る

3.Clonezilla

  • 操作性:★☆☆☆☆
  • 処理速度:★★★★☆
  • 成功率:★★★★☆
Clonzialle
Clonezillaはディスクのバックアップ・復元・クローン作成ができるオープンソースソフトです。機能が単一ですが、効果が非常に目立っています。ただし、Ghostのように仮想インターフェイスで操作する必要があります。

まず、USBディスク或いはCDを利用し、起動可能な仮想システムを作成します。そして、BIOSで起動順序を変更し、USB/CDからコンピュータを起動します。(USBを利用すれば、USBをコンピュータに挿入し、コンピュータを再起動してから、BIOSでUSB-HDD或いはUSB-ZIPを優先起動にしてください。)

このソフトは操作も複雑で、インタフェースも読みにくいので、初心者にとっては使いにくいかもしれません。

目次に戻る

4.Acronis True Image

  • 操作性:★★★☆☆
  • 処理速度:★★★☆☆
  • 成功率:★★★☆☆
Acronis True Image
Acronis True Imageは、データのバックアップ・復元・クローン作成できる多機能ソフトです。ローカルでバックアップファイルを作成できるだけでなく、クラウドにバックアップも可能なので、便利にファイルを取得できます。また、Active Protectionという機能はファイル、メモリ、バックアップなどデータをリアルタイムでスキャンすることができます。ただし、これらの機能は有償です。
目次に戻る

5.Renee Becca

  • 操作性:★★★★★
  • 処理速度:★★★★☆
  • 成功率:★★★★★
「クローン」・「システム移行」をクリックします
Renee Beccaはプロのハードディスクのクローン・バックアップ・リカバリーソフトです。バックアップ・リカバリー機能はディスクとパーティションに対応できるばかりか、システムとファイル/フォルダのバックアップ作成もできます。したがって、丸ごとバックアップする必要がなくて、時間を節約できます。それに、クローン機能もディスクとパーティションに対応できます。また、便利にディスクを交換できるために、システムクローン機能を提供しています。

このソフトによって、特定時点のバックアップスケジュールを設定し、差分/増分バックアップすることもできます。それに、ディスク/パーティションのクリーンアップ機能で、完全にデータを消去でき、プライベート資料の保護に役立ちます。また、ブータブルメディアの作成機能も提供し、破壊されたシステムを復元できます。

目次に戻る

まとめ

ソフトバックアップ/リカバリーバックアップスケジュールファイルのバックアップシステム移行ディスクの消去
DriveImage XMLできるできる
EaseUS Partition Masterできるできる
Clonzialleできる
Acronis True Imageできるできるできるできる
Renee Beccaできるできるできるできるできる
以上のように、Renee Beccaは最適なディスククローンソフトであることが明らかになりました。Renee Beccaは他のソフトより少ない機能を搭載しているが、処理速度と成功率において優れています。一番の特徴は、インタフェースは分かりやすく、初心者に向いていることです。また、自動バックアップ、システム移行、データ消去などの他の機能も、データ管理に役立ちます。早速Renee Beccaをダウロードしましょう。
Windows版ダウンロード

Renee BeccaでWindows OSをHDDからSSDへの移行手順:

ステップ1:ソフトをダウンロード・インストールします。

Windows版ダウンロード

ステップ2:SATAケーブル或いはUSB-SATAハードディスクドライブでSSDをコンピュータに接続します。

SSDをコンピュータに接続します

ステップ3:ソフトを起動し、「クローン」-「システム移行」をクリックします。

「クローン」・「システム移行」をクリックします

ステップ4:クローン先を選択します。

クローン先を選択します

ステップ5:「システム移行」をクリックすると、次のメッセージが表示されます。「はい」をクリックします。

ダイアログボックス

ステップ6:完了後、BIOS画面で起動デバイスの優先順位を変更します。最初の起動デバイスをSSDにします。

起動順序を変更します
目次に戻る
これで、Renee Beccaでシステム移行が完了です。そして、SSDの高性能を体験してみてください!早速Renee Beccaをダウロードしましょう。
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...