author avatar
  テストマネージャー  

概要

HDDはパソコンの消耗しやすい部分であり、不良セクタなどさまざまな障害が発生しやすいです。 不良セクタが原因でHDDが正常に使用できない場合は、データの損失を防ぐために、データを正常に動作している他のディスクにコピー/クローンすることをすすめます。この記事は、不良セクタのあるHDDのクローン方法を説明します。



hdd クローン 不良セクタ

一、不良セクターとは?
不良セクタ(Bad sectors)は、ハードディスク上の永続的に損傷したストレージユニットです。セクターが損傷すると、この部分に保存されているすべての情報が失われます。通常、Windows 10/8/7などのオペレーティングシステムは、不良セクタを見つけてマークした後、そのセクタをスキップしデータを保存しません。不良セクタは、ハード不良セクタ(物理不良セクタとも呼ばれます)とソフト不良セクタ(論理不良セクタとも呼ばれます)の2つのタイプに分けられます。ハード不良セクタは、主に製造上の問題や物理的損傷などの物理的損傷によって引き起こされた。ソフト不良セクタは通常、ハードディスクの不適切な操作やファイルシステムエラーなどのソフトの問題に関係あります。

HDDがたまに正常に使用できない、または不良セクタ検出ツールで複数の不良セクタを検出した場合、できるだけ早くHDDのデータを他のディスクにクローンすることをすすめます。ここでプロのデータバックアップ・クローンソフトRenee Beccaをすすめます。このソフトには、クローン作成の複数のモードがあり、データのバックアップおよび復元機能もあります。さらに、通常のクローンソフトは、不良セクタのあるHDDを正常にクローンできないが、Renee Beccaは、不良セクターを無視して、クローンできます。

二、Renee Beccaで不良セクタのあるHDDをクローンする

1、Renee Beccaとは?

Renee Beccaは強力なデータバックアップソフトです。写真、動画、ドキュメント、アプリなど全てのファイルをバックアップでき、処理速は速く、操作も簡単です。初心者も簡単に利用できます。ディスクのクローンとシステムの移行もできます。システム/パーティション/ハードディスクのバックアップ・クローンをが可能です。Windows 10/ 8.1/ 8/ 7/ Vista/ XPなどのシステムも対応します。
Renee Becca - クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールクローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

無料体験無料体験 26800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

2、Renee BeccaでHDDをクローンする方法

Renee Beccaで不良セクタのあるHDDをクローンする操作は簡単です。

① Renee Beccaをダウンロードし、インストールします。Renee Beccaを実行し、「クローン」-「ディスクのクローン」をクリックします。

ディスクのクローンを選択します。

クローンモードの説明:

  • ディスクのクローン:選択したディスクとまったく同じようにコピーを作成します。ドラッグしてパーティションサイズを調整できます。システムディスクのクローンを作成して、変換後そのまま起動できます。
  • パーティションのクローン:選択したパーティションとまったく同じコピーを作成します。
  • システム移行:システムを別のディスクに移行できます。

② クローン元とうローン先を選択します。パーティションのサイズをドラッグして調整できます。「ターゲットディスクをブート可能にする」にチェックを入れます。「詳細を表示」をクリックして、「不良セクタを無視する」にチェックを入れます。「クローン」ボタンをクリックします。

クローン先とクローン元の指定。ディスクをブート可能にする

クローンを完了後、HDDを修復できます。

三、不良セクタを修復するには?
不良セクタを修復するには、ChkdskコマンドとHDDフォーマットは効きます。

1、Chkdskコマンドで不良セクタを修復する

ChkdskコマンドでHDDの不良セクタで破損したファイルシステムを修復できます。次に修復方法を紹介します。

① 検索ボックスに「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」-「管理者として実行」をクリックします。

[コマンドプ ロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します

② コマンドプロンプトウィンドウで、コマンド[chkdsk X:/ r / f](X:はハードドライブ文字を指します。/rと/ fは修復パラメータです)を入力し、[Enter]キーを押して修復します。修復が完了したら、HDDが正常に動作できるかを確認します。

chkdsk X: /r /fコマンド

2、HDDをフォーマットする

不良セクタのあるHDDをフォーマットすると、不良セクタなどの複数の不具合を修復できます。

① コンピューターを右クリックし、「管理」をクリックします。「記憶域」-「ディスクの管理」をクリックします。

ディスクの管理

② HDDを右クリックし、「フォーマット」をクリックします。

USBメモリを右クリックし、「フォーマット」を選択します。

③「ファイルシステム」を指定し、「OK」ボタンをクリックします。

Windowsで使用するには、「NTFS」を選択してください。FAT32、NTFS、exFATについては、こちらを確認してください。「クイックフォーマットする」にチェックを入れて、OKをクリックします。

ファイルシステム指定し、「OK」をクリックします

ヒント 上の方法で不良セクタを修復できない場合、不良セクタ修復方法を参照してください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...