author avatar
  テストマネージャー  

概要

5Gの時代では、ダウンロード速度が大幅に向上するとともに、従来のコンピューターのハードディスクをどんな挑戦を与えますか?ユーザーがそのためにハードディスク・SSDを換装する必要がありますか?この記事で答えがあります。



5Gネットワークのダウンロード速度の予測

5Gネットワークのダウンロード速度はまだ決定されていませんが、初期のテストですでに結果が得られています。英国の5Gイノベーションセンターのテストでは、テスト環境で約1 Tbpsの速度が達成されました。 これは通常の4Gの速度より約65,000倍速く、容量が映画ファイルの100倍のファイルを3秒でダウンロードできます。
しかし、実験テストのダウンロード速度は、現実世界に実用することが難しい。さまざまな制限の要因を考えば、最後の5G転送速度はおよそ1Gbpsから10Gbpsまでと判断します。
5Gの速度
報告によると、現実使用環境の模擬テストでは、日本の通信事業者DoCoMoは2 Gbpsを超える速度が記録され、2017年11月に米国の別のテストラボでは、 2.8 Gbpsのダウンロード速度が記録されました。これは既に印象深いデータです。確定できるのは、5Gが毎秒ギガビットで高速にデータ伝送を実行することです。これは無線伝送技術における大きな革新です。

5G時代では、端末の伝送にどのような挑戦を与えますか?

5G時代では、高速な5G無線転送によって、さらにAIやビッグデータなどの発展に伴い、必ず携帯電話のストレージに挑戦を与えます。普通のユーザーにとって、携帯電話の書き込み速度が遅いと、5G時代に入っても5Gがもたらす新世代を体験できません。

端末デバイスは携帯電話の場合

現在の携帯電話のストレージの場合、フラッシュメモリはUFSとeMMC二つの種類があります。eMMCはちょっと古いのフラッシュメモリ規格で、UFSは今流行りの規格です。それに、USFは読み書き速度がeMMCより大幅に速いです。同規格のフラッシュメモリでも、バージョンによって、速度の違いがあります。

携帯電話ストレージ読み書き速度の推算表

eMMC5.1

UFS2.0

UFS2.1

250MB/s350MB/s1.5GB/s以上
上記の5G速度の予測によると、端末デバイスの秒転送量はおよそ1Gbpsから10Gbpsぐらい、1Gbpsは約125MB。つまり全速ダウロードするとき125MB/sから1250MB/sくらいの書き込み能力が必要です。
今の携帯電話が使用されるUFS2.1フラッシュメモリ規格は、5G時代の高速データ読み書きのに基本的に対応できます。この近い、UFS3.0規格も正式にリリースされ、UFS3.0規格では読み書き速度が23.2Gbpsに達し、将来の5G読み書きを完全に満足することができます。

端末デバイスはコンピューターの場合

しかし、5G時代で進化するのは携帯電話だけでなく、コンピューターも5Gのエコチェーンの重要な要素となっているため、ハードディスクの書き読み速度も考えるべきことです。コンピューターのハードディスクには、HDDとSSD二つのタイプが分けています。HDDは従来のハードディスクのタイプで、ディスクの転速の違いによって、書き読み速度が大違いがあります。SSDはソリッドステートの電子メモリチップアレイで作られた新型ディスクのタイプで、従来のHDDより書き読み速度が大幅に速いです。SSDのインタフェースによって、転送速度も同じではありません。

5G高速なSSD
ハードディスク、5Gの書き読み速度の推算表
1123
HDD(5400回)50-90MB/s
HDD(7200回)90-190MB/s
SSD(SATA3.0)400-500MB/s
SSD(NvMe)2.5-3.5GB/s
5G通信125MB/s-1.25GB/s
このデータによると、もしユーザーがまだHDDを使用しているなら、恐らく5G時代に遅れとは言えます。同時に、ハードディスクの書き読み速度が遅いと、コンピューター自身の使用も悪い影響を与えます。例えば、クラッシュ、ブルースクリーンなどの故障が現れます。
SSDの場合には、SATAとPCIe SSDも気楽に5Gの転送を満足できます。ですから、もしコンピューターが相変わらず従来のHDDハードディスクを使用しているなら、できるだけ早くもっと効率的、寿命がもっと長いSSDに換装ことをすすめます。
5G高速なSSD2
未来の5G次代では、デバイスがデータを処理する速度が4G時代の十倍以上、5Gの流量は4Gの100倍に増加すると予想されます(クアルコムの統計から引用) 。これらのデータから、低電力、高信頼性ストレージデバイスの重要性を説明します。5Gネットワークの建設に従って、ストレージへの速度と容量の要求も続々増加し、これからもより高品質のストレージデバイスが市場に出で来ると予想できます。SSDの交換やシステムの移行の詳細については、SSD換装・システム移行徹底解説を参考してください。

パソコンのシステムをSSDに移行する方法

購入したSSDを初期化してパーテイションを設置した後、元のHDDにおけるシステムをSSDに移行したい場合、システム移行の専門家と言えるRenee Beccaの使用をすすめます。一部のソフトはシステム移行するとき、データの部分が移行できるが、システムの起動情報が移行できないため、システムが移行できなくて再びシステムをインストールする必要があります。
Renee Beccaの優勢は、パーテイションの形式がMBRであろうとGPTであろうと、システムの起動構成データを共に移行でき、システムを正常に起動させます。

Renee Beccaとは?

Renee Beccaはクローンや引越しも対応、多機能なバックアップ・復元ソフトです。パーティションやハードディスクのクローニングだけではなく、Windowsシステム全体をほかのハードディスクに移行することもできます。さらに、Renee Beccaはハードディスク、パーティション、ファイルなど、さまざまなデータのバックアップと復元の操作をサポートするバックアップソフトウェアです。

Renee Becca - クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールクローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

無料体験無料体験 26800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

操作手順

1.Renee Beccaを開いて、左の「クローン」タグを開き、「システム移行」をクリックします。

「クローン」-「システム移行」をクリックします
2.システムが移行元と移行先のSSDディスクを選択し、「システム移行」ボタンをクリックします。
移行先を選択
3.移行が完成されたら、BIOS画面でSSDを起動順番の1位にしてください。これで、SSDがもたらすスピードを体験できます。
ブート順序

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...