author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

長年使っているWindowsパソコンはいつ故障してもおかしくない状態です。Windows起動できなくなって、中のデータを救出したいが、何か方法はないでしょうか。プロのWindowsシステムレスキューツールを利用すると、まだデータを救出する可能性があります。



お問い合わせ:

先日起動できなくなった私のWindows のPCですが、耐用年数が尽きたようで、BIOSからも認識しなくなりました。 15年以上使っていたので、いつ故障してもおかしくなかったのですが、突然異音が出てきたのでmonitorで確認したところ、unmount状態に。 diskimageを作成しようとした矢先だったので、正直辛いですね。 旧いmotherboard{Pentium4 Sockets423 IDE} なので、今の時代のHDDはsATAばかりなので、溜め息ばかりです。運が悪いです。少なくとも中のデータを救出したいです。方法ありますか?

Windowsパソコンが起動できなくなった、重要なデータはまだ中に存在する。こういう時は二つの方法が重要なデータを救出できます。

  1. プロのWindowsシステムレスキューツールRenee PassNowが役立ちます。 Renee PassNowは複数のシステムレスキュー機能が統合されたツールソフトです。WindowsPE起動ディスクを作成して、Windows起動できないPCからデータ復旧したり、データ移行したり、忘れたパスワードを削除したり、HDDクローンしたり、データ抹消したりすることができます。
  2. セーフモードで起動しファイルを救出します。
Windows起動しない時のデータ救出方法

1.Renee PassNowとは?

Renee PassNowはWindowsシステムをレスキューするためのオールインワンツールソフトです。起動できないPCからのデータ復旧、データ移行、忘れたパスワードを削除、データ抹消、HDDクローン、Windowsエラー修復など複数機能も統合されています。なお、ソフトは主に次の特徴があります。
Renee PassNow - PC起動しない時のデータ救出データ移行

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、管理者アカウント作成、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

目次に戻る

2.Windows PE起動ディスクを作成する方法

前準備:

  1. Renee PassNow(今すぐダウンロード!
  2. 正常に稼働できるWindows OSのパソコン(Renee PassNowをインストール用)
  3. 書込可能なUSBメモリ/DVD/CD(容量200MB以上)

操作手順:

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CD(容量200MB以上)を挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します

起動ディスク作成

目次に戻る

3.WinPE起動ディスクから起動しデータ移行(救出)する方法

操作手順:

1.起動ディスクをPCに挿入します。

起動ディスクを挿入します

2.電源を入れたらすぐに「F2」キーを押し、BIOS画面に入ります。

※パソコンメーカーによって押すボタンが異なります。取扱書を参照してください。もしくは、こちらを参照してください。(BIOS画面に入る方法

F2キーを押、BIOS画面を呼び出す

3.BIOS画面に入り、「Boot」または「起動デバイス」のタブで、「CD-ROM Dirve」/「USB」/「Removable Device」のような項目があります。起動ディスクを一番上に設定してください。

CD/DVDから起動する場合、「CD-ROM Dirve」項目を一番目にします。 USBメモリから起動する場合、「USB」/「Removable Device」のような項目を一番目にします。  

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。  

※UEFI等の記述があったら、それはUEFI環境です。UEFI環境は従来のBIOS環境と少し異なるため、起動順番の設定方法も違います。 UEFI環境PCで起動ディスク(USB/CD/DVD)から起動する方法

4.起動順番を設定したら、設定を保存し、終了します。外付けHDDなどの外付け記憶装置をPCに接続します。

設定を保存し、終了します。

5.WinPE起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

6.データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。
PC起動しないデータ移行手順
目次に戻る

4.セーフモードで起動してファイル移行(救出)する方法

セーフモードはパソコンに不具合があるとき、必要最低限のドライバや機能で起動し、Windowsの問題を診断して解決するために使用される起動モードです。Windowsがセーフモードで起動すると、ハードディスク上のファイルにアクセスできます。従って、Windowsが起動しない場合に備えて、別のディスクにファイルを移行(転送)することは可能です。

  1. コンピュータを起動するときは、F8キーを押し続けます。
  2. 矢印キーで「セーフモード」オプションを選択します。

    Windows 7 詳細ブートオプション

  3. セーフモードで起動したら、 ファイルを別のディスクにを複製移動できます。

コンピュータがセーフモードで起動しない場合は、プロのWindowsレスキューソフトウェアRenee PassNowを使用する必要があります。

目次に戻る
Windows機器が障害で起動できない場合、ディスクが物理的に損傷しない限り、上の二つの方法で、中のデータを安全なディスクに救出(復旧 / 移行)可能です。 機器廃棄する前に、まず重要なファイルを救出しましょう!セーフモードからも起動できない場合、プロのツールソフトRenee PassNowを利用してみてください。

便利なシステムレスキューソフトRenee PassNowはデータ移行機能以外、データ抹消したり、HDDクローンしたり、忘れたパスワード削除したりすることもできます。一つのツールで複数の必要機能があり、とても便利です。早速この簡単方法でデータを救出してみませんか?

無料体験版をダウンロード
お役に立ちましたら、画面右側のボタンでブログやSNSでご紹介くださいm( _ _ )m

データ救出において何かご不明な点がございますか?

Loading comments...